彼氏が重い!これ以上依存させないための対処法5つ

彼氏が重い!これ以上依存させないための対処法5つ

6058
update

付き合っている彼氏が、実は重いと感じていて、困っているという人はいませんか?重い彼氏には困っているけれど、別れたくはない場合、依存の度合いを減らしてもらえば上手くいく可能性もあります。これからもお付き合いを続けるために、重い彼氏にこれ以上依存させないための対処法をお伝えします。

6058
update

彼氏が重い!依存がひどい!

女性の側が、「彼氏に重いと思われているのでは?」と気にしてしまうことはよくありますが、中には彼氏の方が重いので困っているというパターンもあるでしょう。

彼氏が重いと感じる場合は、多くのシチュエーションで、彼氏があなたにひどく依存しているということが考えられます。

そんな重い彼氏なら、すぐに別れを考えてしまう人もいるでしょう。

しかし、そうではなく、別れることは考えず、なんとかもっと良いお付き合いをしていきたいと思っているなら、これ以上彼氏に依存させないように対処することも大切です。

あなたの接し方次第で、彼氏の依存を減らしていくことも出来るかもしれないのです。

ここでは、依存がひどい重い彼氏に、これ以上依存をさせないようにして、もっと良いお付き合いをするための対処法をお伝えします。

重い彼氏への対処法1:すぐに要求を飲まない

重い彼氏と付き合っていると、あれこれと要求が多いな、と感じることが多いのではないでしょうか?

彼氏が依存して来る状態というのは、たとえば、あなたが忙しいことを分かっているはずなのに、「今すぐ会いたい!」と駄々をこねたりなど、何かしら自分の要求を通そうとするようなところがあるのではないかと思います。

そして、それをあなたが受け入れてくれることで、重い彼氏は気持ちが安定して満足するのですが、聞き入れられないと、ますます駄々をこねたり、「オレのこと愛してないんだね!」というような発言をしたりして、あなたにプレッシャーをかけたりしているかもしれません。

それによって、あなたは仕方がなく、忙しくても彼氏の要求を飲もうとしてしまうというパターンが出来ているかもしれませんね。

確かに、彼氏の要求をすぐに受け入れることで、彼氏は満足して落ち着いてくれますが、その時はよくても、また同じようなことが繰り返されるはずです。

つまり、いくら彼氏のために要求を受け入れても、時間が経てばまた違った要求をして来るので、キリがないのです。

彼氏は、あなたがすぐに自分の願いを叶えてくれるかどうかで、あなたの愛情をはかっているところがあります。

しかし、思い切って、彼氏の要求をすぐに飲まないようにするということが、徐々に彼氏の依存を減らしていく方法でもあります。

はじめのうちはきっと、あなたが自分の言うことを聞いてくれなくなったことで、ますます駄々をこねたりするはずです。

それに負けずに、要求をすぐには飲めないこともある、という態度を貫くことで、彼氏は「自分のわがままが通らないこともある」ということを学びます。

一時的には、彼氏が荒れたりして不安を感じることもあるかもしれませんが、その状態に慣れさせていくことが大切です。

彼氏が本当にあなたのことを失いたくなければ、あなたが要求を突っぱねても、我慢するようになるはずです。

ただ、重い彼氏は、精神的に不安定なところがありますので、要求を受け入れられないという時、冷たくし過ぎないように気を付けた方が良いでしょう。

断る時は、きちんと「あなたのことはすごく愛している」ということも強調してあげるなど、重い彼氏の気持ちに寄り添いながら、自分自身が必要以上に振り回されないようにしていくのです。

あなたの彼氏は大丈夫?嫉妬深い彼氏の特徴と上手く付き合う方法

「ちょっと彼氏の監視が多いな」とか「彼氏の束縛が重い」と感じたことはありませんか?彼女を縛りつけてしまっている彼氏はとても嫉妬深い人なんです。少しの嫉妬なら耐えられても過度な嫉妬は疲れてしまいますよね。そこで、嫉妬深い彼氏の特徴を知ってうまく付き合っていきましょう。

https://koimemo.com/article/3770

重い彼氏への対処法2:愛情表現を大げさにする

この記事が気に入ったらシェア♪
3 名無しさん
通報

重いと言われ始めた男です。

なんかほんとにわかっている方だなと思ってしまいました。

この通りです。

ホッとします。

2 名無しさん
通報

付き合った途端に横柄になって偉そうに私を支配しようとするので辟易として別れました。男性って付き合ったらどうして女を所有物だとみなすんでしょうかね。独立した個人として尊重してくれる人と付き合いたいです。

1 マリー
通報

相手からの要求を全て飲んだりしない、時にはこちらが主導権を握ってコントロールするというのも大切な術なんですね。こういう方法を取った方が、うまくいけば長い目で見たとき、わがままを脱し、彼は成長するんじゃないかなと思いました。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー