失敗例から学ぶ!合コンでモテる振る舞いとは

失敗例から学ぶ!合コンでモテる振る舞いとは

1876

週末に合コンがある!なんていう方は必見です!せっかくのチャンスです!モノにしなきゃもったいない!!もしもの為に読んでおいて損なしの合コンでモテる(勝てる)振る舞い方法です。

1876 |

恋人候補を探す出会いの場、合コン。

出会いの場はいくらでもあるのに、なぜか恋愛につながらないという人は、その時の自分の行動を要チェックです。

ついやりがちな失敗例と、狙いをはずさないモテテクをまとめました。

女子とのおしゃべりは2次会以降に!

合コンに一緒に行く女子同士はふつう、中のいい友達であることが多いもの。さらに久しぶりにあったりすると女子同士で盛り上がってしまうことがあります。でもこれはせっかくの出会いを遠ざけてしまうことになります。女子同士の語りの場は2次会以降に設けて、1次会は新しい出会いを楽しみましょう。

「出会った男性がつまらなさそう…」と思った時

出会った男性たちにすぐに魅力を感じられないとき、つい女子同士で盛り上がってしまいがち。

ですが、目の前の男性はお喋りが苦手なだけでゆっくり付き合うととても魅力的な人かもしれません。

すぐにジャッジを下さず、相手の話をじっくり聞いてあげましょう。聞き上手に徹することで相手からも好印象を抱かれます。

「それでそれで?」「それってこういうこと?」などの相槌を活用して、相手から話を引き出しましょう。

スマホをいじりだすのは最悪のパターン

同席の女子や、その場にいない人からLINEなどが入るとつい気になって返信したりしてしまいますが、それは場を盛り下げてしまう行為。

スマホはいったんカバンにしまって、目の前の人たちとの交流に集中しましょう。

トイレに立った時にささっと返信して、スマートにふるまいます。

気配り上手を演出するには

気の利く女性がモテる、といいます。しかし、意外な勘違いがそこには潜んでいます。

なんでも仕切って、中心になって飲み物をオーダーしたり、人を押しのけるようにしてサラダの取り分けをしたりすると、「がっついている」「気が強そう」という印象を抱かれてしまうことも。

仕切りたがりと、気配り上手は違うのです。

気配りは「さりげなく」

「サラダ食べる人!」とみんなに声をかけるのでなく、目の前の人に「サラダ食べますか?」とその人にだけ聞こえる程度の声で伝えるのがポイント。

大きい声を出しすぎず、ここぞというときにさりげない提案やお手伝い程度にとどめます。

何もせず周りにお任せしてしまうのも却って印象が悪かったりするので、「気にかけている」というそぶりは見せておきましょう。

「お里が知れちゃう」下品な行動にご注意

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー