愛は冷めたけど相手を傷つけたくない。別れたい気持ちの理由と伝え方

愛は冷めたけど相手を傷つけたくない。別れたい気持ちの理由と伝え方

カップル
きょうこ
きょうこ
2017.02.28

こうすれば揉めない、彼に伝える別れたい理由

カップル

ある程度相手と仲良く過ごすことができていたのであれば、できるだけ、相手と揉めずにいたいと感じることは、当然のことです。

ましてや、別れたいと言った時に泣かれてしまった日には、別れたい理由を伝えるどころか、自分を責めてしまいがちです。

別れることや、別れたい理由を伝えている自分が、悪いことをしているように感じられたり、とても酷いことを言っているように、感じてしまいがちです。

そんな彼に、「冷めた」「経済力がないから」などと、傷つけるような別れたい理由を伝えることは、できるだけしたくないというのが、本音ですよね。

「友達としか見れない」という別れたい理由は、今後も友人として関わりを持ちたいのであれば、有効です。

男性として見ることはできないけれども、人としては好きと思えるということが、別れたい理由です。

それを伝えられれば、相手としてはショックではあるけれども、仕方ないと思えることの一つでしょう。

簡単に言ってしまえば、「冷めた」ということが別れたい理由なのですが、それを婉曲に伝えることができる言葉なのでしょうね。

「他に好きな人ができた」という別れたい理由は、やはりショックな内容ではありますが、受け入れざるを得ない言葉に感じられます。

一度他に向いた気持ちは、戻ることはほとんどないですよね。

新しく好きな人ができて、その人の元に行くことすら想像させられてしまいます。

どちらの別れたい理由もやはり、言われればショックを隠せない内容です。

しかし、あくまで元に戻る見込みがなく、しかも相手を否定するわけではないところが、大切です。

誰が悪いというわけではなく、いずれは訪れる未来だったと感じさせることが大切なようです。

いずれは戻れるだろうという期待を持たせないことは、円満に別れることができる秘訣のようです。

彼との別れ方

女性 手

段々と自分の気持ちが冷めてきている時に、それをひた隠しにするのではなく、多少顔や態度に出していくことも、相手に心の準備を与える良い手だと感じます。

また、自分がさめてきていることを示すことで、相手も気持ちがさめていくこともあります。

恋愛はどちらか一方だけが好きということでは成り立たないのです。同じような気持ちになれていたものが、そうでなくなれば、相手も同じようにさめても不思議ではないのかもしれません。

また、相手の恋愛感情がさめてきていると感じたことを、別れたい理由に掲げる人もいるようです。

キスやセックスを拒んだり、デートの途中で用事があると言って帰ってしまうなど、最初の頃と比べてあり得ない行為をしていくと、なんとなく察してくれるようになります。

それで嫌われていると察する人もいるようですし、「嫌な奴になった」と感じる方もいるようです。

嫌われずに別れたい方もいるかもしれませんが、別れたい理由をきちんと伝える前に、相手に嫌われてしまうことが、別れ方としては簡単ではあります。

また、相手からもらったアクセサリーを身につけないようにする、他の男性の話をするなど、今まで愛情を示すためにしていたことをしなくなる、ということもいいようです。

今まで身につけることで愛情を感じていたのに、それがなくなることで、愛情がなくなったという風に、捉えてくれるようです。

ですので、それを本当の別れたい理由として感じ取ってくれやすいようです。

他の男性の影を匂わせて不安感を煽るなどということをすると、気持ちの変化をなんとなく感じるようです。

男性は、ヤキモチをやくと、女性に対して攻撃的になりやすい傾向にもあり、少し危険なので、できればLINEやメールなど、相手が目の前にいない時にそのような話をするようにしたらいいようです。

そんな風に、少しずつ不安感を持たせ、心変わりを感じさせ、最終的に「話がある」と言って別れたいことと、別れたい理由を話すという形を取ると良いようです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。