恋愛依存症かもしれないと自分自身に感じる5つのポイント

恋愛依存症かもしれないと自分自身に感じる5つのポイント

恋活
mayu
mayu
2015.07.13

LINEが来ていないかな、メールが来るかも…というようにして、いつもスマホを気にしてしまうということは、それだけ相手のことが好きということもあります。

でも例えばお風呂にまでスマホを持って入るというようになると、恋愛依存症かもしれません。

連絡が来なくても、返事が遅れても仕方ないというように思えることが必要です。

それを思うことが出来れば、かなり気持ちも楽になるでしょう。スマホをいつも気にしていなければいけないというのも、結構辛いことです。

出来ればそういう自分ではいたくないとも思う気持ちもあるかもしれません。

少し気持ちを割り切れば、そうすることも出来るかもしれないですよ。

常に恋愛候補を探す

恋愛候補がいないと、なんだか落ち着かないということもあるかもしれません。

恋人や好きな人がいる時には、落ち着いているのですが、恋愛対象がいない時には不安になってくるのです。

そして無理に恋愛対象を見つけるようにします。でもこのようにして恋愛対象を見つけても長くは続かなかったり、相手に対しても失礼ということもあるのです。

そうならないためには、もっと自然に出会えるようにフットワークを軽くしてみるようにすると良いのではないでしょうか。

いかがでしたか。

恋愛依存症かもしれないと思う箇所についてお伝えしてきました。思い当たるところがあるかもしれません。

実際に恋愛依存症というものは、誰もがなりやすいものです。

でも少しの工夫をしたり、意識を変えることにより、依存ではなく心から素直に恋愛を楽しめるようにしたいですね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

― 広告 ―
※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)