女性から?!逆プロポーズをしても失敗してしまうタイミング3選

女性から?!逆プロポーズをしても失敗してしまうタイミング3選

3188
update

男性からプロポーズしてほしいと思っている女性は多いと思いますが、今は女性からプロポーズする【逆プロポーズ】をして結婚をするカップルも増えているそうです。しかし、逆プロポーズが失敗してしまうこともあります。それはどんな時なのか、紹介していきたいと思います。

3188
update

逆プロポーズはあり!

プロポーズといえば男性が女性にするもの…と思っている人は多いと思いますが、結婚する時は必ず男性からのプロポーズが無ければいけないという決まりがあるわけではありません。

特に近年では、結婚したいという気持ちはあるものの、キッカケがなかったり言葉にして伝える勇気がないという男性が多く、痺れを切らした女性が逆プロポーズという形で、結婚を男性に申し込みゴールインするケースも増えてきているんです。

女性の気持ちとしては、男性にプロポーズされたいという願いはあると思いますが、男性にプロポーズしてもらわなければ幸せになれないなんてことはなく、幸せは自分から掴みに行ったっていいんです。

逆プロポーズをする場合でも、必ずOKしてくれるという保証はありません。

女性がどんなに凝った演出で逆プロポーズをしても、NOと言われてしまったら結婚することは出来ません。

プロポーズはタイミングが大事と言われているように、いくら女性に「結婚したい」という気持ちが強くあったとしても、男性に結婚の気持ちが無ければ逆プロポーズをしても断られてしまいます。

もし逆プロポーズをするなら、失敗したくないですよね。

そこで今回は、逆プロポーズが失敗してしまう可能性が高い時について紹介していきたいと思います。

逆プロポーズが失敗してしまうタイミング①相手の仕事が忙しい時

仕事

いくら自分の仕事が落ち着いていても、相手男性が仕事を大量に抱えていて毎日忙しそうにしている時は、逆プロポーズをしても断られてしまう可能性が高いです。

男性は目の前のことしか考えられないタイプの人が多いので、仕事が忙しくなればなるほど仕事のことしか考えられず、彼女のことも放置するようになってしまいますし、結婚のことなんて考える余裕がないんです。

結婚してからも、男性に仕事を続けてもらいたいと思っているのであれば尚更、仕事の邪魔をしてはいけません。

結婚は、女性だけではなく男性にとってもこれからの人生が大きく変わることになります。

仕事が変わらなくても、結婚をすることによって「一家の大黒柱としてちゃんとしなければ」という気持ちになりますし、守るべきものが出来ることでさらに仕事に打ち込めるようになります。

なので、男性だって真剣に考えたいんです。

仕事が忙しいと、プロポーズされても真剣に結婚について考えることが出来ないので、困るんです。

プロポーズを保留にすればするほど、女性側に迷惑がかかることも分かっているので、長時間プロポーズの返事を待ってもらうことはしたくないんです。

だからこそ、仕事が忙しい時に逆プロポーズをされたら断るしかないんです。

仕事の忙しいピークを超えれば余裕が持てるので、逆プロポーズをされても真剣に考えることが出来ます。

逆プロポーズをする時は自分の都合ではなく、相手の都合を考えてするようにしましょう。

「早くプロポーズしたい」という気持ちになっても、相手が忙しくしているのであればじっと耐えましょう。

何日も何週間も何ヶ月もかかってしまうかもしれませんが、相手に余裕が出来た時にチャンスを掴めるよう待ち続けて下さいね。

逆プロポーズが失敗してしまうタイミング②何度も逆プロポーズをしている

女性
この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

逆プロポーズとかすごいな〜!この人と結婚したい!って思うってことだよね?長年同棲してて、結婚のタイミングがなかったりすると、そう言うパターンもあるのかな。でも結婚は男性のデメリットも多いから、男性が結婚したい!と思ってから申し込まれる方がいいような気がする!

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー