似合ってる?いい女風に見せるファッション&メイクの失敗ケース!

mimi

いい女風に見せるファッションやメイクを意識している人もいるはず♪せめて雰囲気だけでもいい女に見せたい!なんて思っている大人女子は多いですよね。しかしいい女風のファッションやメイク、誰にでも似合うというわけではないんですね。何かがおかしい!それはこんな失敗をしているからかも!

いい女風にしてるのに「何かが変」なのはこれを失敗しているから!


パッと見でいい女に見えるそんなファッションやメイク。

意識していい女風を装っている大人女子は多いはず!

しかしいい女風にしているはずなのに、いい女感が全く出ていない!

むしろ逆効果!?なんて人は、こんなところに失敗しているのかもしれません!

いい女の象徴!「赤リップ」が似合っていない!


いい女風のメイクと聞くと、真っ先に頭に思い浮かぶ人が多いのが「赤リップ」ではないでしょうか?

赤リップをつけるだけで、女の色気を出すことができる!そんな風に思ってしまうものですよね。

いい女風に見せるためには、色気を感じさせるメイクが必要だと考えるもの。

そのためいい女風に見せるために、メイクに赤リップを取り入れている女性は多いはず。

しかしこの赤リップが、いい女風に見せるのは失敗させているケースもとても多いんですね。


たしかに赤リップがバッチリと決まれば、それだけで色気が出ていい女風に見せることができます。

しかし実際に赤リップがバッチリと決まる女性は、間違いなくごく一部。

リップの色として赤というのは、決して肌馴染みの良い色ではありません。

赤リップが似合う女性というのは、はっきりいって少ないんですね。


基本的には色白で透き通るような素肌をしている女性には、赤リップが似合うと言われています。

では自分はどうなのか?当てはまる!って人、決して多くはないはず。

赤といってもいろいろな色味はありますが、馴染みやすいのではないかと暗めの赤リップを選んだとしても、顔色が悪く見えてしまったり、老けて見えてしまう原因になったりもするんですね。

それくらい赤リップというのは難しい色なんです。

いい女風=赤リップと思い込んでしまうのは危険!

ボディラインの出る服装…出すとこ間違っている!?


いい女風のファッションをするのであれば、ボディラインの出る服装を選ぶというのも大切なこと。

だからといって、ボディラインを全て出せば良いというわけではありません!

いい女風のファッションをしているつもりなのに、ボディラインの出しすぎでスタイルが悪く見えてしまうのでは、意味がありませんよね。


ボディラインの出る服装を選ぶということは、たしかに必要なことですが、問題はどこを出すかということなんですね。

出すところによって魅力的に見えなければ、いい女風のファッションにはならないわけです。

つまり自分にとって自信のあるパーツ、あるいは自分にとってはコンプレックスであっても、出した方が女性らしさが出るパーツを出していくことが大切なんですね。

自信のないパーツやスタイルが悪く見えてしまうパーツに関しては、わざわざボディラインを見せる必要はないということ!


たとえば下半身太りで下半身に自信がない人は、下半身が分かりやすいラインのボトムスを選ぶ必要はありません。

その代わり上半身でボディラインを出すようにし、バランスをとるようにするというのが大切なんですね。

下半身太りが気になるのに、ぴったりとしたトップスにタイトスカート…なんてファッションだったらどうでしょうか?

いい女風に見せるつもりが、スタイルの悪さの方が悪目立ちしてしまうはず。

どこを出すかをよく考えることが、いい女風のファッションのポイントですよ。

その巻き髪…ちょっと古いかも?


いい女風に見せるためには、髪型だって大切!

やはり髪型を「巻き髪」にする女性は多いはず。

巻き髪ってそれだけで女性らしく、色気があるように見えるものです。


しかし!巻き髪にすれば良いというものでもないわけですね。

というのも巻き髪のせいで、いい女風に見せるのを失敗してしまっていることも多いからなんです。

巻き髪も時代によって変化しています。

しかし昔から巻き髪を楽しんでいるという女性の中には、巻き方を昔のまま変えずにいる人がいるんですね。

つまり巻き方がちょっぴり古く見えてしまうんですね。

いい女風に見せるために巻き髪にしているつもりなのに、なんだか雰囲気がおばさんくさい!古い感じがする!なんて女性、実は結構多いのです。


きつくグルグルに巻く巻き髪というのは昔の流行。

最近はゆるくナチュラルな巻き髪が主流になっていますし、トップにはボリュームの出ない巻き髪が多いんですね。

このような今時の巻き髪をマスターしておかないと、いい女風にしているつもりが失敗してしまうのです。

また中には巻き髪そのものが似合わないという人もいるので、いい女風に見せたいとはいえ、自分に巻き髪が似合うかどうかの見極めも大切ですよ。

濃いめメイク=いい女風とは限らない


いい女風に見せるためには、メイクもそれなりにしっかりとするのが基本です。

これはメイクをすることによって、大人っぽさや色気を出すためなんですね。

しかしいい女風に見せたいからといって、濃いメイクをすれば良いというわけでもないんですね。

少し濃いめのメイクの方が女っぽく見えるという人もたしかにいるのですが、濃いメイクをしてしまうことで台無しになってしまう人もいるのです。


基本的に元の顔立ちがハッキリとしている人は、メイクまで濃いとケバく見えてしまうもの。

自分ではいい女風のつもりが、周りから見ると「ケバイ!」と思われてしまうのでは悲しいですよね。

顔立ちがハッキリしている人は、いい女風に見せたいとしてもメイクに頼る必要はないということ。

ナチュラルメイクであっても、その他の部分でいい女風に見せることができればそれで充分なんですね。


何事もやりすぎはマイナスに繋がってしまうものです。

いい女風に見せたいからといって、絶対的に濃いメイクが必要だということではないので、自分の顔立ちで判断することが大切ですよ。

黒い服に頼り過ぎ注意!


いい女のカラーって何色を思い浮かべますか?

きっと「黒」をイメージする女性が多いのではないでしょうか。

たしかに黒い服を着こなす女性というのは、大人っぽく色気があるように見えるものですよね。


また黒を着ると女性は美しく見える、なんて言われているくらいですし、着痩せ効果もあることから黒を好む女性は多いです。

いい女風のファッションをするなら黒い服!なんて考えている女性も多いはず。

しかしそんな黒にばかり頼ってしまうのも、実は逆効果になってしまうこともあるんですね。

誰にでも似合うように思われがちな黒ですが、実際は似合う・似合わないが分かれるカラーでもあるんですね。


また着痩せ効果があるだけに、ボディラインがはっきりしないというのもマイナスポイントなんです。

いい女風に見せているつもりが、黒を選ぶことによって、いい女風に見えなくしてしまうこともあるということ。

黒を選べば良いというわけではないので、自分に本当に黒が似合うのか、どのようにファッションに黒を入れるかはしっかりと考えるようにしましょう。

黒が似合ういい女はいますが、黒を着ればいい女に見えるというわけではありませんよ!

イメージだけでいい女風を作っちゃダメ!

いい女ってこんなイメージ!なんていい女風のファッションやメイクを考えている人は要注意。

自分の勝手なイメージに自分をそのまま当てはめてしまうと、いい女風に見えなくなってしまう可能性があります。

いい女風に見せたいと思っていても、自分に似合うかどうかをちゃんと見極めることは大切なことです。

自分が最もいい女に見えるファッションやメイクを見つけ出したいですね。

「似合ってる?いい女風に見せるファッション&メイクの失敗ケース!」を読んだ人に人気の記事
モテたいなら男好きアピール~同性に嫌われてもへっちゃら!周囲から見て男好きに見える女性って、どうしても同性からは反感されがち。しかし実際にモテるのは男好きの女性なんです!あなたもついつい「男嫌い」や「男は苦手」アピールしていませんか?モテたい女性は必見!ここでは正々堂々と男好きアピールするメリットを紹介します♪
低身長を武器に!背が低い女子がモテるテク3つ~たったこれだけ!低身長がコンプレックスの女性必見!背が低い女子がモテるテクニックを紹介します♪むしろプラスに感じる男性だって多いんですよ。この三つを押さえておけば、背が低いことが強みに変わります!!小さいことは武器にしてモテる女子になりましょう!
「いい人だけど・・・」と言われてしまう男性に足りないものとは?「いい人」と言われて、通常ならイヤな気はしませんが、恋愛が絡むと話は別です。特にこの「いい人だけど・・」というセリフ、「・・・」の部分には、どのような気持ちが隠されているのでしょうか?

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事

    • 雰囲気美人になった方が人生お得!目指すは笑顔が素敵な雰囲気美人

      びっくりするほど美人ってタイプではないけれども、綺麗なオーラが出ている雰囲気美人っていますね。雰囲気美人とは、どんな女性の事を言うのでしょうか。笑顔や仕草だったり、ファッションセンスやいろんな面で雰囲気美人は作れるのです。顔立ちは変えられませんが、少しの努力で美人になれるの…