肉食系女子が彼にロックオン!!私の彼を取らないで!!

肉食系女子が彼にロックオン!!私の彼を取らないで!!

カップル
mimi
mimi
2015.07.07

彼の身辺に探りを入れるだけでなく、私のことまで調べ上げたのか、肉食系女子が私の前にまで姿を現すようになった。

最初は街で偶然を装って「あら、〇〇さんの彼女さん」と、声を掛けられた。当たり障りのない返事でその場をすぐに離れようとしたけれど、肉食系女子はずっと後ろをついてきて嫌味タラタラ。

「平凡なブス」とまで言われ「いい加減にして下さい!」と周囲の人に聞こえるように大きな声を出したらようやくどこかに消えた。

面と向かって人の容姿をあげつらう人種に初めて遭遇し、心が暗くなった。華やかな容姿の美人だったけれど、形のいい唇をついて出るのは不釣り合いに口汚い悪口雑言だった。

街中で声を荒げたその日、自宅ポストに誹謗中傷を書き連ねた手書きの手紙が投函されていた。切手はなし。心配させるかと思い彼には黙っていた。

「仕事に私情は持ち込まないで欲しい迷惑だ」と彼が肉食系女子に伝えたその日の出来事だった。

その後も自宅近辺で不審な人間に後をつけられたり、カメラを抱えた複数の人がウロウロするなど、気持ちの悪い出来事が私の周囲で続いた。

彼にはっきり「迷惑だ」と告げられた肉食系女子、「私は諦めませんから」と強気で懲りる気配なし。

何なのその気持ちの強さ。相手の気持ちはお構いなしでグイグイ来る。彼に断られたことで傷ついたプライドが私への攻撃へと変わった。不審な電話が多くて嫌になり、特定の番号以外はすべて無視することにした。

決定的だったのは、自宅マンションの火災報知機が鳴らされ、警備会社が出動する騒ぎになったこと。

マンションの管理人室に私の個人情報に探りを入れる不審な電話があったすぐ後で、妙な女性が私を訪ねてマンション内に無断で立ち入ろうとした後だった。

単身女性が多く住むマンションでもあり、警備会社の勧めもあって“大ごとになる前に”と警察に届けた。

聞けば、窓ガラスが割られる事件もあったらしい。おおコワ。

#やり過ぎ肉食系女子は、常習犯

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事