お互いがいないと死んじゃう?恋愛中の共依存から抜け出す方法3つ

お互いがいないと死んじゃう?恋愛中の共依存から抜け出す方法3つ

3383

カップルが「お互い、いなければ私は生きていけない」と感じているその気持ちは「共依存」です。共依存カップルは悩みがないとか、幸せになれると思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。共依存は治していかなければいけないのです。今回は、共依存から抜け出す方法を紹介します。

3383 |

共依存は幸せになれない?

女性

「依存」という言葉は恋愛以外でも使われていることが多いので、意味を知っている人も多いと思いますが、「共依存」という言葉になると、意味を知らないという人もいるのではないでしょうか。

「共依存」とは、漢字を見ての通り簡単に言うと「共に依存している」ことです。

つまり「共依存」は人間関係のことについて使われている言葉で、特にカップルに多いんです。

共依存カップルになると、お互いに相手なしでは生活することが出来ません。

ご飯を食べる時でもお風呂に入る時でも、もちろん外にいる時でも恋人と一緒にいないと不安になってしまうので、常に一緒にいます。

離れている時間がないようにしたいので、中にはそれまで勤めていた会社を辞めて、恋人と一緒にいられる時間を作るようにしたという人もいます。

共依存は、自分だけではなく、相手も自分なしでは生活出来ないと思っているので、相思相愛で羨ましいと思ってしまうかもしれませんが、共依存カップルは幸せになることが出来ないといわれています。

相思相愛なのはいいことですが、お互いにお互いの存在に依存していてもいいことはないんです。

「私はここままだとダメになってしまうのではないか」と気付けた人は、今が共依存から抜け出すチャンスです。 共依存を抜け出すことは簡単なことではないと思いますが、自分がこれから幸せになるためには、共依存から抜け出さなければいけません。

そこで今回は、共依存から抜け出す方法について紹介していきたいと思います。

①1人で出来ることを増やしていく

女性

共依存から抜け出す方法1つ目は、「1人で出来ることを増やしていく」です。

依存している人は、依存している相手に対して「私が何でもしてあげたい」と思っているので、食事を作ることはもちろんのこと、服を脱がせてあげたりとか靴下を履かせてあげたりとか、相手が求めていることを何でもします。

共依存は一方的な依存ではなくお互いが依存しているわけですから、自分が相手にしてもらったことを相手にもしてもらえるんです。

すると、自分1人では靴下を履くことさえも出来なくなってしまうんです。

好きな人にはこんなことをしてあげたい、という気持ちは依存しているしていないに関わらず、誰にでもあると思います。

でもその気持ちを全て満たしてはいけません。

人間は1人では生きていけないなんて言われていますが、身の回りのことは誰でも1人でこなしていけるものです。

共依存から抜け出すためには、1人でこなしていけることを増やしていきましょう。

初めは靴下を自分で履く、自分が食べる料理を作るなどといった簡単なことで構いません。

初めから大きなことをやろうとすると失敗しやすいですし、失敗が増えてしまうと共依存から抜け出す力がなくなってしまうと思います。

折角「共依存から抜け出したい」と思えたのですから、確実に共依存から抜け出せるようにしましょう。

重度の共依存の人にとっては、どんなに簡単なことでも恋人に泣きついてしまうと思いますが、恋人の手を借りず1人でやりましょう。

女性だからこんなことは出来ないとか、1人でやったことがないから出来ないなんてこともあるかもしれませんが、案外女性1人でも出来ることって沢山あるんですよ。

生きていくために必要なことは、どんな女性でも1人で出来ると思います。

恋愛をお休みする

カップル
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー