おとなしい女性に捧ぐ!素敵な恋愛で魅力的な彼氏と付き合うには?

藍色

おとなしい女性は、自分が恋愛下手だと思っていることも多いと思います。でも大丈夫。あなたの特徴を理解してくれる彼氏と付き合えばいいのですから。あなたを理解してくれる彼氏とはどんな人?おとなしい女性は、どうすれば素敵な恋愛ができる?この記事では、おとなしい女性が素敵な恋愛をする方法を解説します。

おとなしい女性の特徴


そもそも、おとなしい女性の定義ってなんでしょう。

おとなしい女性の特徴を聞いてみると、だいたいこんな答えが返ってきます。


・無口

・暗い

・穏やか

・地味

・謙虚

・おしとやか

・真面目そう

・優しそう

・ミステリアス

などなど。


プラスのイメージもマイナスのイメージもありますね。

男性の中には、おとなしい女性と恋愛したいと思っている人が大勢います。

しかし、いざ付き合ってみると、「守ってあげたいと思っていたのに、意外としっかりしている」「意外と芯が強い」と、彼氏がギャップを感じることもあるようです。


周囲の人はおとなしい女性に対して、上に挙げたようなイメージを持っていますが、本人が自覚しているイメージは次のようなものであることが多いのです。


・繊細

・芯が強い

・我慢強い

・自立している

・気配りができる

・空気が読める

という具合です。


では、どうしてそのようなギャップが生まれるのでしょう?

おとなしい女性はこうして作られる


おとなしい女性は、幼少時代に周りの大人の感情に振り回されて育った経験を持っていることがほとんどです。

親が気分屋で、理由もわからずに叱られることが多い場合、子どもはいつ怒られるかわからないので常にビクビクし、大人の顔色を伺いながら生活するようになります。

また、親が躁鬱気味の人は、幼少の頃、精神的にとても苦労します。

昨日まで機嫌が良かったと思うと、今朝は急に落ち込んでいたり、自分のストレスを我が子にぶつけたりするからです。

幼少期の子どもは親が世界のすべてで、その小さな世界の中でしか生きていけません。

ですので、子どもは親が怒っていたり落ち込んでいたりすると「自分が悪い子だからだ」と思ってしまいます。

たとえ親の怒りや憂鬱の原因が全く別のところにあって、理不尽にイライラをぶつけられたり怒られたりしてもです。

それで、親の情緒が不安定だと、子どもは自分を責めながら、親の顔色を伺いビクビクしているしか、なくなってしまうのです。


また、長女だった場合、いつもしっかりしていること、下の子への見本となることを求められ、甘えたいという自分の欲求を押し殺して生活している場合も多く見受けられます。

長女は弟や妹の面倒を見れば褒められます。

それで、自分が甘えたい時にも我慢して、弟や妹を優先して「良い子」を演じることで、褒められる=親にとって特別な存在でいられることを選ぶのです。


何をするにも常に大人の顔色を伺い、なおかつ親の意見に従って生活することが安全で楽だと、幼い子どもは無意識のうちに気づきます。

そして、知らないうちに自分よりも大人や他の人を優先させる態度が身についてしまいます。

持って生まれた個性がおとなしくなくても、幼少期の環境によって「周りから見ればおとなしい」性格が作られてしまうのですね。

これが、「おとなしい女性」が作られるからくりです。


また、大人の感情を優先して成長する子どもの多くは、頭脳明晰で学校の勉強もよくできる人が多いのも特徴です。

ですので、自己分析能力が飛び抜けていたり、他人が思っている以上に人のことをよく観察して状況を把握しています。

そのため空気を読むのに長けていたり、人の思いを察して行動することができるのです。

おとなしい女性が「よく気がつく」「優しい」と言われるのはそのためなのですね。

また、幼少期から傷つく体験をしてきたため、繊細な心を持っていて他人にも優しく接することができます。


幼少期は、家庭の中では余計なことを言えば怒られるかもしれないし、自分より親や兄弟を優先する癖がついているため、自然と口数が少なくなります。

その方が楽だし安全だからです。

しかし、だんだん成長してくると、いつまでも親の顔色を伺って親の指示のもとに生きるわけにはいかなくなります。

自我も芽生えてきて、自分の考えを持ち始めるからです。

家庭の中では我慢していた方が楽でも、学校では我慢していたり口数が少ないと、いじめの対象になったり「何を考えているのかわからない」と友達ができにくかったりします。


自分の考えを表面に出せないのに不当にいじめられたり、敬遠されたりするとストレスを感じてしまいますよね。

そして、人と関わることが苦手になり、生きるのがだんだん辛くなってきてしまうのです。

せっかく彼氏ができても、彼氏に本音が出せない人も多いようです。

親にしていたように、彼氏の感情を優先して振り回されてしまうからです。


本当は繊細で優しく、しかも我慢強く頭脳も明晰なのが、おとなしい女性の内面です。

そして、そのことに気づいてくれる男性は必ずいます。

おとなしい女性が陥りやすい恋愛「共依存」とは


おとなしい女性が陥りやすい恋愛関係に、共依存があります。

恋愛における共依存とは、字のごとくお互いに恋愛の相手に対して依存してしまう関係のことです。

共依存は、あまりよろしくない関係です。

なぜなら「依存」という言葉がつくのは「アルコール依存」「買い物依存」「薬物依存」などで、いずれも何かに異常なほど執着して頼らなければ、自分を保てない状態を指すからです。


依存症の中には「恋愛依存症」も含まれます。

恋愛依存症は、恋愛をしていないといても立ってもいられず、継ぎ目なく彼氏を変えていく人のことです。

恋愛依存症については、また別の機会にお話ししますね。


恋愛における共依存とは、お互いの存在に執着し、お互いをダメにしてしまう依存症のことです。

共依存になっているおとなしい女性は、彼氏をダメンズにしてしまう可能性があります。

恋愛で共依存になっているおとなしい女性は、具体的には次のような特徴があります。


・彼氏がいないと生きていけないと思ってしまい、彼氏を束縛する

・彼氏に必要とされたいので、色々と世話を焼く

・自分のことは二の次。彼氏優先の生活で安心する

・この恋愛こそ全て。この恋愛が終わるなんて考えられない


親の感情に振り回されて育ったおとなしい女性は、自分が大人になると今度は優先する対象を彼氏にすり替えます。

自分の存在意義を「認めてもらうこと」でしか確認できないからです。

ですのでおとなしい女性で、恋愛で共依存の人は、彼氏に色々なことをしてあげます。

床に散らかった脱いだ服を畳んであげる、朝は起こしてあげる、市役所や郵便局も代わりに行ってあげる、靴下を履かせてあげる人もいますね。

一見とても優しい行為のように思えますが、彼氏が自分でできることを全て取り上げてやってしまうのです。


恋愛で共依存のおとなしい女性は、自分は良いことをしていると思います。

ですので、ひどい場合にはDVに発展してしまっても、自分の都合の良いように解釈して離れられなくなります。

例えば、彼氏に殴られても、「殴った時の彼氏は本当の彼氏じゃない。だって我に返って後から涙を流して謝ってくれるもの」などと思ってしまうのです。

認知が歪んでいることすら気づかず、人から別れるように言われても別れないのは、彼氏が自分を必要としていると思いたいからです。

彼氏が必要としてくれて、認めてくれて、初めて自分の存在意義を確認できるのです。

だからこそ、この恋愛、この彼氏に執着し、失うことを極端に恐れています。

共依存の状態では、自分軸で生きているのではなく、彼氏という他人軸で生きていると言えるでしょう。


恋愛で共依存になってしまう女性のタイプの多くには、ある共通点があります。

・困っている人を見ると見過ごすことができない

・我慢強い

・自分を犠牲にしてでも他人を幸せにしてあげたくなる


これってまさに、長女タイプやおとなしい女性のタイプですよね。

そして、そんな女性に惹かれるのが「回避依存」という性質を持った男性です。


回避依存の男性の特徴は、次の通りです。

・人と親密になるのを避ける

・束縛されるのが嫌い

・命令したり独裁的に振る舞う

・人の上に立ちたがり、コントロールする

・気分屋


こういった男性は、恋愛中の彼女がおとなしい女性で、なんでもいうことを聞いてくれているうちは彼女に優しくします。

ですので、おとなしい女性は「頼りがいのある優しい彼氏」だと思います。

しかし、女性の方が頭が良かったり稼ぎが良かったりすると手のひらを返したようになります。

いつでも自分が上に立ちたい、支配したいからです。

また、ラブラブな恋愛中でも束縛されたり人と深く関わるのを嫌うため、追求されたりこまめな連絡を要求されると、急激に気持ちが冷めてしまいます。

おとなしい女性が素敵な恋愛を手に入れるには


人に認めて欲しい気持ちが強いおとなしい女性も、「共依存」ではなく、素敵な恋愛や彼氏を手に入れることができます。

それは、「自分軸で生きる」こと。

自分軸で生きる人は、他人の評価や他人の目など気にしません。

一人で映画も見に行けるし、ランチにも行けます。

彼氏のスケジュールを全て知らなくても不安になりません。

周りが結婚し始めても動揺しません。

なぜなら、「自分は自分」「自分はこうしたいからこれでいい」と思うからです。


それは自己中心的でもわがままなのでもなく、自信があるからできること。

自分軸で生きられると、やりたいことをいちいち人の目を気にせず自由にできるようになるので、ストレスもなくなります。

とても開放的で不安がなくなり、恋愛だけでなく全体的に生きやすくなります。


では、どうしたら自分軸で生きられるのでしょう。

それは、あなたが寝食を忘れてでもやりたいこと、好きなことを見つけることです。

あなたがお金を払ってもらえなくても、やらせて欲しいと思うことはなんですか?

