無骨ながら艶っぽい…恋したくなる【司馬遼太郎】作品の名シーン

yukino

歴史上で活躍した人々を豪胆かつ滞らぬ表現で描いた司馬遼太郎。その人の中でも今回は皆さんがとっつきやすい【幕末】を描いた小説を選び、かつそのなかから思わず恋に焦がれる名シーンを三つピックアップしました。

「恋をしたいな」と思うとき

あなたの頭のなかにはどんな情景が広がっているでしょうか。

スイートルームのベッドから見下ろす宝石のような夜景?それとも人目を忍びながら茶屋でしとやかにあう小江戸の情景?

私は現代風で派手な海外ドラマのような恋よりも、いまは幕末~大正にかけての日本らしいロマンに恋焦がれるほうが好きです。日本に生まれたがゆえにそう思うのかもしれませんが、京都や川越の古い町並みに隠れる色気と当時を描写する小説の文脈に似た香りを覚えるのです。

今回テーマに文学色を混ぜようと思ったら、戦国時代から幕末、そして明治維新後までさまざまな時代小説を書いてきたこの文豪に、幕末の恋を預けるほかありませんでした。

そういうわけで司馬遼太郎作品の中から艷やかで恋に焦がれるワンシーンをご紹介します。

「新選組血風録」

司馬遼太郎の著作に「新選組血風録」という小説があるのをご存知ですか。新選組は幕末に勤王佐幕の戦いに一身を投じた人斬り集団で、その様をいきいきと描いた小話を十五抱き合わせた小説です。

この中に「胡沙笛を吹く武士」という洒落たタイトルの小話があります。新選組隊士鹿内薫という男を主軸に置いた話で、ここに小つるという一人の女性が登場します。

彼女は不遇の身で、また鹿内と惹かれ合ってゆくのですが彼もまた新選組隊士という血なまぐさい印象からかけ離れた風情のある男性でした。

さて二人の掛け合いでこんな一節があります。

「小つる」あとで、鹿内はうれしそうにいった。「世帯を持とう」「あの」小つるはいった。「本当(ほんま)どすか」思いもかけない世界が、にわかにひらけたように思った。身寄りのない小つるには、世帯、という言葉がどれほどの響きをもってせまるか、人にはわからない。世帯を持つ。髪結いも、小つるはやめることだろう。宿の人のために袴をたたみたい。「しかし」と、鹿内はいった。助勤にならなければ、営外に寝泊まりすることはゆるされない。「毎日、お逢いしとうおす」「私も」鹿内は、また抱いた。

「宿の人のために袴をたたみたい。」

これは髪結いとして客の身の回りの世話もしていたであろう小つるが、旦那となる鹿内のためだけにその行いをしたいと思ったことのわかる柔らかな打撃のある表現ですね。

「世に棲む日日(二)」

さて、こちらは長州の英雄、高杉晋作のお話です。彼は妓楼で遊女と遊ぶのが大層好きで元来性欲の強い男でしたが、父親の巧妙にのせられ妻を娶ります。相手はお雅という、美しい女性でした。しかし、遊女しか女を知らない晋作が、初めてお雅と交わった夜は勝手が違ったようです。

晋作は夜半に目がさめた。(……たれだろう)と、横の暖かみへ手がうごいた。ふと錯覚したのは妓楼にいる自分だったが、やがてそこにねむっているのは、お雅のかさのひくい、小柄な肉体であることに気づいた。お雅は片頬を晋作の胸に寄せるようにして寝息をたてている。その寝姿がどこかかぼそげで、こののちの生涯をひたすら晋作にたよって生きざるをえない哀しみのようなものが匂い出ている。妓楼のおんなには、それがない。(どうも、勝手が違う)晋作は、当惑する思いでいる。【中略】客である晋作と彼女たちのあいだには契約は会っても人生の課題がなかったからにちがいない。お雅にはそれがどうしようもなく匂っている。そのお雅の儚さが、晋作の感情を奇妙にした。可愛さを感じた。【中略】晋作は、手をうごかした。お雅が、濡れている。「おきていたのか」と、晋作は地声でいった。お雅はうなずき、「さっきから」と、ささやいた。「そとは、雪ではないか」雨戸が、鳴っている。

本書にはこれ以上に濃厚な二人の時間というのは描かれていません。

ふたりが夫婦として過ごした時間はほんのわずかで、そのほとんどは晋作が外で過ごし、藩士から逃げまわったり武器を集めたりして、お雅は晋作の家で彼の家族と暮らしていたからです。

晋作はあらゆる女を抱いてきましたが、ここで初めて妓楼の女ではない、生身のお雅を知るのです。

こう寄り添う男女は美しいものですが、それもはかなきこと。

晋作はこのお雅に対する感情を"煩悩"と呼び、その"煩悩"は自分の宿命を生まれてすぐ悟ったようなこのお人に「お雅は敵である」とまで思わしめるようになったのです。

「燃えよ剣(上)」

こちらはかの新選組鬼の副長と呼ばれた土方歳三を主人公に据えた物語です。

ここでは女をいくつも経験したものの、気位も家柄も良い女にしか興味を抱かない土方像が描かれています。かつて、まだ武州で薬を売っていた頃、祭りで出会った佐絵という神主の娘と一夜を過ごしました。

そしてその女性が京の九条家へ屋敷奉行へ行き別れ、京都で再び縁あって再会します。

佐絵は、おくれ髪をなでつけた。「おれのどこが変わった」「全体に」「わかるように云ってくれ」「あのころ、私どもの情事(なか)は、犬ころがじゃれあっているように楽しゅうございました。土方さまも、いえ歳さんも、犬ころみたいに無邪気だった。いまはちがいます」「どこが?」佐絵にも、わかるまい。歳三にもわからぬことだった。【中略】歳三は、佐絵をみた。「御亭主は、長州人ではないのかね」佐絵の顔色がかわった。「逢わぬほうがよかった」歳三は、笑った。「きょうのことは、忘れます。――佐絵どのも」忘れてくれ、と立ちあがった。

「知れば迷ひ 知らねば迷はぬ恋の道」土方は佐絵を思ってこんな句を読んでいます。

それを沖田にからかわれるシーンはなんとも微笑ましいのですが、その切ない思いこそ、はじめて土方が恋だと認めたものだったのでしょう。

だからこそ、京で再会したいまの佐絵(武州で土方と離れ京へ出て嫁いだはずでしたが、土方はいまの佐絵の様子を見て紆余曲折ありながら金のない町暮らしをしていることを悟りました)と逢わねばよかったとさえ思わせたのでしょう。

いかがでしたか。

今回は長くなるために3つに絞りましたが、どれも私のとっておきを選んだつもりです。

私が時代小説作家の中で最も尊敬する司馬遼太郎先生を選んだのは、殺伐とした男性社会の中でも唯一と言っていいその人の恥部であり可愛らしさでもある恋をみずみずしく書き立てられるのはこの先生ならではだと感じたからです。

ご自身の広大なバックグランドと、生々しい人間らしい営みを鮮やかかつ大胆に描くその手腕によって読む誰もを飽きさせない作品の作り手であると、私は信じています。

少しでも気になった方は、色んな本を書かれているので自分の興味のあるものからお手にとってみて下さいね。

「無骨ながら艶っぽい…恋したくなる【司馬遼太郎】作品の名シーン」を読んだ人に人気の記事
彼氏はケチ?倹約家?良き夫となる男性の見分け方3つ!付き合い始めた彼氏は、なんだかお金にシビアみたい・・・。そう感じた時、彼氏がケチなのか、それとも倹約家なのか、疑問に思うことがあるのではないでしょうか?もしその彼氏と結婚した場合、倹約家なら良き夫となってくれますが、ケチだと微妙ですよね。そこで、彼氏のお金の使い方から見る良き夫の見分け方を紹介します。
カップルで長続きする人、しない人の特徴と長続きさせるコツ何故か長続きするカップルと、長続きしないカップルがいます。彼等の違いは一体なんでしょうか。そこでカップルで長続きする人達の特徴と、長続きするためのコツを実体験と合わせてまとめてみましたので参考にしてみて下さいね。
【恋愛はめんどくさい?】あなたの考え方次第で幸せな恋はできる!恋愛がめんどくさいからしないという人は、増えてきているそうです。確かに恋愛って正解がないので悩むことも多いし失敗してしまうことが多いので、めんどくさいんですよね。でもこの恋愛のめんどくさい気持ちを軽くさせることは、出来るんです。今回は、その方法について紹介します。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事

    • 結婚前の結納ってどんな事をすればいいの?そもそもどんな意味が?

      結婚が決まって結納を交わすことになった時、何をどうしたらいいのか分からないことってあると思います。結納を交わす時の流れをしっかり理解しておかないと、結婚がダメになるかもしれません。そうならないようにするためにも、結納を交わす時の流れについて紹介します。

    • 「いつもダメ男に引っかかってばかり…」恋愛運を上げる方法3つ!

      いつも出会う男性に恵まれなかったり、恋愛運が悪いと悩んでいる女性は数多くいると思います。しかし、恋愛運というのは行動から変えることができます。恋愛運が上がれば今までとは違った素敵な恋愛をすることができます。本記事で紹介することをぜひ実践して見て欲しいです!恋愛運を上げて素敵…