元彼と友達になれるのか?別れた後も良い関係を築くためのコツとは

元彼と友達になれるのか?別れた後も良い関係を築くためのコツとは

5342
update
posted2017/01/31

一時は深く愛し合ったはずの仲でも、別れてしまえば元彼、そして友達。そんな存在になってしまいますね。ですが、元彼と友達として関係を続けていくことは、果たして可能なのでしょうか?良い関係を築くためのコツと、注意点をチェックしてみましょう。

5342
update
posted2017/01/31

元彼と友達になれる可能性は高くない!

元彼というのは、お互いに好意を持って恋愛関係になった相手であり、友達とは違った存在であったはずですよね。

では、そんな元彼とは別れた後は、どんな関係になるのでしょうか?

恐らく、元彼と別れた後、友達という関係になれたというケースは少なく、大抵の場合は絶縁状態になったり、気まずくなってしまったりすることでしょう。

たとえそれが、友達から彼氏に発展した関係であったとしても、元彼になったからと言って単純にランクが1つ下がり、友達に戻るという可能性は低いのです。

ですが、中にはそんな元彼と友達関係になり、良い関係性を維持している人もいるのです。

では一体、どうすればそんな良い関係を築くことができるのでしょうか?

気になるその方法と、注意点について紹介していきます。

元彼と友達になれない理由

そもそも、なぜ元彼と友達になるのが、そんなにも難しいことなのか考えてみましょう。

まず、彼氏というのは「恋愛関係」であり、お互いに「友達に対する好き」とは全く別物の「好き」という気持ちを抱いていますよね。

友達に対しても好意は持っているけれど、だからといってキスしたり、体の関係を結んだリ、といったことができる相手ではないでしょう。

そういったこともできてしまうのは、恋愛対象としての好きな相手だったからこそです。

ですが、友達としての好きは冷めることはなくても、恋愛としての好きはなぜか、いつか冷めてしまうという問題点があります。

そうして何らかのきっかけで亀裂が入れば、別れてしまうわけですね。

つまり元彼というのは、恋愛としての好きという気持ちを持ち、友達とはできないようなことも楽しんできた相手です。

そして友達以上に、いろいろなことを知っている相手でもあります。

そうしていろいろなことを知った結果、気持ちがスーッと冷めてしまったり、あるいは嫌悪感さえ抱き始めることもあり、別れてしまった相手ということになりますよね。

気持ちが冷めきって、友達としてすら見られなくなった元彼。

なのに会って、普通に会話や食事を楽しんだり、友達として接することは難しいですよね。

これが元彼と友達になるのが、難しい理由と言えます。

そもそも1度、恋愛関係になってしまえば、キスやそれ以上のことも経験しているのが大人の恋愛。

そんな経験のある元彼を友達として見るなんて、女性としてはなかなか、できないことなのです。

どうしても気まずさや気恥ずかしさが残ってしまい、元彼からただの友達へ・・・ということができないというケースが大半です。

また、元彼からしても1度付き合った女性を友達として見るのは、簡単なことではありません。

男性は別れてからも、女性以上に、前の彼女を引きずってしまいやすい傾向があると言われています。

そんな恋愛感情を引きずったままで、友達になどなれるわけがない、というのが元彼の立場からの理由ですね。

このように、お互いに1度恋愛に足を踏み入れてしまえば、友達という関係には後戻りできないのが、男女の基本と言えるのです。

元彼と友達になるためのコツ

この記事が気に入ったらシェア♪
4 ピョー
通報

なれる人はなれるんだろうけど、うちは多分できんと思う。なんで別れたのに普通に友達になれちゃうんだろう。友達に戻れるのってすごいことだと思うけど、うちはできんだろうし、なりたいとも思わない。友達まではいかなくていい、単に良い関係になれればいいよ。

3 カトラリー
通報

「別れたけど、今はすごい良い友達です!」とニコニコしながら話しているインタビューを見たのですが、私でしたらそうはなれないだろうと想像しております。自分自身の気持ちがうまく片付けられず、友達という関係にはなれないと思うのです。

1 こーの
通報

元カレと友達になるとか無理!だってエッチまでした仲で、友達でなんていられなくない!?ていうか友達になったとして、次の相手ができたとき、どーするの?新しい彼氏に、元彼だけど今は友達だから気にしないでね!飲みに行ったりするけど、友達だから!って説明すんの?

1 名無しさん
通報

3年付き合った元彼とは今では、親友のような関係ですし、お互い恋人もいます!頑張れば友達になれるとおもいます!

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー