色や花言葉も考えてくれてる?!プロポーズの花束に込められた意味

色や花言葉も考えてくれてる?!プロポーズの花束に込められた意味

結婚

プロポーズには婚約指輪が定番アイテムですが、花束もそうですよね。イメージは赤いバラですが、お花はバラだけではないので、彼も色々考えるはず。また、花言葉も調べるはずですよ。ちゃんと彼からの愛のメッセージをキャッチできるように、プロポーズの花束の意味をまとめました!

あめあめ
あめあめ
2017.02.19

プロポーズの花束定番のバラ、色や本数で意味が違う!

結婚指輪の交換をしている夫婦

花束をもらって嬉しくない女性はいません。

特に記念日、そしてプロポーズの時にもらうものは一層嬉しいものです。

特にバラは華やかで、一瞬で心にも花が咲きますよね。

でも綺麗さに見とれているだけでは、彼の愛のメッセージをちゃんとキャッチできてないかもしれません!

なぜなら、同じバラでも色や本数によって、花言葉が違うからです。

例えば赤い色のバラは「愛してます」「情熱」を意味します。

白い色のバラは「純潔」「私はあなたにふさわしい」。

ピンク色は「おしとやか」「上品」。

そして、1本なら「あなたしかいない」、2本なら「相思相愛」、3本なら「愛しています」。

100本のバラは「100%の愛」と言う意味です。

面白いですよね!

そして、彼がバラ以外を選んだなら、きっとそこにも意味があるはずです!

プロポーズによく使われる花束の意味をまとめてみましたので、大切なその日のために参考にして下さいね!

プロポーズの花束の1 チューリップ

夕焼けの中でプロポーズをしている男女

春のお花、チューリップ。

もし彼のプロポーズが春なら、季節感もマッチする素敵な花束ですね。

そして、花言葉も素敵ですよ。

赤色のチューリップなら「愛の告白」。

プロポーズにぴったりです。

ピンク色のチューリップは「誠実な愛」、紫色は「不滅の愛」と言う意味です。

白色は「失われた愛」。許しを願うと言う意味もあるので、何か傷つけ合ってしまったような事があったカップルには、深い意味になりますね。

黄色いチューリップは残念ながら「望みのない恋」、「報われない恋」と言う悲しい意味です。

でも、「日光」と言う意味もあるので、もし周りから反対されているカップルなら、「愛を貫こう」と言う意味にも捉えられます。

プロポーズの花束2 朝顔

タキシードとドレスを着た男女

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事