良い別れ方はお互いのため!!上手に別れる5step

ハナ

どうやって別れよう・・・じゃダメ!!良い別れ方は後に引かないので、お互いが次の恋にスムーズに進めます。後でうじうじするより、今、しっかり別れることが相手のためにも繋がるんです!

悲しいことですが、お付き合いには別れが来ることもあります。

相手から別れよう、と言われることもあれば、貴方から別れを告げることだってあるでしょう。

『さよなら』の伝え方が悪いと、お互いに中々次の恋愛に進めない!なんてこともあるので、上手に別れることはお互いにとっても大切なことなんです。

そこで、好きだったあの人と上手に『さよなら』をする方法をご紹介します。

Step1 まず最初にすることは…。

何事も感情的になってしまっては物事は上手く回りません。

別れ話ならなおのこと、感情的にならずに冷静に話をすることが大切!

では、冷静に話をするにはどうすれば良いでしょうか。

まずは、順序だてて貴方が『何故別れたいと思ったか』を自分の中で整理することが大切です。

貴方の心変わりが原因なのか、単に気持ちが冷めてしまったのか…。

きちんと貴方一人で『別れたい理由』を整理して、相手にもちゃんと伝えることが出来るように準備を始めましょう。

考えがまとまらないときには、紙に書いて気持ちを整理すると実際に目で見ながら気持ちの整理が出来るのでオススメですよ。

Step2 タイミングを見極めよう

相手に『さよなら』を伝えるのは、タイミングも重要なポイントの1つ。

恋人が貴方に対しての恋感情がかなり盛り上がっているのに伝えてしまうと、話が拗れてしまうこともあります。

恋人の気持ちを少し冷静にするためにも、ちょっと距離が出来て二人の関係が少し冷めてきたと感じた頃合いに話し合いを設けるのが一番良いタイミングです。

恋人がまだ自分に熱をあげていると感じる場合には、連絡回数やデートの約束を少しずつ減らして、自然に距離が出来るよう工夫してみてくださいね。

後々後悔することになる可能性がたかいので、完全に連絡を絶ってしまったり、自然消滅を狙ったり、と言うことはしないように気を付けてくださいね!

Step3 『さよなら』を言う時の主語は『貴方が』じゃなくて『自分が』

心構えと準備ができたら、別れを告げるタイミングを待つのみですが、言い方にも注意が必要です。

お別れが来た、と言うことはどちらか一方だけが悪いわけではありません。

相手の悪いところもあったでしょうが、貴方の悪いところもあったはずです。

ただ、こちらから一方的に別れを告げるのであれば、相手を責めるのではなくあくまで『自分が悪かった』という言い方をした方が話がスムーズに進みやすいです。

『貴方が~を治さないから』『貴方の~が嫌いだ』などと、相手を一方的に責めてしまうと話し合いは拗れてしまうし、相手はその後長い間に渡って貴方に言われたことに傷つき、貴方の言葉を引きずってしまいます。

上手く別れるには、お互いに納得が出来ることが大切です。

相手に悪いところがあったとしても、『自分が~だから貴方には合わない』『私は貴方の趣味に合わせられない』など、自分が悪者になり話をすることで、相手に与えるダメージを少し押さえることができ、比較的話がスムーズに進みやすいもの。

話し出す前に今一度、相手を一方的に攻める言葉を言おうとしていないしてから話し出してくださいね。


Step4 言葉はなるべくストレートに。ごまかさないことが大切。

さぁ、いよいよ『さよなら』を言うタイミングがやって来ました。

上手なお別れがしたいなら、絶対にしてはいけないことは相手に復縁の期待を持たせる言い方です。

のらりくらりと曖昧で分かりにくい言い方では、相手も『別れたい』と貴方が思っていることが上手く伝わりません。

もし相手に伝わったとしても、相手は心のけじめを上手くつけることができなくなってしまいます。

何故別れようと思ったのかを、相手にきちんと伝えてから、『もう別れよう』とストレートに伝えましょう。

これは、一時でも大好きだった恋人に対する誠意だと思ってください。

何故別れる決意をしたのかを明確にすることと、別れをちゃんと伝えることで、相手は少し傷つくかもしれませんが、なにもかもあやふやにされたまま別れるよりは未練も傷も浅いものになるはずですよ。

Step5 貴方の想いを相手に告げたら…。

自分の伝えたいことが終わったら、それでお別れが完了するわけではありません。

貴方の話が終われば、次は相手の話をしっかりと聞きましょう。

相手に答えを急かすことはNGです。

貴方も、別れを決めるまでに色々と考えて気持ちの整理を行ったように相手にも気持ちを整理する時間が必要です。

別れに同意してくれるかどうか、答えを聞くのは相手の気持ちの整理を待ってからにしましょう。

もし、拒否されたとしても、相手の言い分が一理あると思っても、別れると決めているのであればためらってはいけません。

一貫して『自分が』こう思うから別れたい、と言う主張がぶれてしまわないように注意しながら貴方の『別れたい意思』を明確に示し続けましょう。

誠心誠意、相手を思いやりながら別れたいと伝えれば、相手にもきっと伝わりますよ。

最後に…。

恋人は、それなりの時間を密に一緒に過ごした相手です。

上手く別れたい、と思うと言うことはそれなりに大切に思っていた相手でもあると思います。

別れには貴方にも相手にもきっとそれなりの覚悟が必要でしょう。

そんな相手との別れに大切なことは、相手に誠意を持って対応する姿勢です。

誠意を持って相手に接すれば、自然とお互いに納得した良い別れ方が出来るはずですよ。

「良い別れ方はお互いのため!!上手に別れる5step」を読んだ人に人気の記事
彼氏との別れは辛い。一つの恋愛を終わらせる前に知っておきたい事恋愛において別れたいと思われた時、思う時はとても重要な分岐点になります。彼氏に別れたいと告げられれば、とても傷付きますよね。逆に別れたいと思っていたら、どうやって別れればいいのでしょうか?これを読んでマスターしちゃいましょう。ぜひ読んでみてください!
彼氏と別れたいと思ったら!円満な別れを実現させる10のルール「そろそろ彼氏とも終わりかな」とても寂しいことですが、大好きだった彼氏と別れたいと決意する瞬間は誰しも一度は経験することだと思います。でもいくら別れたいと思っても、できれば彼氏を傷つけずにお別れする方法を選びたいですよね。そこで今回は、円満な別れを実現するためのルールをいくつかご紹介したいと思います。
気持ちが離れていくのが分かる。彼氏と別れたいと思う瞬間まとめ付き合い始めは凄く彼氏のことが好きでも、付き合い続けていく内に「別れたい」という気持ちになってしまうこともありますよね。女性が彼氏と別れたいと思うきっかけは何なのか、今回は女性が彼氏と「別れたい」と思った瞬間について紹介していきたいと思います。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント1件

  • 1 :パティシエ 2018/01/27

    別れたい気持ちが湧いてきても、単に別れを告げるだけじゃいけないというのが勉強になったポイントです。気持ちを整理したり、言い方にもコツがあったりと、自分の予想を超えるくらいステップがあって驚いたというのが本音でもあります。この5ステップ、生かします。

    通報

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事