食事デートが勝負!「この子素敵だな」好感度アップ食事マナー!

sachihana

様々なデートがありますが、デートで欠かせないのは食事。食事ってお互いの相性を知るには、とても大切なイベントなのです。男性って意外に女性の食事マナーを見ているものです。食事を楽しく過ごせる人って、大切な人になる可能性が高くなります。楽しく食事しながら、好感度もアップできる食事マナーを紹介します。

最初に


「食事」は毎日体験することであり、生活の中で欠かせないものです。

だからこそ、食事タイムを心地よく一緒に過ごせる女性は、男性にとって、想像以上に重視されています。

基本的に、奇麗に食事する、マナーがしっかりしている女性に、男性は好感をもつものですが、男性も細かいマナーを全て知っている訳ではないはずです。

お互い食事マナーに気を遣いすぎて、緊張し合ってしまうと、せっかくの大切なイベントが台無しです。


食事マナーで一番大切なことは、二人の食事時間を心から楽しむ気持ちをもつことです。

「あなたとの食事が楽しいです。」そんな気持ちを伝えられることが大切。

マナーに気を遣いすぎて、食事を楽しめないのは一番のマナー違反です。


「好感度アップの食事マナー」とは、そんな自身の「食事が楽しい」という気持ちを伝えると同時に、「女性らしさ」をうまく表現することなのです。

自然にこのマナーを実行できれば、大切な食事時間で、恋のライバルに差をつけることも可能です。

では、「好感度アップ食事マナー」の具体的な内容を紹介していきます。

彼も私も心地よい「メニュー選び」のマナー


まずは、お互いが心地よいメニュー選びのマナーをお伝えします。

食事で好感度アップできるチャンスは、メニュー選びから始まっているのです。

メニュー選びの際の、2つの素敵なマナーを実践して、好感度を上げ、他の女性との差をつけましょう!


まず最初に、「お互いの嫌いなものを把握しあう」ことがマナーです。

レストランでメニューが渡され、意中の彼が「何にする?」と聞いてくれたらもうチャンス!

逆に「何か食べられないもの、苦手なものある?」この一言を質問しましょう。

「何にする?」と聞かれて、すぐに自分が食べたい物を伝えるのではなく、思いやり、気遣いを返すのです。

やはり男性は、女性らしい思いやり、優しさにはきゅんとくるもの。

さりげない心遣いが彼の好感度をあげること間違いなし。


同時に、彼は貴方にも嫌いなものを聞いてくれるはず。

そうすれば、自分の苦手なものを、相手にさらりと伝えられる利点もあり、お互い心地よく料理を選べますね。


2つ目のメニュー選びのマナーとして、「彼がエスコートしていると思わせる」ことです。

例えば、サラダだけでもたくさんあるお店だった場合、彼が「好きなの選んでいいよ」と任してくれることありますよね。

これもチャンス!

そんな時は、メニューの中で2つを選んで、最終決断を彼に任せてみましょう。

あなたが食べてみたいものを2つ選び、迷っているので選んでね、と任せて、最終決断は彼にしてもらいましょう。


男性脳は、幾つもの選択肢があると、判断をするのに時間がかかり脳への負担が多くなります。

でも、二者択一は男性脳が得意とするもの。

自身が食べたいものを食べられる上に、彼は自分で選んだという心地よさが残ります。

メニュー選びでは、「お互いの嫌いなものを自然に把握」し、「彼がメニュー選びをエスコートしている」ような気分にさせることを心がけてみてください。

彼がときめく「食べ方」マナー


さて、メニューが決まり、ここからは彼がときめく食べ方マナーの紹介です。

フランス料理でフォークとナイフは外側から、、、といった食事マナーも大切ですが、もう一度、彼が一緒に食事したいと思ってくれるため、彼がときめいてくれる食事マナーも大切です。

ちょっとしたときめき食事マナーを実践するだけで、彼に「この人との食事は楽しいな、心地よいな」と思わせることができます。

また一緒に食事がしたい、と思ってもらえる女性になれるように、食べる際の4つの食事マナーを身につけてみてください。


1、食事を誉める

お料理がでてきてすぐに手をつけるのではなく、お料理に対して一言感想を言ってみましょう。

「おいしそう!」だけでももちろんいいですし、「奇麗な盛りつけ!」とか「これにしてよかったね」といったポジティブなことを一言、言ってみてください。

明るくて、前向きな女性のイメージを与えられるし、彼の脳にも食べる前から、おいしいイメージが伝わります。

あなたのポジティブな一言で、目の前の彼の脳は、既においしさを味わうことができ、おいしい思い出が残る効果もあります。


2、おいしさを表情で伝える

食べてすぐに、食事の感想をいう必要はありません。

すぐに会話をしなければ、と焦る必要は全くありません。

むしろ、食べながら焦ってしゃべる姿は、美しいとはいえず、むしろマナー違反になりがちです。

食べている間は、食事を大いに楽しむ姿勢が、好感度アップのマナーとなります。


しっかりと食事を味わって、おいしそうな表情をみせるだけで、十分素敵なマナーであり、素敵な会話となっています。

微笑みながら、おいしそうに食事を味わっている女性は、男性にとってとても愛らしいものです。

「水ト麻美アナ」の好感度が高いのも頷けますよね。

是非、食事のおいしさを表情で伝えてみてください。


3、姿勢を正しく食べる

奇麗な食事マナーの人だったな、と思ってもらうには、食べている時の姿勢に気をつけてみましょう。

慣れないフォークやナイフにとまどったり、いろんな食事マナーにとらわれ過ぎて、おどおどしたりする必要はありません。

食事をこぼしてしまったらどうしよう、とつい前のめりや猫背になってしまいがち。

そんな姿は、美しいとはいえません。


西洋人の食事姿って何か奇麗だな、と思ったことありませんか。

一般的に、東洋人は自分を食事に近づけますが、西洋人は自分に食事を近づけます。

姿勢が正しいままだと表情もよくわかるし、好感度はあがります。

一度、目の前に鏡を置いて、自分の食べている姿をみながら食事をしてみるのはよい訓練になるし、自分への自信にもなりますよ。


思いがけず自分を食事に近づけすぎていたりとか、 右側の頬にほうばり過ぎているとか、姿勢以外にも意外なクセがわかったりします。

鏡に映るあなたの食べている姿を、彼はみるのですから、一度自分で向き合ってみるのはおすすめです。


4、食べた後こそ奇麗にする

食べている最中は、とにかくおいしいことを表情で表現し、姿勢に気を遣うだけで好感度はあがります。

その後、男性の目がいきやすいのは食べた後のお皿などですね。

お皿の上が食べ残しでいっぱいだったりすると、折角のイメージが悪くなります。

折角おしゃれして来ていても、清潔感がないようなイメージを与えてしまいます。


食べ残しは仕方ないので、そっとまとめてお皿の隅に寄せておいたり、使い終わったお箸やフォークは奇麗に揃えたり、そんなちょっとした仕草が心地よさを与えます。

見た目も食べ方も清潔感があると好感度あがりますよ。

最後に

いかがでしたか。

デートで欠かせない食事は、生活の中でとても欠かせないイベントですね。

様々なジャンルにおいて、様々な食事マナーがありますが、ここで述べた「好感度アップマナー」は、和食、洋食、中華、どんなジャンルでも実践できるマナーです。

これらのマナーを実践できれば、楽しい食事のひとときを過ごしながら、女性らしい気遣い、優しさや、清潔感が伝わり、好感度アップ間違いなし。


自然にできるまでは慣れが必要なので、練習と思って、デートの時だけでなく日常的に実践してみてくださいね。

そうすれば、意中の彼との食事デートではしっかりと身に付いているはず。

好感度アップマナーを身につけて、大切な食事時間でライバルに差をつけ、彼の特別な女性を目指してください。

「食事デートが勝負!「この子素敵だな」好感度アップ食事マナー!」を読んだ人に人気の記事
秋デートにオススメ!3つのデートプランで彼氏との仲を深める!秋は行楽シーズンです♪お出掛けにもちょうどいい気温になって来たので、ちょっとデートに行ってみませんか?これら秋デートプランで彼氏との仲を深めるのも良いと思いますよ^^
彼氏とのドライブデートではノリノリのBGMを!おすすめの曲4選彼氏との楽しいドライブデート、車は彼氏が用意してくれていると思いますし、自分は何も用意するものはないと思っていませんか?あなたが用意するものは、車の中のBGMです。どんなBGMを彼氏とのドライブデートでかければいいのか?おすすめの曲を紹介します。
男性にお願い♪女性が「デートプランは早めに伝えて欲しい」理由男性にとっては、女性が「次のデートはどこに行く?」ということをよく聞いてきて、「まだ決めてない、どうして早く決めなきゃダメなの?」と不思議に思うこともあるかもしれませんね。でも男性にお願いです!女性が早くデートプランを知りたいのには、こんな理由があるのです!

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事