カップルのケンカによくある5つの原因

カップルのケンカによくある5つの原因

1774

あぁ〜!!なんであんなことでケンカになっちゃったんだろう・・・。そんなことって本当によくありますよね。カップルのケンカの理由って、周りからするとなんだかニヤニヤしちゃいます。

1774

カップルがケンカをすることも、実際にあるのではないでしょうか。でもそれには原因があることがほとんどです。

ケンカの原因になりやすいことを知っておけば、ケンカを未然に防げるかもしれません。

今回はケンカの原因としてよくあることについて、お伝えしていきましょう。

ヤキモチや嫉妬が原因

相手のことを好きになればなるほど、ヤキモチをやいてしまったり、嫉妬をしてしまうことがあるものです。

それは独占欲にもよるものかもしれません。でも過度なヤキモチにより、相手に嫌気がさしてしまうこともあります。

少しのヤキモチなら嬉しいものでも、過度なものになると「自分を信じてくれていない」というように思えてしまうものなのです。

嫉妬についても、責めるような言い方をされるとそれによって、ケンカになることもあるでしょう。

出来るだけ相手を信じることにより、ヤキモチや嫉妬が減る可能性は高いです。信じてもらえるように意識することも大切ですね。

連絡に関することが原因

連絡を全然してきてくれないということや、返信が遅いなどのことで、連絡のことが原因になり、ケンカをするカップルは多いです。

女性にとっては連絡が愛情のバロメーターになっていることも多いのです。

そのため、連絡頻度が少ないと「愛されていないのかも…」と落ち込むことになってしまいます。

そしてそれを彼氏に伝えると「忙しい中頑張って連絡をしているのに!」と、ケンカになってしまうことが多いのです。

連絡頻度については、お互いにある程度話し合っておくことが必要です。

元々連絡があまり得意ではないというタイプの男性は多いです。それを女性に理解してもらうことが必要なのです。

価値観の違いが原因

男性と女性は元から価値観が違うことが多いです。考え方の違いというものがあるのです。

でも、相手の価値観を受け入れることが出来なくて、こちらの価値観を理解してほしくてケンカになることもあるでしょう。

実際にそれは仕方が無いことかもしれません。

でもそこでケンカをしてもどちらかが妥協したり、譲歩出来るかどうかによってケンカが長引いてしまうことになります。

出来るだけケンカをしないためには、相手の価値観を受け入れるようにしてあげることです。

もしくは、お互いの価値観をそれぞれ認め合うということをしてみましょう。

そうすれば、ケンカはかなり軽減することでしょう。

記念日についてのことが原因

この記事が気に入ったらシェア♪
1 ひとつだけ
通報

連絡があまり来ず、連絡するのはいつも自分ばっかりというのは正直ツライです。初めのうちは楽しくて、私から何通も送っていたんですが、それに短文の返事しか来ないことばかりで、次第に送るのが億劫になってしまいました。連絡は来ない、でも私もほとんどしないというのは嫌ですね。もっと連絡して!って言っても、言った直後だけだったし。

編集部PICKUP
関連する記事
フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー