第2回 お見合いの席で失敗しないようにする方法!~作法編~

第2回 お見合いの席で失敗しないようにする方法!~作法編~

2714

作法なんてわからないよ!お見合い?!どうしよう!?そんな時、恥をかかないようにお見合いの作法をまとめてみました。失敗を極度に恐れる必要はありません。お見合い初心者の方は、前もって読んでみてくださいね♩

2714

■お見合いのお話が来たら

お見合いの話が来る場合、相手からお見合い写真・釣書・家族書など一定の書類が世話人から渡されます。もし急なお見合いだとしても、内容を確認せず即座に断るのは大変失礼にあたりますので、まずは一旦お預かりしましょう。

お見合いを受ける場合

お見合いを受ける場合は、自身のお見合い写真・釣書・家族書など一定の書類を用意し世話人に渡してもらいます。そのほか所定の書類がある場合は世話人から伝えられることもありますので、前もって準備を進めましょう。

形式に沿ったものだとしても、どういった書式でどういったものを提出するのかを世話人と打ち合わせの上で決めていくと後々のトラブルを避けることができます。基本的には、相手が提出したものと同様のものを提出することが多いです。

お見合いを断る場合

お見合い相手に直接話して断ることはまずありません。必ず世話人に今回は・・・ということでお話をしましょう。

断る理由もある程度明確にしておくことが大切です。世話人も相手にどういった理由で断られたと伝えなければいけませんので、差しさわりのない形で(世話人には正直に話してOK)伝えてもらいましょう。

もし、今後もお見合いの話を持ってきていただきたい場合は、自身の要望を詳しく(譲れない部分は特に)世話人に話しておくことで、今後紹介してくださる相手が要望に沿った方になりやすいと思います。

直接連絡が来てしまったら

断った後、直接連絡が来てしまった場合は世話人にお話しております、という形が望ましいです。断られた理由に納得がいかなくても、世話人を通さず直接連絡するのはマナー違反です。

すぐに世話人に連絡するとともに、直接お断りした理由を話さないほうが(すでに伝わっているとしても)無難です。

結婚を焦るあまり不躾な質問や行動をとる人が間々見られます。悪気があって行動をしているわけではないということが多く、相手は気に入っていたのに!と諦めきれない気持ちから動いてしまうことが多いようです。

■お見合い当時の服装とは

お見合い当日の服装について

よく、聞かれることに「お見合いのとき、どんな格好で行けばよいですか?」があります。 普段よりちょっとだけ可愛く女らしい装いを心がけること、これはすなわち、お相手の方への礼儀と気構えだと思います。
出典:http://www.kekkon-en.com/omiaistyle.htm
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事
出会いのおすすめ! おすすめコンテンツをお届け!
フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー