嫉妬は恋のスパイス♡彼を嫉妬させたくてもやってはダメなNG行動

嫉妬は恋のスパイス♡彼を嫉妬させたくてもやってはダメなNG行動

1660
update

逆効果となってしまう嫉妬のNGパターンとは?失敗させないためにもNG行動を知っておきたい!失敗を反面教師にして恋愛にほどよくスパイスを加えていきましょう♪これで誰でも嫉妬上手になれるかもしれません。

1660
update

嫉妬させようとしたら破滅した?

嫉妬や好きな人に嫉妬させてみたい?と思う女性は多くいますが、その行動は逆効果かもしれません。嫉妬させるどころか別れ話に繋がってしまう恐れがあります。

嫉妬させようと「しつこい」

嫉妬をさせようとしている人が、よく失敗してしまうパターンは「しつこい」です。

よかれと思ってやっていたことも、相手にとっては悪いこと。

悪い事ばかりを積極的にとるような女性を男性はどのように思うでしょうか?

「軽率」「下品」「尻軽」などなど。

嫉妬をしてもらうのは気持ちいいかもしれませんが、それは自分だけ。

人をネガティブにさせてしまう女性はいい恋愛などできないでしょう。彼氏の心はしだいに離れていき別れる結果を招くだけです。

嫉妬をさせるために「やりすぎ」

男性の友達を使い嫉妬をさせようと試みるパターンはおおいですが「やりすぎ」は彼の心を突き放していくだけです。

他の男性と電話やメールが頻繁すぎる、他の男性を褒めすぎる、など。

好きな人が同じことをしていたときどう思うでしょうか。「浮気癖があるのでは?」と思いますよね。

友達を大切にするのなら、彼の前でするのは控えることです。

また、男性と遊びに行くのも、事前に彼に報告するなど対策をとりましょう。

一番は他の男性と二人きりにならないよう、もう一人女性を誘うことです。

元カレの話を「しずぎる」

好きな人や彼氏に、元カノの話を頻繁に持ち出されたら嫌な気持ちになりますよね。

男性側も同じです。いい気分はしません。

ずっと比べられているような感情を持ち続けると思います。

元カレの話は封印し、したくなったら女性友達とするようにしましょう。

元カレと来たことのあるお店・デートスポット、元カレはこうしてくれた・ああしてくれた、など文の頭に「元カレ」を付け加えるのは、ほどほどにしておくのが賢明です。

彼からしてみれば、気遣いにかける女性と思われることもあります。

男性はもともと嫉妬深い?

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー