別れ方がトラブルの元?自然消滅だけは絶対に避けた方が良い理由

別れ方がトラブルの元?自然消滅だけは絶対に避けた方が良い理由

3386

自然消滅という形で破局してしまうカップルも多いですよね。きっぱりとお別れを伝えることなく、いつの間にか別れている状態になっていた…というケースです。しかしできることなら自然消滅だけは避けておきたいところ!今回は自然消滅だけは絶対に避けた方が良い理由についてお話ししたいと思います。

3386 |

自然消滅だけは避けるべき!その理由とは…?

家

自然消滅という形で破局になってしまうカップルも多いもの。

ですが自然消滅という形で破局をしてしまうのは、あまり良いことではありません。

できることならしっかりとお別れを伝えて終わりにするのがベストなのです。

自然消滅だけは避けた方が良い理由も、ちゃんとあるんですね。

一体どんな理由があるのか?

自然消滅しちゃいそう!なんて状況の人は見ておきましょう。

別れたと思っているのは一方だけの可能性もある

女性

自然消滅という形の場合、正式に別れを伝え合っているわけではありませんよね。

そのためお互いが別れたと認識しているかどうかというのは、定かではないのです。

つまり別れたと思っているのは一方だけ…なんてケースもあるんですね。

「別れよう」という話をしたわけではないから、まだ付き合っているんだろうと一方は思っているのに対して、「もうこれは自然消滅で別れたんだろう」と思っている一方がいるわけです。

この認識の違いというのは、トラブルにもなりやすいもの。

一方はまだ付き合っていると思っていたのに、既に相手には新しい恋人がいた!なんてことになれば、「浮気された」という気持ちになってしまいますし、別れたつもり側としては「え?まだ付き合っているつもりだったの?」なんてすれ違いが生じてしまうわけです。

しっかりとお別れを伝えなければ、実際に相手がどう思っているかというのは分からないもの。

それを考えると、やはり自然消滅という形は避けた方が、お互いのためと言えると思います。

自然消滅というのは、自分で勝手に納得した出した答えであり、話し合った結果ではないということを忘れてはダメですね。

上手く踏ん切りをつけられずモヤモヤする

女性

自然消滅という形で二人の関係が終わりになってしまうと、気持ち的にもモヤモヤとしやすいのは事実です。

話し合いをして別れを決めたのとは違って、別れたのか別れていないのかも、定かにならないから余計でしょう。

そのため上手く踏ん切りをつけることも、難しくなってしまうんですね。

きっぱりと終わりを告げたわけではないので、もしかするとまた上手くいくかもしれないという可能性もありますし、このまま本当に終わらせてしまっていいのかという迷いも生じるものです。

自然消滅という形で終わってしまったのだろうと頭では思っていても、自分の中で納得できるかというと実はそう簡単には納得できないもの。

上手く踏ん切りをつけることができず、モヤモヤしてしまう期間が長くなってしまいやすいです。

だからといってモヤモヤして考えたとしても、事実上どうにもならないのが現実。

これがはっきりと別れを告げた結果であれば、こんな風にモヤモヤすることはありません。

自然消滅という形だと気持ちの整理がつけにくくなってしまうので、その時間も無駄にしてしまうことになってしまうんですね。

次の恋への切り替えまでに時間がかかってしまう

ハート
この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

ちゃんと「お別れ」という過程を踏んでいない分、それだけ悩む要素が増えるのも納得。別れたことが確実に分かるんだったら、気持ちを切り替えてとかできるのに、宙に浮いたような感じだから胸に何かが残る、これだけは避けたい

1 ライアン
通報

自然消滅、曖昧な別れ方ですね。お互いがそう思っていればいいでしょうが、もしも片方だけしかそう思っていなかったら、された側の人は可哀想すぎますね。自然消滅した側はもう前に進めるけど、された側は止まったままになってしまいます。別れの時、きっちりとしないといけません。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー