「この子無理だわ」彼氏が別れたいと思ってしまう彼女の行動とは

「この子無理だわ」彼氏が別れたいと思ってしまう彼女の行動とは

3423

彼氏とずっと仲良くしていきたいと思っていても、自分のちょっとした行動で彼氏の気持ちが冷めてしまい「別れたい」と思われるようになってしまうことってあるんです。嫌われないようにするためにも今回は、彼氏が彼女と「別れたい」と思ってしまう彼女の行動について、当たり前のものから些細なものまで紹介します。

3423 |

彼氏の気持ちが冷めてしまう!?

彼氏と付き合っている人の中には「このままずっと一緒にいたい」とか「将来は結婚したい」という気持ちを持っていると思いますが、それは自分だけが思っていることかもしれません。

カップルになると、片思いをしていた時よりも気持ちに緩みが出てしまうので、片思いの時には「嫌われないように」と注意していた行動も、付き合うようになってからついやってしまったりするんですよね。

ちょっとした行動でも気持ちが冷めて「別れたい 」と思ってしまう時ってあると思います。

1度「別れたい」という気持ちを持ってしまうと、その時には別れなかったとしても、ずっと別れたいという気持ちが残ったままになってしまう可能性が高いんです。

別れたいと思った気持ちがあるのに、将来のことを考えられるはずがありませんよね。

ずっと一緒にいるためには、そして結婚するためには、お互いに同じ気持ちになっていなければいけません。

片方が「別れたい」と思ってしまった時点で、同じ方向を向いて将来を一緒に歩んでいくことは、難しくなってしまいます。

そこで今回は、彼氏が彼女と「別れたい」と思ってしまう彼女の行動について、紹介していきたいと思います。

自分の普段の行動を見つめ直すキッカケになるのではないでしょうか。

浮気

彼氏が彼女と「別れたい」と思ってしまう彼女の行動1つ目は、「浮気」です。

これは言わずもがな、一発で別れを切り出されるレベルの行動ですよね。

よく「男性は浮気をする人が多い」と言われていますが、浮気は男性だけがするものではなくて、女性もすることがあります。

男性に比べて浮気をする人が少ないとか、恋人に隠すのが女性の方が上手いなどの理由で、女性の浮気がピックアップされることは少ないのですが、女性だって彼氏がいるにも関わらず、ほかの男性と深い仲になってしまうことがあるんです。

いくら彼女のことが好きな男性であったとしても、浮気は裏切り行為だと見なされて、別れたいと思ってしまうんです。

女性の場合、彼氏の浮気が発覚したら彼氏ではなく浮気相手の女性のせいだと思ったりする人が多いそうですが、男性の場合は彼女の浮気は彼女のせいだという考えなので浮気相手が誰であろうとそれは自分には関係ないことだと思うそうです。

女性は隠すことが上手いとはいえ、浮気をすればいつもと同じような生活をすることは難しくなります。

彼氏よりも浮気相手の方が魅力的に感じてしまい、頻繁に浮気相手と会うようになってしまうと、いくら鈍感な男性でも彼女が浮気していると分かります。

女性は浮気がバレると素直に認める人が多いんです。

男性は隠し通そうとする人が多いですが、女性の場合は浮気相手に気持ちが傾いていることが多いので「彼氏よりも浮気相手」という考えになってしまうそうです。

自分よりも浮気相手の方が大事だと思われてしまったら、付き合い続けていくことは難しいと感じて、彼氏から別れたいと別れを切り出されてしまうんです。

付き合いが長くなると、他の男性が魅力的に見えてしまうことってあると思いますが、浮気は彼氏の心を冷めさせてしまう1番いけない行為です。

彼氏に別れたいと思わせないために、当たり前のことではありますが浮気はしないようにしましょう。

周りの愚痴を言う

この記事が気に入ったらシェア♪
4 ICT
通報

愚痴ばっかり聞かされたくないよね誰だって。会えばいつも愚痴を言い始める、これは性別問わず嫌なことじゃない?基本、自分がされて嫌なことは相手も嫌がると考えて、行動していれば、思いやれるようになれるんじゃないかな?

1 100歩
通報

浮気は絶対ダメでしょう。浮気断固反対っていう男性ならば、発覚した時点で即お別れとなるパターンもあるでしょう。別れを告げられてから悔やむことがないように、その時の気持ちだけで行動するのは良くありませんよね。後戻りはできませんから。基本的なことを改めて考えさせられた記事でした。

1 名無しさん
通報

どこからが浮気なのか、永遠のテーマな気がする。

2 名無しさん
通報

でも、これで別れるとか言ってると結婚なんてできないと思うけどね~wwwwww

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー