【美しさは心から】心を強く保つための思考パターン7つ【中編】

yukino

あなたは努力が報われないと感じたことはありませんか?他人の意見に素直に耳を傾けることができますか?心を強く保ち美しい女性になるために、ぜひ考え方から変えていきましょう。

この【美しさは心から】シリーズは前編、中編、後編あわせて7つになるように設定しています。

前回、前編は「素敵な人になるための思考パターン」としていましたが、今回のメインテーマは「心を強く保つ」ということ。

前回の記事はコチラ

【美しさは心から】素敵な人になるための思考パターン7つ【前編】

さあ、前編でもお伝えしたとおり、あなたは今日から変われるのです。

一つでも参考になる物があれば、ぜひ取捨選択して取り入れてみてくださいね!

#3 人間の幸不幸は相対的であるからこそ他人との単純比較などできない

誰にだって「辛い」瞬間はあります。

よく「あなたよりもっと辛い環境にいる人がいるんだから」とアフリカの子どもたちを引き合いに出してくる人がいますよね。

「だからお前は辛くない」と励ましているつもりでしょうが、私は全く別問題だと思います。

人間の「幸福」がそんな風に絶対評価で決まるのなら、日本の法律や生活は基盤から覆される。

だって、アフリカの子どもたちのほうが大変な境遇にいるんだから、日本の中で弱者となっている人たちも地球全体で見ればきっと十分に裕福だし幸福なはずですよね。

保護する必要なんかありません(もちろん「アフリカの子どもたち」の現状を十分に私が知っているのでもないし、それに対する支援をする必要がないという意味ではありません。無論日本の弱者に対しても同じです。ただそうやって単純飛躍した比較をすることに対して警鐘を鳴らしているのです)。

人の「幸福」や「不幸」は相対的なものなのです。

その人が置かれた環境の中で幸不幸は本人が決めるもの。

冷たい言い方かもしれませんが、そういう運命のもとに生まれたのだから仕方がないことなのです(この「仕方がない」は諦めるという意味ではありません。「受け入れる」という意味ですよ!)。生まれる先は誰もが選べないから、それはもう何を言っても変えようがありません。これは比較対象が誰であっても同じこと。同期の女の子となら比較しても妥当だと思っているのであればそれは間違いです。あなたと全く同じ環境で、同じ境遇にあり、同じ人間である人とであれば比較してもいいのでしょうが、そんな人はこの世に一人もいません。

だって、効果検証をするときに検証したい箇所以外の条件はすべて同じにしますよね?

Aの車とBの車のエンジン性能を調べたければ、きっとエンジン以外の部分は同じように作るはずです。

そうでなければ正当な比較はできないのですから。だからあなたがもし、他人と「正当でない」比較をして落ち込みたいのならばそれでもいいでしょうが、そろそろ妥当性のない比較で自分を落ち込ませたり、相手に対して妙な優越感を抱いたりするのはやめにしませんか?

#4 人は点ではなく線で他人を見ているし見られている。だからこそ「結果」が大事

あなたも「頑張ってるのに報われない」「正当に評価してもらえない」と思うことはありませんか?

実際社会にでるとそういう局面には多々出くわすことでしょう。

大多数の人間は、自分の努力が全て報われるような恵まれた環境にいないのが事実です。

それが心の持ちようであろうとなかろうと、人間ですから弱音や愚痴を吐きたくなることも出てくるでしょう。も

ちろん息抜きも大事ですし、それができなくなったらあなたの心は浄化されず濁る一方かもしれません。

だから吐き出せる相手を見つけておくのも心を清く保つための秘訣です。

心が濁ってしまうと理性が鈍り、判断の精度が落ちてしまいますからね。

さて、その原因となる「正当な評価」が多くの場面で下されない理由を突き止めてみましょう。多くの人は他人を「線」ではなく「点」で見ています。噛み砕いて言うと「過程」を全て見ているわけではなく、「結果」を見ているということ。あなたもそうだと思いますよ、目の前の友人がこれまでどう生きてきたかなんてすべてしる芳もありませんよね。あなたと出会ってから今までの、しかもあなたの目の前にいる時間(もしくは相手から聞いて知っている時間)の友人の姿しか知りません。

仕事をしていても、あなたがどんなふうに仕事の中で発生した問題を処理し、どういう思考でその資料をまとめ、どんな方法でそれを解決に導いたかなんてすべてを見てくれている人なんてきっといませんよね。

しかもそれがあなたを評価する立場の人であればなおさらです。

つまりあなたの頑張りはあなたの視点から見れば「線」で繋がっており、「結果」にいたるまでの苦労をみて経験してきているからこそ努力してきたと思えるのですが、他人はその「過程」を知りませんから「結果」だけで評価されるのはある意味当然。

だからこそ、自分のそれまでの「過程(=努力)」に見合った「結果」を出すことが重要なのです。

むしろそこまでやって、ようやく正当な評価をもらう準備が整ったと言っても過言ではありません。

もちろん「過程」をしらしめるという方法もあります。

社内営業も大事だし、自分から過程を報告したりあえて相談しにいって意見をぶつけることも重要というのは、こういう意味だったのですね。

#5 他人を拒否・見下すことは未知の世界を拒むことであり自身の評価を下げる機会にもなる

あなたの周りでも、他人の意見を拒んで受け付けない人や相手を論破しようと躍起になる人はいませんか。

納得できなかったとしたら、私はその理由まで掘り下げて相手に聞くか、もしくは自分なりにその人がその考えに至った理由を考えてみるのが視野を広げるのにはとても重要な事だと思います。

確かに他人から自分の意見を批判されたら悲しいし悔しい。

他人に見下されているような気もするでしょう。

しかしそれは「相手に見えていて自分に見えていないものがあるかのような気がするから」ではないですか?

だったらこれはチャンスですよね。「自分に見えていないもの」を見せてくれる相手がいるのならば、相手を望遠鏡代わりに使えばいい。

望遠鏡でなく顕微鏡でも、3Dメガネでも構いません。

他人と意見が食い違う瞬間は、確かに経験すると辛い瞬間でもあるかもしれませんが、そう考えると意見が食い違った瞬間こそチャンスに見えてくるものなのです。

そしてそのように相手の意見にしっかり耳を傾け、理解しようとする人に対して他人は好感を持ちます。

あなたは新しい視点を発見するチャンスを得て、さらに周りからの評価も変わる。

一石二鳥ではないですか。

だから意見が相反したとしても、絶対に耳をふさいではいけません。

いかがでしたか。

あなたの参考になるものが、ひとつでもあれば幸いです。

「【美しさは心から】心を強く保つための思考パターン7つ【中編】」を読んだ人に人気の記事
ガツガツしてる女はモテない?押してダメなら引く恋愛一歩下がり術アピールしているのに全然効果がないって人!もしかしたら、意中の彼からはガツガツしてる女としか思われてないかも!恋愛においても一歩下がる術を身につければ、彼の反応がガラッと変わります!脱ガツガツでモテ女になろう!
恋して痩せたいあなたへ!太り気味の女性がやりがちな6つの習慣好きな人ができた!失恋したので綺麗になって恋人を見返したい!新しい出会いを見つける為にも痩せたい!と恋愛に悩む女性とダイエットは切っても切り離せない関係だと思います。ですがなかなか痩せないと悩むことも多いのでは?そこで太りがちな女性がしがちな6つの習慣についてまとめてみました。参考にしてみてくださいね。  
モテ女子になろう!すぐに実践!明日からできる5つのモテテク見た目は普通。でも彼氏が絶えない!そんな女性はなぜモテるのか!今回は明日からでも実践できるモテ女子になるためのモテテクを5つのポイントに絞ってご紹介します。簡単なことも多いので、是非取り組んでみてくださいね。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事

    • 男に都合のいい女にされやすい!こんな特徴のある女性は要注意!

      男に都合のいい女扱いされるなんてそんなのごめん!そんな風に思っている女性が大半だと思います。しかし都合のいい女になりやすい女性というのは、男性からすると特徴があるんですね。こんな特徴のある女性は男性から「都合のいい女」としてターゲットにされやすいんです…。

    • 顔を可愛くして自信をつけたい…「鏡」が願いを叶えてくれる?!

      ネットで可愛くなる方法と検索をするとメイクや整形などのサイトが出てきますが、お金をかけなくてもメイクをしなくても顔が可愛くなる方法があるんです!それがみなさんも毎日見ている鏡です。もちろんメイクなどもご紹介していきますが、結局は素の自分だったんだ…と気づくことが一番の方法な…

    • モテる女子は恋愛心理学を活用していた!?恋を叶える秘訣とは?

      今回はモテるテクニックについてまとめていきたいと思っているのですが、テーマは「心理学」です。何故かモテているあの人は一体何が魅力なのか…?そう考えたときにふと心理学の本のことを思い出したのです。明日から実践できる心理学に基づいた、モテるテクニックをご紹介していきます!