避けてる?駆け引き?相手のLINEの返信が短文な理由5つ

避けてる?駆け引き?相手のLINEの返信が短文な理由5つ

恋活
ゆず
ゆず
2017.07.30

男性がLINEの返信で短文な理由3つ目は、「女性のように話のネタがないから」です。

女性って、何処にいても何をしてても、話のネタが尽きることはないんですよね。

例えば友達とランチに行ったとしても、そのお店の話はもちろんのこと、自分たちの話、芸能人の話、共通の知人の話など引き出しがいっぱい出てきて、色んな話で盛り上がることが出来ます。

それはLINEでも同じで、「あれを話したい、これを話したい」なんて思っていると、ついつい長文になってしまうと思います。

男性の場合、女性と同じように「周りと情報を共有したい」という気持ちがないため、自分が得た情報でもあまり人に話すことはありません。

「こんな面白いことがあったよ」と言っても、そこから話を膨らませようとは考えていないので、ある程度会話を続けたらその話は終わりにします。

女性のように引き出しをポンポン出せるわけではないので、LINEの返信でもポンポンと話題を提供することが出来ないんです。

LINEよりも電話や直接がいい

女性 電話

男性がLINEの返信で短文な理由4つ目は、「LINEよりも電話や直接がいいから」です。

男性は、LINEのメッセージを送るよりも電話で話したり、直接会って話したりする方が好きだという人が多いです。

メッセージを送るのはめんどくさいからという理由だけではなくて、直接や電話の方がレスポンスが早いからですね。

LINEでメッセージを送りあっていると、いくらこちらが「〇〇だよね?」と送っても、すぐに返信がこないこともあります。

それは相手が今LINEのメッセージを見れない状況である、というだけの話なんですが、好きな人からLINEの返信が来ないと不安になってしまうのは、女性だけではなく男性も同じなんです。

「あの子にLINEを送ったのに返信が来ない」という不安を少しでも減らすためには、LINEのメッセージではなく、電話か直接会うしか方法はありませんよね。

重要な話は電話や直接会った時にするので、LINEのメッセージが短文になってしまうんです。

長々とメッセージを送って返信が来なかったら…なんてネガティブになるくらいなら、電話して女性の声を聞いて安心したいんです。

目を見て話すことで、相手が自分にどれだけ心を開いているのか分かることもあります。

LINEという便利なツールがあっても、電話や直接会うことを大事にしなければいけませんよね。

相手にしたくないけど女性がうるさい

女性 電話

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事