小さい頃、夢中になったことはなんですか?


あなたの本当にやりたいこと、やりたかったことは、そんなところに潜んでいます。

「こんなことしたら家族に迷惑がかかるから」

「お金がないし、時間もないし」

「今更やったってもう遅い」

そんなことを考えて諦めてはいませんか?

色々とやらない理由をつけて諦めてはいけません。

やらない理由を「こうすればできる」に変えて、ぜひチャレンジしてみましょう。


あなたの心が本当にやりたいことをやり始めた時、ウキウキやワクワク、充実感がたくさん味わえます。

そして、ウキウキやワクワク、充実感が積み重なっていくと、いつのまにか他人の評価や目などどうでもよくなってしまうのです。

本当にやりたいことは、やり始めたら止まらないし、人にどう見られているかなんてどうでもよくなってしまうからです。

あなたが好きなことに没頭すればするほど、内側から力と自信が湧いてきますよ。

それは、「あなたにしかできないこと」だと分かっているから。

「あなたにしかできないこと」が見つかった時、あなたは自分を大切にしているし、自分の心を優先しているはず。


自分が大好きなこと、本当にやりたいことをやると、内面から輝き始めます。

そして、あなたが充実感に満ちて楽しく毎日を送っていると、やがてあなたを素敵だなと思う男性が現れます。

自分を満喫して輝いているあなたを好きになってくれる男性が、本当にあなたを愛してくれる彼氏です。

そして、共依存ではない、素敵な恋愛がスタートします。

おとなしい女性が上手に恋愛するには

周りから見ておとなしい女性は、実はうちに秘める大きなパワーを持っています。

もし、自分に自信がなければ、それはまだ自分で自分の魅力に気がついていないだけ。

誰かに認められないと自分の存在が確認できない人は、恋愛しても彼氏と共依存の関係になりがちです。

そうなると、あなたも彼氏も楽しい恋愛どころか本当に苦しい体験をしなければなりません。


誰でも心の奥に「本当にやりたいこと」「本当に好きなこと」があるはずです。

やらない理由は脇に置いて、心の底からやりたいことをやり始めましょう。

きっと充実したあなたを素敵だと思ってくれる、素晴らしい男性が現れますよ。

その人こそ、本当に心からあなたを愛してくれる彼氏になります。

どうぞ自分を解放して、素敵な恋愛を楽しんでください。

「おとなしい女性に捧ぐ!素敵な恋愛で魅力的な彼氏と付き合うには?」を読んだ人に人気の記事
ここからが大人の恋愛?大学生カップルの恋愛事情はこんな感じ!中高生時代までの甘酸っぱい恋愛とはワケが違う!?大学生の恋愛ともなれば、すっかり大人の恋愛♡と思いつつも、大学生には大学生なりの恋愛事情があるんです☆大学生ならではのありがちな恋愛パターンに、今大学生の人もこれから大学生になる人も楽しめること間違いなし♪
いい恋ができない理由は?不幸な恋愛から抜け出すため5つのヒント「不幸な恋」ばかりを繰り返している女性をよく見ます。不倫に走ったり、ケンカばかりしたり、騙されたり…。しかしそういう恋愛に時間を費やすために生まれてきたわけではありませんよね。今回は不幸な恋から抜け出すための5つのヒントをご紹介します。
彼女からいじられ、攻められる事が喜び?!ドM男性のトリセツ!皆さんは、ドMについてどう思いますか?なんか変態みたいというイメージが多いと思いますが、実はめちゃくちゃ良い人達なんです!今回は、ドMの取り扱い説明書と題しまして、様々な事を紹介していきたいと思っています。それではいきましょう!

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事

    • 【恋愛はめんどくさい?】あなたの考え方次第で幸せな恋はできる!

      恋愛がめんどくさいからしないという人は、増えてきているそうです。確かに恋愛って正解がないので悩むことも多いし失敗してしまうことが多いので、めんどくさいんですよね。でもこの恋愛のめんどくさい気持ちを軽くさせることは、出来るんです。今回は、その方法について紹介します。

    • 「恋愛できない私は変なの?」人を好きになれない女性の4つの特徴

      沢山恋愛を経験している人もいれば、年齢を重ねても中々人を好きになれないままでいる人もいます。人を好きになれないと、恋愛だけではなく友達や家族との関係も上手く築いていけません。今回は、人を好きになれない人にはどんな特徴があるのかについて紹介します。