二人で仲良くスキンシップ!密着効果で彼氏とずっとラブラブに!

二人で仲良くスキンシップ!密着効果で彼氏とずっとラブラブに!

3477
update

お付き合いが始まった頃は、スキンシップをとろうとしなくても彼氏とずっとくっついているくらいの勢いだと思いますが、お付き合いが長くなってくるとスキンシップが少なくなってきてしまいます。彼氏とずっとラブラブでいる為に、今一度スキンシップについて考えてみませんか?

3477
update

彼氏と、スキンシップしてる?

カップル

スキンシップ、ブルゾンちえみさん風に読んでいただけると有り難いです。

サラッと言われるのにグサッと刺さると思うので、彼氏とのスキンシップがご無沙汰気味だという方には、効果的だと思います。

さて、彼氏とスキンシップをとっているかという事ですが、まずスキンシップについて考えてみたいと思います。

スキンシップと一言で言っても、いろいろありますよね。

何もエッチをする事だけがスキンシップではありません。

ここをちょっと勘違いしていると、スキンシップ離れになりやすいので注意していただきたいと思います。

キスをする、抱き締める、腕を組む、手を繋ぐというのもスキンシップの一つです。

頭に手を置く、髪に触れる、筋肉を触るというのもスキンシップです。

マッサージをするというのも、十分なスキンシップの一つです。

長年連れ添っている年配のご夫婦がベタベタしている光景って、日本ではあまりポピュラーではありませんよね。

なので、次第にスキンシップがなくなっていくのは普通の事だと思うかもしれませんが、家の中でお互いにマッサージをし合っていたり、肩が触れ合う距離感で就寝しているかもしれません。

それで十分なのです。

過度なスキンシップだから、ラブラブ度が上がるという訳ではありません。

お互いが心地良いと感じるスキンシップで良いのです。

でも、恋をしていている間は積極的なスキンシップが、お付き合いを盛り上げるという事があります。

ですから、二人きりでデートをしている時に手を繋ぐ事がなくなったというのは、寂しいなと感じます。

スキンシップをとる事で、お互いの気持ちを言葉以外で感じる事ができるので、今一度スキンシップの必要性を考えていただきたいなと思います。

恋を加速させる「スキンシップの極意」男性はやっぱりこれに弱い!

現在知られている様々な恋愛テクニック。話術やモテ仕草などたくさんありますが、その中でも注目され続けているのがスキンシップです。理由は簡単で、男性から圧倒的な人気があるからです。ですが問題も・・・。今回は恋愛に勝利するためのスキンシップを学び、モテる女性に近づいてみましょう!

https://koimemo.com/article/7852

彼氏と歩く時のスキンシップ。

カップル

彼氏と歩いている時は、二人はどんなスキンシップをとっていますか?

手を繋いで歩いている人をよく見かけますが、手を繋ぐというスキンシップが苦手だったり、恥ずかしいと思う彼氏もいます。

そういう場合、あなたが彼氏と腕を組むというスキンシップはいかがでしょうか。

これであれば、彼氏としてはあなたが腕を組んできているという構図なので、少し恥ずかしさが軽減されると思います。

しかし、腕を組むというスキンシップもOKを出してくれない彼氏もいます。

そういう場合は、彼氏の手首を掴んでみましょう。

何となく見た目のバランスが悪いスキンシップだと思うかもしれませんが、割と歩きやすいですし、手を繋いでいるようにも見えなくもないのでオススメです。

手首キャッチすらダメだという彼氏は、本当にシャイなのか、外ではなるべくスキンシップをとりなくないと思っているか、どちらにせよスキンシップをとりにくい彼氏と言えます。

でも、まだ諦めないでください。

せっかく彼氏と二人一緒に歩いているのに、触れられないなんて寂しいじゃないですか。

こういう場合、彼氏のどこかの衣服を掴んでください。

袖でも裾でもベルトでもポケットでも、何でも良いですから、どこかしらで二人が繋がっている状態を作ってください。

さすがに何かの衣類を掴んでいるあなたの手を、振り払う彼氏はいないと思います。

彼氏と並んだ時のスキンシップ。

カップル

外にいる時、彼氏と横並びになる時があると思います。

そういう時、彼氏の腕に巻き付くようにベッタリとしていると、周りから痛い二人だと思われかねません。

付き合っている二人の自由っちゃ自由なのですが、公共の場ですから人の目を気にするのはマナーだと思います。

それに彼氏がそういうベッタリが嫌だという人も多いと思います。

家にいる時でも彼氏と横並びになる時があると思います。

家であれば人の目を気にする必要はありませんから、ベッタリしても問題ないと思います。

しかし、場所の問題ではなく、そういうベッタリが根本的に無理だという彼氏もいるでしょう。

でも、せっかくすぐ触れられる所に彼氏がいるのに、何のスキンシップもとれないというのは寂しいですよね。

そういう時は、彼氏をくすぐってみましょう。

もしくは、ツンツンとつついてみましょう。

あなたがイタズラ娘になってちょっかいを出す事で、彼氏もそれに応戦して、結果楽しくイチャイチャしながらスキンシップができるはずです。

彼氏がくるぐられるのが本当に嫌だという場合は、ケンカに発展する可能性がありますので、相手を見極めてどこまでやって良いのかあなたが判断してください。

彼氏に癒しのスキンシップ。

カップル
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー