恋心に素直になったらダメな時もある。好きな人を諦める瞬間3つ

恋心に素直になったらダメな時もある。好きな人を諦める瞬間3つ

3679
update

好きな人がいたら諦めるなんてあり得なくて、想いを叶えたいですよね。好きな人とはずっと一緒に居たいですよね。でもどれだけ好きでも、その恋を諦めるしかない時もあります。そんな事考えたくないと思いますが、大人だからこそ・あなたの為に・諦める事が最善策である事もあるのです。

3679
update

好きな人を諦めるツラさ。

どんな事情があろうとも、好きな人を諦めるなんてツラすぎてイヤですよね。

好きならそれだけでいいじゃないって思うかもしれませんね。

だけど、本当にそれで良いのでしょうか。

きっと良くない事は、当の本人であるあなたが、一番分かっているのだと思います。

頭では理解しているけれど、心がついていかない事ってありますよね。

好きな人を諦めるくらいなら、このまま傷つき続けても良い。

いつか後悔する時が来ても良いとまで、思い詰める時もあるでしょう。

それではいけませんよね、って事も分かっているんですよね。

好きな人の元から自ら離れるというのは、心とカラダが引き裂かれるようなツラさが伴うと思います。

だけど、諦めるツラさを乗り越えていかなきゃいけないタイミングって、きっと誰にでもあるんじゃないでしょうか。

好きな人への想いのままに一緒に居られる事が、必ずしも幸せだとは言えないのではないでしょうか。

好きな人を諦める時・・・不倫。

今、不倫と聞くとゲス不倫という言葉がイメージされやすいですが、私はこの言葉を引用して文章を書こうとは思いません。

だからと言って不倫が良いとは思っていません。

ただ、ここでは、不倫関係である二人が愛し合っているその気持ちにフォーカスして、文章を書き始めようと思っています。

不倫はいけない事だと分かっているのに、惹かれてしまったら最後。

禁断の恋がスタートしてしまいます。

秘密の関係である事が、より二人を盛り上げていくのだと思います。

最初はその秘密の共有を、楽しんだりもするでしょう。

でも、だんだんと苦しみが増えていく事は間違いありません。

怖さを感じる事も、しばしば出てくるでしょう。

自分が陰である事を痛感させられる度に、傷つく事になります。

「結婚なんて望んでない。今のままでいいの。それだけでいいの。」と物分かりの良い女を演じていけるのも一瞬だけで、本当は奥さんから奪って、どこか誰も知らない場所で二人で生きていけたらと、妄想したりするのです。

妄想は自由です。

彼といつか堂々と街を歩きたいなんて夢も、妄想の中で何度も完結した事でしょう。

でも結局は、不倫相手を自分のモノにする事はできず、不倫相手が最後に守るのは家族で、悲しみと寂しさと苦しみと悔しさと切なさに、押しつぶされてしまう・・・。

そんな事を分かっていながら、これからもその関係を続けていくのですか?

そこに何がありますか?何を得られるんですか?

何も望まない事が正解だと思っているんですか?

あなたは不倫をする為に恋愛をしているんですか?

好きな人がたまたま既婚者だったなんて、言い訳にもなりません。

あなたがあなた自身を大切にしないでどうするんですか。

少し迫力のある言葉を並べてしまいましたが、不倫中の人って何を言われてもどうしようもないんですよね。

自分が一番ダメだって事は分かっていて、諦める事が最善だって事も十分分かっているんですもんね。

でも、そんな簡単じゃないから悩みながら関係を続けているんです。

だって、少なくとも会っている時は幸せなんですから。

でもね、やっぱり結局ダメなんですよ。

学ぶとすれば、不倫はダメだって事を、再確認するくらいなのではないでしょうか。

早く諦める方法を見つけないと、どんどん溺れていってしまいますよ?

もう戻れないとか、後戻りできないなんて、誰が決めたんですか?

あなたさえ関係を止める勇気を出せば、あなたはきっといろんな気持ちから解放されると思いますよ。

好きな人を諦める事で楽になれる事を、もっと前向きに考えてみませんか?

好きな人を諦める・・・転勤。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

好きな人との別れほど辛いことってないと思う。けど、その経験が絶対次に良い方向につながるはずだからあんまりネガティブに考えすぎないほうが良いと思うな。なんだか過去の恋愛を思い出したら、今となっちゃ笑えます。時間が解決するんだと思います。

1 名無しさん
通報

中学時代を思い出しました。諦めるのは辛かったけどそこから少し成長できたように感じます。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー