大人の女性は失恋さえも楽しむ。失恋の名言に触れて恋愛を楽しもう

大人の女性は失恋さえも楽しむ。失恋の名言に触れて恋愛を楽しもう

恋活
高萩陽平
高萩陽平
2019.08.09

これはフランスの作家ミュッセが言った失恋の名言です。

人はどれだけ恋愛で心を傷つけられても、恋愛をしたいと願い続けます。

それは呼吸をすることやお腹がすくのと同じ原理です。

ひどい失恋を経験すると、素敵な異性に会っても、

「素敵な人だけど、もう恋愛はしたくない!」

と考えてしまいます。

ですが、

「恋愛をしたい」

という願望を抑圧し続けると、必ず心身がまいってしまいます。

「人は恋をする生き物」

これは不変の事実です。

素敵な異性に会ったら、我慢せず、

「本当はどうしたいのか?」

という自分の心の声に耳を傾けてみましょう。

女の性格がわかるのは恋が始まる時ではないわ。 恋が終わる時よ。

Beautiful young Asian woman

これはドイツの哲学者ローザ・ルクセンブルクが言った失恋の名言です。

表現は悪いですが、女性は人によって表情を使い分けるのが上手いです。

相手が好きな時は、相手に嫌われまいと、猫をかぶります。

しかし、別れた後だと、猫をかぶる必要が無いので、素の自分が出ます。

失恋は、自分を見つめなおす機会を与えてくれます。

失恋したとき、

「自分にはどういう考えがあるのか?」

「自分にはどういう願望があるのか?」

を思い返してみましょう。

普段の生活では気付けなかった、本当の自分がそこにいます。

自分がどういう人間なのかを理解しないと、また同じ理由でフラれる可能性があります。

同じ過ちをしないためにも、失恋経験をただの悲しい出来事で終わらせるのではなく、成長の機会に生かせるようにしましょう。

失恋は人生のスパイス

いかがでしたか?

「失恋は決して悪いものではない」

「また恋愛がしたくなった」

そのように思ってもらえたなら幸いです。

失恋して、すぐに立ち上がる必要はありません。

自分のペースで大丈夫です。

ただ、

「恋は、やがて他の恋によって癒される。」

とジョン・ドライデンの言うように、恋愛から逃れようとすることはできません。

どうすれば、素敵な恋愛を送れるのか失恋を通して、もう一度よく考えてみましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)

おすすめ記事