食事デートが勝負!「この子素敵だな」好感度アップ食事マナー!

食事デートが勝負!「この子素敵だな」好感度アップ食事マナー!

3390

様々なデートがありますが、デートで欠かせないのは食事。食事ってお互いの相性を知るには、とても大切なイベントなのです。男性って意外に女性の食事マナーを見ているものです。食事を楽しく過ごせる人って、大切な人になる可能性が高くなります。楽しく食事しながら、好感度もアップできる食事マナーを紹介します。

3390 |

最初に

食事

static.pexels.com

「食事」は毎日体験することであり、生活の中で欠かせないものです。

だからこそ、食事タイムを心地よく一緒に過ごせる女性は、男性にとって、想像以上に重視されています。

基本的に、奇麗に食事する、マナーがしっかりしている女性に、男性は好感をもつものですが、男性も細かいマナーを全て知っている訳ではないはずです。

お互い食事マナーに気を遣いすぎて、緊張し合ってしまうと、せっかくの大切なイベントが台無しです。

食事マナーで一番大切なことは、二人の食事時間を心から楽しむ気持ちをもつことです。

「あなたとの食事が楽しいです。」そんな気持ちを伝えられることが大切。

マナーに気を遣いすぎて、食事を楽しめないのは一番のマナー違反です。

「好感度アップの食事マナー」とは、そんな自身の「食事が楽しい」という気持ちを伝えると同時に、「女性らしさ」をうまく表現することなのです。

自然にこのマナーを実行できれば、大切な食事時間で、恋のライバルに差をつけることも可能です。

では、「好感度アップ食事マナー」の具体的な内容を紹介していきます。

彼も私も心地よい「メニュー選び」のマナー

メニュー

static.pexels.com

まずは、お互いが心地よいメニュー選びのマナーをお伝えします。

食事で好感度アップできるチャンスは、メニュー選びから始まっているのです。

メニュー選びの際の、2つの素敵なマナーを実践して、好感度を上げ、他の女性との差をつけましょう!

まず最初に、「お互いの嫌いなものを把握しあう」ことがマナーです。

レストランでメニューが渡され、意中の彼が「何にする?」と聞いてくれたらもうチャンス!

逆に「何か食べられないもの、苦手なものある?」この一言を質問しましょう。

「何にする?」と聞かれて、すぐに自分が食べたい物を伝えるのではなく、思いやり、気遣いを返すのです。

やはり男性は、女性らしい思いやり、優しさにはきゅんとくるもの。

さりげない心遣いが彼の好感度をあげること間違いなし。

同時に、彼は貴方にも嫌いなものを聞いてくれるはず。

そうすれば、自分の苦手なものを、相手にさらりと伝えられる利点もあり、お互い心地よく料理を選べますね。

2つ目のメニュー選びのマナーとして、「彼がエスコートしていると思わせる」ことです。

例えば、サラダだけでもたくさんあるお店だった場合、彼が「好きなの選んでいいよ」と任してくれることありますよね。

これもチャンス!

そんな時は、メニューの中で2つを選んで、最終決断を彼に任せてみましょう。

あなたが食べてみたいものを2つ選び、迷っているので選んでね、と任せて、最終決断は彼にしてもらいましょう。

男性脳は、幾つもの選択肢があると、判断をするのに時間がかかり脳への負担が多くなります。

でも、二者択一は男性脳が得意とするもの。

自身が食べたいものを食べられる上に、彼は自分で選んだという心地よさが残ります。

メニュー選びでは、「お互いの嫌いなものを自然に把握」し、「彼がメニュー選びをエスコートしている」ような気分にさせることを心がけてみてください。

彼がときめく「食べ方」マナー

 
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー