もう抑えられない!男性が好きな人に告白したいと思う瞬間3選!

もう抑えられない!男性が好きな人に告白したいと思う瞬間3選!

3143
update

告白で大切なことは台詞や場所だけではなくタイミングです。タイミング1つ違うだけで返事は変わりますよね。なので自分から告白するのは、苦手という人も多いのではないでしょうか。そこで男性に告白してもらうためにも男性が女性に告白したいと思うタイミングについて紹介します。

3143
update

告白にはタイミングが重要

「私はあなたのことが好き、だから付き合ってほしい」という気持ちはいくら雰囲気で読み取ることが出来たとしても言葉にして相手に伝えないと、相手は分かってくれません。

でも自分が相手のことを好きになったからといって、いつでも告白していいというわけでもありません。

「好きって気持ちを知ってもらえるだけでいい」という気持ちなのであれば、相手が自分のことを知らなくても告白をしていいと思いますが、大抵の人は好きになった人とカップルになりたいと思っていますので、告白してNOという返事を貰いたくはないんですよね。

好きになったからといって、相手のことを何も知らないまま告白したってその返事はNOと言われてしまう確率が高いです。

相手のことをよく知り、そして相手にも自分のことをよく知ってもらったタイミングで告白した方が成功率はぐっと上がります。

しかし、自分から告白するのは勇気がいることなので、「相手から告白してくれればいいのに」なんて思ったりする時もありますよね。

でも相手にも気持ちがあるので「告白したい」と思わなければ告白してもらうことは出来ません。

そこで今回は、相手から告白してもらうために男性が女性に告白したいと思うタイミングを紹介したいと思います。

このタイミングが分かれば、上手く男性のことを誘導し告白してもらえるチャンスを掴むことが出来ると思いますよ。

他の男性に取られそうと思った時

好きな人といつも一緒にいると「この人の周りには自分しかいない」と安心してしまうので、中々告白しようという気持ちになることが出来ません。

ライバルがいないので、相手が自分から離れていってしまうことが無いと思ってしまうんです。

好きな人に告白してもらうためには、自分のことを好きになってもらわなければいけないので積極的に2人きりになってアピールしていると思いますが、いつもいつも隣にいると好意を持ってもらえているのに告白してもらえるタイミングが無くなってしまう可能性があるんです。

好きな人に告白したいと思わせるためには、他の男性とも仲良くしている姿を見せるようにしましょう。

他の男性と楽しく話して親しげにしていると好きな人は「彼女が他の男にとられてしまうのではないか」という危機感を持つようになって告白を決意するようになります。

これは好きな人の見える所でやることが重要なので、好きな人の見えない場所で必要以上に他の男性と仲良くしていたら「あの子は男性にチヤホヤされている」と言われてしまうかもしれませんので注意して下さいね。

また、いつも好きな人とではなく他の男性と親しくしていると好きな人は「俺のことなんて好きじゃないんだな」と思い告白することを諦めてしまうこともあるので、他の男性と仲良くしている姿を見せるのは時々でいいと思います。

好きな人に告白するタイミングを掴ませるためには、好きな人に少しの危機感を持たせるようにしましょう。

何度もデートを重ねた時

この記事が気に入ったらシェア♪
4 ロングセラー商品
通報

デートは3回目あたりを目安に見ておけばいいんだ!でも三回を過ぎても告白がなくても諦めちゃダメ、これを覚えておかなくっちゃ。回数という名の数字にとらわれちゃ確かに良くないよね。

3 恋するペンギン
通報

他の男性に盗られるかもしれないってライバルが出てきたら男の人は確かに燃えそう。そもそも競争心が激しい生き物だから、俺の意中の女が他の男に!って思うと燃え上がるんだろうな。残念ながら、私の場合はそんな別の男性が現れてくれそうにないけど。

1 あい
通報

確かに!いい感じなのか微妙~ってままの時に、他の男の人から言い寄られてるのを見て慌てたのか告白してくれました♥自分から計算して駆け引きするのはどうかなって思うけど、いいタイミングだったなって思います。恋愛ってやっぱりタイミングなんだな。

1 三年生
通報

なるほど~~他の男性の取られそうとおもったとき。。。ライバルの存在を匂わす作戦はいいかもしれないですね。好きな人がいて、両思いっぽいのになかなか動いてくれないので!やっぱり告白は男性からしてほしいからそれとなく匂わせてみよー!

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー