年下男性に「可愛い」と思ってもらうための4つのテクニック♡

年下男性に「可愛い」と思ってもらうための4つのテクニック♡

2325

マンガのように「犬みたいなカワイイ年下男性と、クールビューティな女性の恋」こんなの難しいのが現状。そもそも私はクール系でもないし…という方にオススメの4つのテクニックをご紹介します♪

2325 |

近頃は恋に年齢差は関係ないという風潮であり、皆様色んな恋の形を楽しんでいますよね。

あなたの身近にも、素敵な年下男性はいますか。同い年だとなんだかぱっとしないことでも、年下男性がやるとなぜだかときめいてしまうことってありませんか?

「年下」というフィルターがかかってなんでも過大評価してしまうからというのも理由の一つですが、実際それで付き合いがうまくいくのであれば互いに悪いことはありませんよね。

さて、今日は年下男性に「かわいい」認定されるための4つのテクニックをご紹介します♡

#1 名前は呼び捨てではなく「●●くん」と君付けで呼ぶ

呼び捨てだとどうしても彼の上の立場にいることを明白にしてしまいます。たとえ仕事の関係でも「●●くん」と呼んであげましょう。もちろん外へ出て社外の人としゃべるときは例外ですよ。

年下の男性でも「●●くん」と呼んでいると、あなたの気持ちとしても「年下」であることをそんなに意識しなくなってきます。それに相手の男性にも「年上」であるという威圧感を与えません。

まずは形式上でもいいので呼び方から変えてみましょう。すでに呼び捨てで呼んでしまっているとしてもOKです。いつも苗字を呼び捨てで呼んでいるとしたら下の名前に君付けで呼んでみましょう。いきなり呼ばれたら彼もドキリとしてしまうかもしれません。

もし難しければお酒の勢いを借りてしまっても大丈夫!しかし飲み過ぎていないタイミングでやってくださいね。

#2 口調も可能な限り相手と統一する

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー