【要チェック】あなたの性格は「恋愛鬱」を発症しやすい?!

【要チェック】あなたの性格は「恋愛鬱」を発症しやすい?!

4599
update

恋愛は、楽しかったり幸せを感じたりする反面、辛い気持ちを味わうことも少なくありません。性格によっては、恋愛で鬱っぽくなってしまい、本当の鬱病に発展してしまうこともあります。ここでは、恋愛で鬱になってしまう要注意な性格を紹介しますので、あなたも自分に当てはまるかどうかをチェックしてみませんか?

4599
update

恋愛で鬱っぽくなったことある?要注意な性格とは

恋愛をしていれば、ラブラブで楽しかったり、とっても幸せを感じたりといったこともあり、そんな時は気持ちが安定してバラ色の人生の真っ只中にいると感じますよね。

しかし、彼氏と喧嘩してしまったり、嫌われたかも?などと不安を感じたりすることで、鬱っぽくなってしまったことはありませんか?

一時的なものなら良いのですが、しょっちゅう鬱っぽくなってしまったり、それが長引きがちだという人は、今のままだと本当の鬱病に発展してしまう危険性もあります。

あなたは大丈夫ですか?

ここでは、恋愛している時に鬱っぽくなってしまう性格とはどのようなものなのか、そのタイプを紹介しますので、自分の性格と照らし合わせて、チェックすることから始めてみましょう!

恋愛で鬱になる性格1:何でも考え過ぎる

恋愛をしていて、鬱っぽくなってしまうことが多い人の性格として、何でも考え過ぎてしまうといったことが見受けられます。

たとえば、ちょっと彼氏の態度がいつもと違うかも?と感じたとします。

そんな時、彼氏に確認して、仕事で何かあったとか、体調が悪いというような具体的な理由が分かった場合は良いのですが、彼氏に確認することが出来なかったり、「なんでもないよ」などと言われた場合に、自分であれこれ考えてしまう女性もいると思います。

また、態度がちょっと違うというだけでも、すぐに気付いてしまう敏感さも、鬱っぽくなってしまう原因のひとつです。

時には、彼氏は何も普段と変わっていないのに、考え過ぎるゆえに勘違いしたりとか、そう感じてしまっただけ、といったこともあります。

よく気が付きすぎることと、そしてそれを、自分で勝手にあれこれ考え過ぎてしまうことで、ネガティブになってしまいやすいのです。

色々考え過ぎてしまったとしても、最終的には、「考えても仕方がない!」とか「ちょっと様子をみてみよう」と思考をフラットな状態に戻せる場合は良いのですが、「もしかして、彼氏に嫌われたのかも?私、何かしたかな?」と悪い方に考えてしまったり、「この前のこと、まだ怒っているのかな・・・」と、今ある不安を増長してしまったりすると、鬱っぽくなっていってしまうでしょう。

彼氏がいつもとちょっと違うかな?と感じた時のことを一例として挙げましたが、恋愛で鬱っぽくなりやすい性格の人は、これに留まらず、様々なことが気になり、そしてあれこれ考え過ぎてしまう傾向にあるのです。

それだけ、彼氏のことが好きだったり、失いたくないという気持ちが強いのかもしれません。

しかし、彼氏の気持ちは、本当の所は彼氏にしか分からないという時もありますから、気になることがあって、答えが見いだせない場合は、色々と考え過ぎるのをストップさせる心の持ち方が大切になります。

いつも、答えが出ない問題をグルグル考えていることで、鬱っぽい状態が続き、そこから這い上がれなくなって来て、気付けば鬱病になってしまった・・・ということもあるのではないでしょうか?

恋愛で鬱になる性格2:完璧主義の傾向がある

完璧主義だったり、その傾向があるという女性も、恋愛において鬱になりやすいと言えます。

完璧主義の人は、恋愛していても、「こうでなければならない」とか、「こうあるべき」などの理想を思い描き、その通りに実現させようとします。

そして、自分の思ったようにならないと、なんとかしようと努力もしますが、その努力も報われなかった場合、イライラしてしまうこともあるでしょう。

また、「どうしてこんなに頑張ってもダメなんだ」と、自分を責めてしまうこともありそうです。

しかし恋愛は、相手があってこそのものです。

あなたの気持ちだけでは、恋愛関係は成り立っていかないでしょう。

彼氏の気持ちや考えもあるのですから、すべて彼氏が自分の考え方ややり方に賛成してくれるとは限りません。

そんな時、話し合って解決したり、時には喧嘩をしながらも、お互いの違いを認識し合い、より良い恋愛関係を築いていくというのが健全な恋愛の姿です。

完璧主義の人は、彼氏に対して「どうして分かってくれないの!?」と、不満を感じてしまったり、どうしても自分のやり方に固執してしまうこともあります。

そのような頑固とも言える性格から、ますます彼氏との関係がこじれてしまったりすると、ますます自分や彼氏を責めたり、今の関係に不満を持ってしまったりして、気持ちがマイナスな方へ向いてしまいがちです。

こうして、完璧主義ではなく、思い通りにいかないことがあったら「まあ、いいか」とか「仕方ない」と思える人に比べたら、恋愛で鬱っぽくなりやすく、それが行き過ぎると鬱病になってしまうこともあるのです。

また、完璧主義の人は、失恋をした時にも鬱っぽくなりやすいようです。

それは、今まで何でも完璧にこなしてきた経験から、失恋を「恋愛に失敗してしまった」と捉えてしまい、何でも出来る自分像が崩れそうになってしまうことで、落ち込みが激しくなり、鬱っぽくなってしまうのではないかと考えられます。

恋愛で鬱になる性格3:何かあると自分が悪いと考えてしまう

何か問題が起こった時に、「私が悪いんだ」とか、「私のせいで」と、何でも自分が悪いのでは?と考えてしまう人も、恋愛で鬱になりやすい性格です。

何か問題が起こった時は、よくよくその経緯や今の状況を客観的に捉えることも大切です。

それらのことを振り返った上でも、「それでもやっぱり私が悪い」「私の方が悪い」と考えてしまう人は、周りの人に「そんなことないよ」と言われても、それを素直に受け入れられないことも多く、とにかく自分のせいだと自分を責める傾向が強いのではないでしょうか?

そうした性格になったのは、子どもの頃の環境など、様々な要因があったと考えられますが、何でも自分が悪いと考えてしまうと、辛くなってしまう場面も多くなるはずです。

そして、結局は「こんなダメな自分だから」と、自分の至らなさに目が行ってしまったり、他の人はそんな風に思っていないことでも「自分は本当にダメ」と悪い方に考えてしまうのです。

そのように思い詰めていくと、「自分はもう生きている価値がない」と感じてしまうことすら増えてきて、そうなると、本当に自分1人ではどうしようもなくなるほどの鬱病に陥ってしまうこともあります。

あなたが「自分が悪い」と考えてしまうのは、なぜなのか、本当にそうなのか、一度冷静に考えてみる機会を持ってみませんか?

紙に書き出して、信頼出来る人に見てもらい、「それは違うんじゃない?」と言われたら、素直に耳を傾けてみることも必要です。

自分が本当に悪い部分は反省し、改める努力をすれば良いですし、それは自分だけが悪いとは言えない・・・という部分は、自分を責め過ぎないようにしましょう。

恋愛で鬱になる性格4:恋愛すると他のことが手につかなくなる

恋愛をすると、とにかく恋愛に激しくのめり込んでしまうという女性も、恋愛で鬱になりやすい性格です。

そんなあなたは、恋愛にのめり込み過ぎるあまり、他のことがなかなか手につかなくなってしまうという心当たりはありませんか?

恋愛がうまくいっていて、幸せ真っ最中の時は良くても、悩みごとがある時などは、その悩みが一日中頭の中を支配して、布団から出られなくなってしまったりするということも出てくるかもしれません。

恋愛で悩んで、なかなか他のことをする気力が出て来ないという状況になっても、他にやるべきことはきちんとやるという意志や習慣があれば、鬱っぽくなりにくくなります。

ですから、自分が打ち込める趣味を持っていたりすると、恋愛で気持ちが不安定になっても、そんな状況を立て直しやすいのです。

恋愛するたびにのめり込んでしまい、友達との付き合いや仕事すらおろそかになってしまうという人は、その恋愛が危うくなると、途端に精神のバランスが崩れがちになり、鬱っぽくなりやすいので、注意が必要です。

恋愛は、しっかりとした生活の基盤があり、それを実践出来ている時こそ、より充実するのだということを知っておきたいですね。

恋愛で鬱になる性格5:期待を持ち過ぎてしまう

恋愛していて、期待ばかりが先走ってしまうという人も、意外に鬱っぽくなりやすいものです。

期待を持ち過ぎてしまうということは、それだけ希望や願望があるという明るい面がある一方で、その期待が叶わなかった場合、「なんで?」と落ち込んでしまったり、ガッカリした気持ちを相手にぶつけてしまったりすることもあります。

そして、期待するということは、自分以外のものに事の成り行きを任せているということでもあります。

もし、自分に関しての理想であるならば、自分でそれを実現するべく、努力したり工夫をしていくことが出来ます。

しかし、期待というものは、誰か他の人に対してであったり、状況に対してであったりするので、自分ではどうにも出来ないということも多いでしょう。

それでいて、自分の期待の通りにならなかったら、ガッカリしてしまうのです。

適度に期待を持つのは、ワクワクして楽しいものですが、自分のコントロールが及ばないことに期待をし過ぎるとなると、叶わない場面も増えてきて、そして落ち込む場面も増えてくる可能性が高いのです。

恋愛で期待が叶わないことが増えると、「私は恋愛が下手だ」とか「男運が悪いかも」という思い込みや、「もっと良い人がいるのでは?」という、さらなる勝手な期待を持ってしまって、うまくいかない状況に対して落ち込みが激しくなることで、鬱っぽくなることがあります。

恋愛中心になり過ぎることも原因に

恋愛で鬱っぽくなってしまいやすい性格とは、どのような性格なのかを紹介しましたがいかがでしたか?

自分に当てはまったり、近い状態であることが多くあると、不安に感じてしまうかもしれませんが、自覚をしてそのような性格が頭をもたげてきた時に、気持ちを他にそらすことで鬱っぽくなる前に手を打つことが出来ます。

とは言え、分かっていてもなかなか難しいという状況もありそうですね。

そんな時は、身体を動かしたりして、汗をかき心地良さを感じることも、リラックス作用があり良い気分転換になります。

また、ここで紹介した性格は、普段からそのような性格傾向があるという人はもちろんですが、普段はそうでもないのに、恋愛となるとこういった性格が出てきてしまうという人もいます。

いずれも、恋愛をしたら恋愛中心になり過ぎてしまうといったことが一因となったり、鬱っぽくなってしまうきっかけになりかねませんので、今から自分の楽しめることをいくつか模索しておくことも、良い予防策になるはずです。

この記事が気に入ったらシェア♪
3 名無しさん
通報

要注意な性格をちゃんと読んどこうって思って読んでいったら、なんと!!全部当てはまってしまいました。これじゃ完全に恋愛うつに陥りますね、確実に。完璧主義傾向も強くあるし、自分のことを責めがちだし。なんかため息が出るよ

2 ストーカー予備軍
通報

恋愛鬱、発症しやすいです。だから片思いしてるときのほうが気持ちが穏やかですね。自分のものじゃないのがわかってるからほかの人と仲良くしててもあまり嫉妬しないで済むし。それが両思いになってしまうと、いつ振られるんじゃないかってビクビクしてダメです。考え過ぎるのやめたいんだけどなぁ。

1 ユカイ
通報

なんかどれも当てはまってるっぽくてびっくりしたー。これ自分のこと?って一瞬ハッとしたくらい。一つのことが気になったら、ずっとそのことばかり考える傾向にあるから、もっと楽天的に生きないとなって思わされました。考えすぎは体に良くないですものねー

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー