男と曖昧な関係を続けている。その関係のデメリット知ってますか?

男と曖昧な関係を続けている。その関係のデメリット知ってますか?

カップル

友達でもなければ、恋人でもない、そんな曖昧な関係を異性と続けている人はいますか?曖昧な関係はお互いに縛られることがなくて、メリットだらけと思っているのは大きな間違いです。そこで今回は、曖昧な関係を続けるデメリットを紹介したいと思います。

ゆず
ゆず
2017.02.14

曖昧な関係って何?

男女 関係

そもそも曖昧な関係ってどういうことでしょうか?

友達以上恋人未満ってよく言いますがそんな感じ?

そう思ったあなたはまっすぐでピュアな女性なのでしょうね。

中学生、高校生のころの友達以上恋人未満はお互いがお互いに好意を抱きつつも言い出せないという典型的な恋愛初心者さんであることが多いかもしれません。

相手に気を遣うあまり踏み込みたくても踏み込めない、甘酸っぱい青春ラブ・ストーリー。

少女マンガにありがちな設定です。

ほとんどの女子における友達以上恋人未満のイメージはこれでしょう。

だから曖昧な関係も同じように思うのではないでしょうか?

でも人は成長すると変わってしまうのです。

特に男性は!

いつまでも少女マンガのような美しい幻想を抱く女子に対して、男子というのは幻想ではなく妄想を育てるもの。

曖昧な関係を都合よく活用しようとするのです。

ほとんど無意識に。

曖昧という漢字は曖も昧も暗いという意味。

暗いからはっきりしなくて不確かなのです。

そこから連想する言葉として、いかがわしいという意味も生まれました。

言い換えれば曖昧な関係は、いかがわしい関係とも取れるのです。

ショックじゃないですか?

いかがわしいという意味もあるので、曖昧屋などという言葉も誕生するのです。

女性にしてみればまさか、まさかの発想ですが男性には案外受け入れやすい感覚なのかもしれません。

恋愛感情を美しく描き上げる少女マンガとは異なり、少年マンガが欲望一色なように成長した男性諸君も欲望の塊であることは想像に難くありません。

うぶな少年時代ならともかく、テキトーにこずるさも身に付いたであろう大人なら、曖昧な関係を都合よく考えることも頷けませんか?

曖昧ということははっきりしない、うやむやということ。

政治の世界でよく耳にする玉虫色の決着。

はっきりさせないでおきたい、うやむやにしたいときに使いますよね!?

玉虫の翅の色が見る方向によって、変化して見えるように、それぞれの立場でどのような解釈も成り立つ回答を出す。

外交交渉の知恵というか、こずるい解決方法が玉虫色の決着。

ニュースになる度、歯がゆく感じませんか?

そんなの決着でもなんでもないとは思いませんか?

結果として決められない政治が続いていきます。

玉虫色の決着は実質棚上げであるにも関わらず、どうにでも解釈できる弱点を利用して日本はしてやられることも。

ねっ!?

玉虫色であることは、曖昧な関係であることは非常に危険なことだということが分かりますね?

こずるくなれとは言いませんが曖昧な関係を利用、してやられることは避けたいものです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。