【恋愛偏差値急上昇!】恋愛上手になるために大事なこと!

【恋愛偏差値急上昇!】恋愛上手になるために大事なこと!

恋活
mimi
mimi
2015.07.03

学生時代から続く良好な友人関係を保ったまま、みんな一緒に年齢を重ねていくことができればいいのですが、現実はそうとは限りません。

家庭が生活の中心になる人がいれば、仕事が生活の中心になる人もいて、友人たちはみないずれ各々の道を選びとってバラバラになっていきます。

「みんなで一緒」はいつまでも続きません。変わらないみんなを変えようと努力するよりも、あなたが率先して恋愛体質または恋愛偏差値高めな人にまずは変わればいいのです。

恋愛体質または恋愛偏差値高めな人が、そうでない友人とは付き合いが疎遠になるとも限りません。

すべてにおいて友人関係、特に同性との友人関係が優先となる現在の状況の方が、見方によっては偏っています。

恋愛体質は、人間関係において恋愛関係を最優先する偏った状況です。

それゆえ話のネタにされることも多くなるわけですが、友人関係を最優先する人間関係もまた、ネタ要素満載でじゅうぶん偏っています。

友人偏重という偏った人間関係を、友人もいれば恋人もいるという、バランスのとれた人間関係に配分調整すると考えればいいのです。

そこにキャラは関係ありません。「あの子変わったよね」という声が聞こえてきても、無視しましょう。

いつも同性の友人とばかり一緒に居れば、異性はつけ入る隙もありません。

“お持ち帰り”に繋がらないのも、あなたがいつも誰かと一緒だからです。

友人たちから「変わった」と言われても、その結果恋人を得たあなたが幸せになれたのなら、それでいいのではないでしょうか。

友人とは、友人に訪れた幸福を我がことのように喜べる人のことです。あなたに訪れた幸福を喜ぶ人なのか、そうでないのか。本当の友人を見分ける良いチャンスです。

変わりたいと思っている仲間を見つけて

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事