※本ページはプロモーションが含まれています。

フランス式とイギリス式ではこんなに違う!上級編のテーブルマナー

フランス式とイギリス式ではこんなに違う!上級編のテーブルマナー

恋活

コース料理などで見る、テーブルにずらりと並んだフォークとナイフ。「テーブルマナーで失敗して恥をかきたくない」と緊張しますね。カトラリーを外側から使うのは常識ですが、フランス式とイギリス式では細かなルールが違うことまで知っている人はなかなかいません。ここでサクッと覚えれば、大人の女性の仲間入りですよ。

藍色
藍色
2017.05.17

デートの時の為にも覚えておきたい!

カトラリー

高級レストラン、特にコース料理などでのテーブルマナーはルールが多すぎて、お店に足を踏み入れた瞬間から緊張しますよね。

席に座るときも自分で椅子を引いてはいけなかったり、ナプキンはどこまで広げればいいのかなど、気になることが盛りだくさん。

ナイフとフォークは外側から使えばいいと思っていたら、上にもあるし!

しかも、フランス式とイギリス式ではナイフやフォークなどの扱いや、ワインの飲み方も微妙に違うのです。

しかし慌てなくても大丈夫。

この記事を読んでおけば、いざという時パニックになる心配はありません。

大人の女性らしく、優雅にテーブルマナーを使えますよ。

テーブルマナーのおさらい|ずらりと並んだナイフとフォークはどう扱う?

ナイフとフォーク

席に着くと中央にお皿のスペースがあり、お皿の左右にナイフとフォークが3本から4本並んでいますね。

右側にナイフとスープスプーン、左側にフォークが並びます。

「さて、テーブルマナーは」と身構えなくても大丈夫です。

外側から使う順に並んでいるので、素直に一皿ずつ使っていきましょう。

スープの時は右手でスプーン1本しか使わないので、スプーン分多くなっているはずです。

メインが魚料理の時は、平らなスプーンのようなカトラリーになっています。

もし順番を間違えてしまったら、次のお皿で残ったものを使えば大丈夫です。

もし下げられてしまったら、落ち着いて「別のものを使ってしまったのですが」と伝えれば、補充してもらえます。

実はナイフとフォークが最初からずらっと並ぶのは、イギリス式。

フランス式では、一皿ずつに1組のナイフとフォークが出されるのです。

ただ、日本では混同しているところが多いのが現状です。

また、お皿の上の部分に置かれているカトラリーはデザート用。

最後まで残っているのが正解です。

テーブルマナーの基本は騒がず焦らず、落ち着いて。

間違えても「すみませーん!」などと大声で店員さんを呼ばないようにしましょう。

近くの店員さんにアイコンタクトすれば、察してスッと来てくれます。

フランス式とイギリス式テーブルマナーの違い1|食事中のカトラリーの扱い方

イギリス式

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

― 広告 ―