「ケンカするほど仲が良い」は本当?仲良しカップルが続く秘訣は?

「ケンカするほど仲が良い」は本当?仲良しカップルが続く秘訣は?

724

昔からよく「ケンカするほど仲が良い」と言われていますよね。「本当にそうだな」と感じる人と、「それは違う」と感じている人とがいると思います。この言葉が真実になっているカップルとは、どのようなケンカをしているのでしょうか?

724

ケンカをするほど仲が良いというのは、どんなカップルにも当てはまっているわけではありません。では、この言葉の通りになっているカップルとは、どんなケンカをしているのかを探ってみたいと思います。

実はケンカのしかたに違いがあった!

やみくもにケンカばかりしていれば、仲良くなれるなんてワケないですよね!

以下のような秘密がありそうです。

相手の人格を否定するような言い方はしない

何かに腹が立っても、相手の人格が傷つくような、まるで全否定するような言い方はしません。自分が何に腹を立てているのか、そしてどうして欲しいのかを、分かりやすく伝える努力をしています。

男性から女性へ

・怒鳴ったりしない。

・頭ごなしに言わない。

女性から男性へ

・曖昧な言い方をしない。(曖昧にされると男性は真意を分からない)

・上から目線で言わない。

こんなことに気を付けて、自分の気持ちを分かりやすく伝えるとともに、もちろん相手の気持ち・言い分もしっかりと聞くようにしています。話し合いがちゃんと出来るカップルは、長続きしやすいのです。

ちょっとした不満はユーモアを交えて

ささいな不満なら、笑いながら、冗談交じりに言うようにしています。そうすることで、言われた側もいちいち深刻になったりせず、ケンカの途中でも笑ってしまうことも。嫌な気分にもなりにくいので、相手の不満を聞き入れやすくなります。

意地の張り合いをしない

お互いに意地を張り合うことなく、悪いと思った時にはきちんと謝ることが出来ます。そのため、無駄にケンカが長引いたりしません。

参考になりましたか?

ぜひ、次のケンカの時は意識してみてくださいね!

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事
あわせて読みたい! こちらもチェックしてみよう!
フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー