恋愛恐怖症は言い過ぎだけど…恋愛モードのスイッチを入れる方法

恋愛恐怖症は言い過ぎだけど…恋愛モードのスイッチを入れる方法

827

恋愛恐怖症なんかではないんだけど、恋はなんだか疲れたな・・・。そう感じてしまう時期もあると思います。それ、恋愛小休止中な状態です。でも、やっぱりパートナーが欲しい!でも、やっぱり面倒だしまた傷つきたくない!そんなジレンマで悩んでいる時に恋愛モードのスイッチを入れる方法とは?

827 |

恋に疲れた、面倒、怖い

もう、しばらく恋愛はいいや・・・。当分の間はひとりでいよう。

そんなふうに思いながらも、それでも心のどこかには、パートナーを求める焦燥感のようなものや、寂しさを感じたりしていませんか?

でも色んなことがあったから、また1から恋をするのが面倒とか怖いと思ってしまう時もあると思います。

そのような時に、再び恋愛モードへのスイッチを入れる方法を紹介します。意外と簡単なことだったりしますよ♪

ハッピーエンドの恋愛映画を観る

紆余曲折ありつつも、最後は主人公がハッピーになって終わるような、心あたたまる恋愛映画を観てみましょう。

単純なことですが、脳が活性化されます。自分自身が恋をしていた時の楽しい思い出が蘇ったり、映画の主人公に共感したりすることで、「またあんなふうに人を好きになってみたいな」「異性と素敵な時間を過ごしたいな」という気持ちが湧いてきます。

もちろん映画の他に、ドラマや小説でもOK!芸能人などの出会いの秘話などを読むのも刺激を受けそうです。

仲の良い夫婦の家に遊びに行く

すでに結婚していたり、同棲しているような友達がいて、そのカップル(夫婦)がとても仲が良さそうなら、思い切って家にお邪魔させてもらってみてください。

あなたの前でもイチャつく仲の良さを見せつけられることで、自分もいつかそんな相手がやっぱり欲しいな、と恋愛モードのスイッチがオン!

せっかくなので、出会ったきっかけや、今まで乗り越えた危機、そして仲良しの秘訣などをインタビューしてみましょう。

きっとヒントが見つかるはずです。

どちらも外から刺激を得る方法ではありますが、自分自身悩みのブラックホールにハマってしまっている間は、ひとりで悩むよりも、こうして実際にフィクションでもノンフィクションでも良いので「恋愛中」の生活や「成功したワケ」をこの目に焼き付けた方が近道なのです♪

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー