同棲までして別れてしまうのは何故?受け入れられない5つの理由

同棲までして別れてしまうのは何故?受け入れられない5つの理由

5038
update

一般男女の、お付き合いの進化系とも言える「同棲」は、まさに結婚秒読みでここから別れてしまうなんて...と思われますが、同棲したからこそ見える「受け入れられない理由」があり、それにより別れるケースもあるのです。今回はその理由を5つ記述します。

5038
update

同棲して初めて分かる「受け入れられないこと」

カップル

お互い自宅があり、あくまで「外」で付き合っているカップルは、お互いのことを理解しているつもりでも、その素性を完全に把握できている訳ではありません。

実のところ一緒に生活しなければ分かり合えないところもあり、同棲とはまさにそれが明るみになる付き合い方となるのです。

同棲により、相手がどのような人物なのか等の素性が露わになり、そこで初めて相手のことを理解できる部分があると言えるでしょう。

ですが、理解できる部分を理解できたのは良いのですが、もしそれが彼に受け入れられない、また自分が受け入れられなかったらどうなるのでしょうか?

そうなれば、もちろんその同棲は別れという形で、終わりを迎えることになると思われます。

しかしまだ同棲が始まったばかり、または同棲しようと思っている方ですと、何が受け入れられて何が受け入れられないかが分かりません。

おおよそ一般常識さえ遵守していれば問題はないのでしょうが、もしかすると意外な部分が受け入れられないかもしれませんし、現状それを知る由がないのです。

なので以降において、結婚秒読みとなる同棲までしておいて、別れてしまうその理由を5つお伝えしますので、それらを予備知識として、同棲の際に留意事項としましょう。

今回の場合は、おおよそ「彼の受け入れられない部分」という女性視点で記述しますが、もちろんあなたにも置き換えられる部分がありますので、思うところがあれば改善しましょう。

生活がだらしない

男女

「外」で付き合う分には全く見えない、そして同棲までして別れてしまうカップルの、かなりの割合を占める理由となります。

彼は同棲するまで、待ち合わせにはビシッとした格好をして、エチケットも完璧、だらしなさなんて微塵も見えなかったのだと思います。

ですが同棲を始めてからと言うもの、家着はよれよれの無地Tシャツのパンツ一丁、歯磨きもしない、お風呂は3日に1回、夜遅くまでパソコン、休日は11時を回ってようやく起床...。

さらに、パンツに手を入れてお尻を掻いたり、鼻をほじったり、お風呂上がりは全裸でうろうろするなど、デリカシーのない行動も含まれることがあります。

しかもこの理由、エチケットを軽視していることにより不快感を伴ったり、夜遅くまで起きている影響で寝不足など、あなたに対する生活の阻害も併せて勃発することになります。

百年の恋も一瞬で冷める現実に、別れを決意するのはそう難しくはないでしょう。

この場合の彼は、今いる場所が自宅だと緩みきっていることが伺え、それに伴い上記のような行動が幾度となく現れるのだと考えられます。

とは言え自宅であるのはあなたも変わりがなく、同居人に不快感や生活の阻害を及ぼすだらしなさについては、彼に逐一注意して改善を求めていくのが望ましいでしょう。

もっとも、彼がそのような行動となっているのは「普段から」なので、完璧な改善ははっきり言って期待できません。

なお、あなたも一度自分の生活を見直す必要があります。

もしかすると、あなたもそのような生活を無意識にしている可能性があり、彼がすでに別れを考えているかもしれないからです。

自分のだらしなさに気付いたときは、彼のだらしなさだけを見て別れを決意するのも何ですので、「お互い様」な部分には目を瞑りましょう。

お金使いが荒い

お金
ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (3件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

3 ゆう
通報

小さなすれ違いの積み重ねが

いつのまにか修復不能な状態に…

お互い思いやれれば

最高のパートナーも

どちらか思いやりが欠けてしまえば

寂しい思いをさせてしまう

男性は気付く努力、

女性は伝えてあげる、

成長していつか笑顔で会えたら良いな

確かなことがあるとするのならば

君は綺麗だ…ってね

2 名無しさん
通報

同棲してみたからこそ分かったことって沢山あると思うな。例えば、彼の生活があまりにもだらしなくて、何度注意しても直さなかったり。お金の使い方が荒いと、正直これからも一緒に住み続けるのは難しいと思いますよね。

1 名無しさん
通報

全部当てはまってて結局別れました。

当てはまってもそれをきちんとお互い伝え合って、改善していけるんならいいと思うんですが、

私たちの場合はうまく伝え合うことができなくて、譲り合いの精神がなかったですね。

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー