嫉妬は恋のスパイス♡彼を嫉妬させたくてもやってはダメなNG行動

嫉妬は恋のスパイス♡彼を嫉妬させたくてもやってはダメなNG行動

恋活

わざわざ嫉妬をさせなくても、男性は独占欲の強い生き物ですので、実にささやかなことでも嫉妬をするものです。

大人な男性は、嫉妬の仕方もクールにきめてくれますが、子供っぽさを残す男性の場合、女性の行動を制限する他、暴力などに発展することもあります。

嫉妬というのは本来の相手を見極める手段でもあるでしょう。

嫉妬は関係を悪化させることもありうる

過度な嫉妬はストレスとなり正常な判断力をにぶらせます。

必ずしもいい結果になることは少なく、彼の独占欲が強まり自分の自由がなくなってしまったり、彼の心が離れ別れ話に発展してしまったり、いわばもろ刃の剣です。

成功させるには事前の計画が必要になってくると思います。「しつこい」「やりすぎ」「しすぎる」に気をつけ相手の言動、行動に注目し引き際を覚えましょう。

自分がされたら?を常に頭にいれる

関係がマンネリ気味になったら嫉妬をさせるのもいいスパイスとはなりますが、危険な駆け引きであることを忘れてはいけません。

なにごとも引き際が肝心になります。

途中でマヒしてしまい分からなくなってきたときは「相手の気持ちを自分に置き換える」ことが大切です。

相手が他の女性に対してもし同じことをしたら?

と考えるだけでも「思いやり」を取り戻すことができるでしょう。

嫉妬後のアフターケアはかかせない

嫉妬をさせたはいいが、喧嘩別れしてしまいそう!などは本末転倒です。

嫉妬をさせようとしたのは自分ですので、まずは心をこめて謝罪をし、その後の二人の時間を大切にしましょう。

嫉妬はストレスと考えていいので、相手は気疲れをしていることを前提とし家デートがおすすめです。

ストレスを和らげる食材での手料理を振る舞い彼好みの映画鑑賞などいかがでしょうか?

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)