愛は冷めたけど相手を傷つけたくない。別れたい気持ちの理由と伝え方

愛は冷めたけど相手を傷つけたくない。別れたい気持ちの理由と伝え方

カップル

付き合っている彼と別れたいけれど、その理由が見当たらなかったり、言えなかったりした場合。できるだけ、揉めないようにうまく言って別れたいですね。後腐れなく別れる理由を伝え、上手に別れる方法について考えてみました。あくまで愛のある別れ方をしたいあなた、ぜひ読んでみてくださいね♪

きょうこ
きょうこ
2017.02.28

彼と別れたい。

カップル 別れ

彼と別れたい。

でも、あまり理由はない。

または、本当のことはあまり言えない。

そんな時、こう言っておけば揉めないで別れられるという、別れたい理由を検討してみました。

愛情は冷めてしまったけれど、不要な争いは避けたいですよね?

一度好きになった相手ですから、終わりも円満にしたいところです…。

彼と別れたい本当の理由とは?

男性 かなしい

いつも彼とはケンカばかりで、一緒にいても何一つ楽しくない。

という場合や、彼がDVだったり...別れたい理由が、そんなわかりやすいものであればいいのですが、そうでもないということも多いようです。

そこで、本心の相手と別れたい理由とは何かということを、探ってみました。

付き合いがそれなりに長くもなれば、彼への気持ちが冷めてくることもあります。

別れたい理由を強いていうなら、さめたからということです。

以前のように情熱的に思えないというのが、本当の別れたい理由のようです。

結婚を考えられない相手であれば、長く付き合うだけ無駄だと思えることもありますよね。

収入が少なかったり、お金の使い方に問題があったり。

そんなことが別れたい理由だという方は、多いようです。

実際、女性は子供を産んで育てなければなりませんよね。

何歳になっても子供が産めるのであればいいのですが、そういうわけでもありません。

年齢制限があると分かれば、いつまでもグズグズしていられないということを、現実的に考えてしまいます。

だとすれば、そんな別れたい理由を思ってしまうのも、当然だといえます。

子供を産むためには、それなりの経済力が男性に求められるのは当然のことです。妊娠中も、出産後すぐも、全て自分が働くということの方が、現実的ではありませんので。

年齢制限や、相手の経済力などが別れたい理由の場合は、相手にはっきりと伝えることをためらってしまいます。

けれど、それは女性にとって漠然と感じられる不安感として常に頭の中に残ってしまうことが多いようです。

けれども、それを別れたい理由として彼に直接伝えても、傷つけるだけでどうにもできないということも、わかっているから迷うのでしょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。