彼氏が重いときの対処法5選。“重い彼氏”にはどういう特徴がある?

彼氏が重いときの対処法5選。“重い彼氏”にはどういう特徴がある?

カップル

付き合っている彼氏が「重い」と感じて困っているという人はいませんか?。これからもお付き合いを続けるために知っておきたい、"重い彼氏"の特徴や心理、彼氏が重いと思った時の対処法をご紹介します。

まろん
まろん
2017.02.28

恋人に重いと思われないか心配になることもありますが、逆に彼氏が重いので困っている、という人もまた多いと言われます。

しかし、別れたいとは思わず、重くても好きと思っているなら、これ以上彼氏に依存させないよう対処することも大切。

ここでは、もっと中身のある恋愛をするために知っておきたい、「重い彼氏」の特徴や心理、対処法をお伝えします。

もしかして自分の彼氏が重い……? と思った人も、特徴を是非当てはめてみてくださいね。

彼氏が「重い」と言われる特徴は?

彼氏は「重い」ほど連絡をまめにしたがる

1.連絡が遅いと怒る

メールやLINEの返事が遅かったり、電話に1回でも出ないとすぐ機嫌が悪くなるのは、典型的な「重い彼氏」の特徴と言えるでしょう。

返信ができるならすぐにしたいところですが、必ずしも常に携帯を見られる状況にあるとは限りませんよね……。

仕事が忙しくて返せない時でも、「重い彼氏」にとっては全く関係ないのです。

「返せる状況じゃないから仕方ない」という考えには至らず、自分が優先だと思っています。

「なぜ出なかったのか」とめんどくさいほど聞いてきたり、返事が遅いたびにやたら疑ってくる彼氏は、「重い人」だと考えたほうが良いでしょう。

2.やたら束縛したがる

束縛をしたがる彼氏も、「重い」と言えます。

他の男性とやりとりしているとすぐ嫉妬する、友人でも男女が混ざった旅行を禁止します。

ひどい彼氏は、たとえ仲の良い友人だろうと、自分以外とのLINEを禁止するだけでなく連絡先の削除すら強要してくることも。

異性との交流だけでなく、ファッションにまで口を出す彼氏もいます。

重い彼氏は、彼女の自由を制限してでも、自分が満足することだけを考えるでしょう。

身につけているものにまで口を出すほどまでに彼氏が重いと、さすがに「別れたい」という感情が沸くのではないでしょうか。

3.予定をいちいち聞いてくる

彼女のスケジュールをいちいち把握したがる彼氏も、「重い」と言われます。

「行動を逐一知っていないと、何をしているか不安になる」というのが重い彼氏の心理。

飲み会に行くたび、メンバーを報告しなければならず、そこに男性がいようものなら、どんなことを話したかまで事細かく聞いてくるでしょう。

他の男性がいるだけでいちいち嫉妬する彼氏は、「重い」かもしれませんが一途という特徴もあります。

ただ、忙しい時に予定にまでいちいち踏み込んでくるような彼氏なら、だんだん冷めて「別れたい」と思うようになるかもしれません。

4.依存しやすい

そもそも、束縛しようとする彼氏の「重い」心理は、彼女に依存しすぎていることに由来します。

つまり、とにかく彼女がいないと不安で、彼女との時間が自分の生活の中心になっているということ。

「彼女ありきの自分」になってしまい、彼女がいなくなれば、周りも自分のことも見えなくなってしまうのです。

誰にでもあるはずの「自分らしさ」を自分自身で見いだせず、彼女との時間や愛情に求めてしまうんですね。

自分のことが見えてない彼氏ほど重くなり、依存しやすい体質になるので要注意かもしれません。

彼女を執拗に制限し、自由を奪っても「愛情」だと正当化するでしょう。

5.SNSをいちいちチェックする

インスタやTwitterなど、彼女のSNSをくまなくチェックする彼氏も、「重い」と言われるでしょう。

コメントやリプライで異性とやりとりする人はかなり多いですよね。

重い彼氏は、そのコメントやリプライまでチェックし、他の男性とやりとりでもあれば関係を執拗に聞いてきます。

仲が良さそうなやりとりがあれば、嫉妬心から彼氏はすぐに機嫌が悪くなってしまうでしょう。

1回くらいならむしろ愛を感じるくらいかもしれませんが、男性とやりとりをする度にいちいち気にされるのはしんどいですよね……。

6.自分本位で結婚まで考えてしまう

結婚のことなど、彼氏が将来の話をしてくれるのは、普通なら嬉しいことですよね。

でも将来の話をやたらとする彼氏、とくに結婚の話をたくさんする人は、逆に「重い」と言えるかもしれません。

自分は結婚をあまり考えていなくても、彼は自分本位で勝手に話を進めてしまい、無理やり両親と会わせるなんてことも……。

もちろん結婚を考えているならば問題はないですが、これは付き合いたてのカップルなら要注意でしょう。

付き合いたてで、お互いをまだあまり理解していないのに将来の話をする彼氏は、「重い」前兆かもしれないので注意しましょう。

7.しょっちゅう「好き」と言わせる

重い彼氏は、「好き」という気持ちを直接言葉でしか求めないのがほとんど。

とにかく、頻繁に「好き」と言わせようとするのです。

カップルの関係が続けば、好きの気持ちは言葉にしなくてもわかるものですよね。

言葉で伝えなくてもわかるような愛をいかに伝え合うかが、長続きにつながる秘訣とも言われます。

しかし重い彼氏ほど、「言葉にしない愛」の大切さがわかっていないことが多いのです。

自分に自信がないうえに、相手の気持ちや心理を読み取ろうとしないことがほとんど。

言葉以外の愛情を感じ取ることができないため、直接「好き」と言わせようとするのです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。