NO指輪も増えてるけど、婚約指輪はあった方がいい!その理由3つ

NO指輪も増えてるけど、婚約指輪はあった方がいい!その理由3つ

3404
update

近年は婚約指輪を贈らずに結婚をするカップルが増えています。婚約指輪は結婚する際に絶対に必要なモノというわけではないので、指輪がなくてもいいんですよね。でも婚約指輪にはメリットがあります。そこで今回は、婚約指輪のメリットについて紹介したいと思います。

3404
update

婚約指輪はあった方がいい?

指輪

婚約指輪は、一般的に男性が女性にプロポーズする際に贈る指輪のことで、結婚する前につけます。

何故結婚の申し込みをする時に指輪を贈るのかというと、婚約指輪には「永遠」という意味が込められているからです。

つまり婚約指輪を贈るということは、「永遠に一緒にいる」という気持ちがあるということなんですね。

もちろん、婚約指輪を贈ったからといって結婚生活が絶対に円満になるというわけではありませんが、婚約指輪にはちゃんと意味があるんです。

今は、婚約をせずに結婚をする人が多かったり、節約をするためなどの理由で婚約指輪を買わないカップルも多いです。

婚約指輪は給料の3ヶ月分と言われているように、婚約指輪は結婚指輪よりも高価になることが多いですからね。

婚約指輪は結婚後もつける指輪ではなく、婚約期間にだけつける指輪なので、凝った指輪になることが多いからです。

結婚指輪は結婚している間ずっとつける人が多いので、デザインに凝るよりも毎日つけていても邪魔にならず、飽きがこないシンプルさを重視する傾向にあります。

なので、「お金が無いから婚約指輪はなし」というカップルも少なくないんです。

しかし、婚約指輪って実はあった方がいいんです。

「指輪に興味が無い」という人も、恋人と結婚すると決めた時は婚約指輪を贈ってもらいましょう。 今回は、何故婚約指輪はあった方がいいのか、その理由について紹介していきたいと思います。

自分達が結婚に向けて意識出来る

結婚

婚約指輪があった方がいい理由1つ目は、「自分達が結婚に向けて意識出来るから」です。

婚約指輪を贈る、貰うということは、お互いに「結婚したい」という気持ちがあるからですよね。

その気持ちは「いつか結婚したいね」とか「ゆくゆくは結婚出来ればいいね」というような軽い気持ちではなく、「絶対に結婚する」という強い思いでなければいけません。

どんな人であれ婚約指輪の相場と言われている「給料3ヶ月分」は、軽い気持ちで出せる額ではないと思います。

3ヶ月間一生懸命働いたそのお金で買う指輪ですから、結婚に対して強い気持ちを抱くのは当然ですよね。

婚約指輪がないと、お互いにどこで結婚に対して強い気持ちを持てばいいのか、分からなくなってしまうかもしれません。

いくらプロポーズをしたとはいえ、婚約指輪がないと「絶対に結婚するぞ」という気持ちが持ちにくくなります。

「本当に結婚出来るのか」とか「相手は結婚したいと思っているのか」など、不安な気持ちを持っていたら結婚に対して積極的に行動出来ませんよね。

プロポーズをされてお互いに結婚の意思を確かめ合ったら入籍日や結婚後の生活のことなど、話し合わなければいけないことが沢山あります。

でも婚約指輪があるかないかによって、その話し合いの真剣度が変わってしまうこともあるんです。

婚約指輪という2人の気持ちの証があることで、安心して結婚に向けて進めていくことが出来るんです。

他の異性が近寄りにくくなる

指輪
この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

最近は指輪をせずに結婚する人も増えていると聞きますが、従来のように指輪を重視することもあると思います。結婚の意識を強めたりする上では、とても重要なアイテムと感じます。プライスは特別高いものでなくても良いのではとも思います。

1 名無しさん
通報

結婚指輪をちゃんと夫婦2人揃ってつけてる人を最近全然見なくなりました。気付かないだけの可能性もあるけど。奥さんだけしてたり、旦那さんだけしてたりとか。でも夫婦揃って指輪つけてる姿を見るとほっこりしますよね。年取ってもそういう夫婦は憧れます。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー