「いい女」里田まいから学ぶ!離れたくないと思わせる4つの条件

「いい女」里田まいから学ぶ!離れたくないと思わせる4つの条件

恋活
ハナ
ハナ
2015.08.05

男は胃袋で掴む、というのは有名な言葉ですがマー君も胃袋を掴まれた一人♪

お馬鹿タレントのイメージが強かった里田まいちゃんですが、今ではすっかり料理上手のイメージが定着しています。

なんとフードマイスターの資格までとってしまったんだというから驚きです。

結婚すれば毎日食べる家の料理が美味しいと、男性だってテンションがあがります。女性だって、美味しいものが毎日食べられると幸せなはず❤

食事は人間が生きていくなかで絶対に必要な要素です。だからこそ、食事が美味しいだけで大半の人間は幸せな気分になってしまうんですね♪そんな幸せな気分にさせてくれる女性が自分の彼女なら、男性は離したくないと思うようになるはずです。

料理が苦手な方もいると思いますが、料理は練習と馴れです!何か1つでも得意料理があるだけで男性からの印象は変わります。是非得意な絶品料理を彼に振る舞って見てくださいね。

◼彼のための努力

野球選手という、体が資本の職業の旦那さんのお腹を満足させつつ健康的なものを作るのはかなり大変で技術のいることだと思います。

里田まいちゃんがいくら料理上手でも初めから野球選手むけの料理が作れたわけではないはずです。大好きなマー君のためにきっと試行錯誤を重ねて今みたいに美味しくて満足感のある食事を作れるようになったのではないでしょうか。

自分のためを思って、努力してくれる姿に心打たれない人はあまりいないと思います。マー君がメジャーリーグに転向する際に里田まいちゃんは英語の勉強もしたといいます。マー君の足を引っ張らないように、勉強が苦手にも関わらずちゃんと努力をしていたんです。

『彼のため』に苦手なことにもチャレンジするその姿はどんな男性でも『いい女だなぁ』と思うに違いありません。

◼気遣い

自分も馴れない環境のなかにいるのに、まずマー君の心配をしてマー君のために動ける所も里田まいちゃんの魅力のひとつ。

マー君のことを優先できる気遣いは、毎日強豪達と戦っている彼にとっては何にも変えがたい癒しになっているかもしれません。

自分のことよりも、まずは彼に気を使うのは昔ながらの日本の良妻と同じとも言えますね。自分のことはまず置いておいて、他人の心配ができて気を使えることは、優しい女性である証拠とも言えます。優しく、自然な気遣いは男性の心を癒します。

自分も忙しかったり大変だったり、余裕がないと彼よりも自分を優先してしまいがちですか、そう言うときこそ一歩下がって彼に気を使える女性が、「いい女」だと思われるのかもしれません。

◼総合すると…。

『彼のため』の行動が自然と出来るかどうか、ということで「いい女」かどうかが決まるようです。

確かに里田まいちゃんの行動や言動は純粋にマー君のためを思ってやっていることばかりですよね♪昔から『良妻』と呼ばれる人達はみんな自然と『旦那様のため』の行動をしているように思えます。

自分も努力しつつ、彼のことを一番に考えることで里田まいちゃんのような『いい女』になれるはずです♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)