するかしないか迷い中!?結婚の前の結納という儀式の意味とは?

するかしないか迷い中!?結婚の前の結納という儀式の意味とは?

結婚

結婚を決めたカップルにも、実際に籍を入れるまでには、いろいろなお悩みがあるものです。その1つが、結納ですね。意味が良く分からないという方も少なくありません。そこで、そんな結納の意味と、するかしないか迷っている方が考えるべきポイントについてチェックしてみましょう。

らん
らん
2017.03.23

結納って意味あるの!?

結婚指輪をしている男女の手

結納という言葉の意味ですが、これは結婚前に、両家の親類が集まり婚約を確認する儀式ということになります。

正式結納・略式結納といったスタイルがあり、現代では仲人を立てずに行う略式結納が増えています。

このようなことからも、「結納って意味あるの?」「本当に必要なの?」なんて考えてしまうカップルも少なくないでしょう。

イマドキのカップルとしては、「そんな伝統の儀式なんかにお金をかけるよりも、結婚式や新婚旅行にお金をかけたい」なんて考えてしまうこともありますね。

ですが、実は結納にはとても深い意味が込められており、一概に「イマドキ不要な儀式」なんて言うことはできないのです。

結納は婚約を正式にする意味がある!

赤いウェディングバルーン

結納が持つ最大の意味というのは、「婚約を正式にすること」です。

婚約そのものは、カップルのどちらかがプロポーズをし、どちらかが応じて成立するものですよね。

ここで指輪などを受け取ることはあるかもしれませんが、あくまでも婚約は口約束で、カップル2人だけで交わされたものになります。

結婚は人生の中でも特に大きな出来事ですから、口約束だけで、本当に婚約が果たされるのかどうか、不安にもなってしまいますよね。

そこで、結納を行うことで両家の前で婚約を再び誓い、確かなものにするという大きな意味があるのです。

両家で揃って結納を行えば、もう簡単には婚約を破棄することなどできなくなる、というのは大きな意味がありますよね。

しかも結納では、ただ口で約束するのではなく、金品の取り交わしがあります。

このような結納を行うことで、さらに婚約が持つ意味を確かなものにできるのです。

彼と2人だけの口約束では、まだまだ「ままごと」のようなイメージもある婚約。

ですが、結納を行うことにより、そんな婚約が大きく深い意味を持つようになるわけですから、お互いに結婚に向けての「自覚」を持てるようになるでしょう。

これも、結納という儀式が持つ大切な意味の1つと言えますね。

結納は両家を近づける意味がある!

ウェディングドレスのドレスクローゼット

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事