【その経験は決して無駄じゃない】辛い失恋から気付けること4選

【その経験は決して無駄じゃない】辛い失恋から気付けること4選

恋活

辛い失恋をしたくないという人は多いです。それは悲しいから、失恋はする意味がないからと思うかもしれませんが、辛い失恋にもちゃんと意味があります。この失恋をしたからこそ改めて気付くことが出来ることも沢山あるんです。今回は、そんな辛い失恋したから気付けることについて紹介します。

ゆず
ゆず
2017.07.19

辛い失恋が教えてくれることとは

教会で泣いている女性

失恋って辛いですよね。

誰だって経験したくないことの1つだと思いますが、恋をすれば失恋してしまう可能性はあります。

皆、失恋したくて恋をしているわけではありませんが、結果的に失恋になってしまうことは珍しいことではなくて、もしかしたらこれまで失恋しかしたことがないという人もいるかもしれません。

それくらい、失恋は当たり前にあるものです。

辛い失恋をすると、「何でこんな思いをしなければいけないんだろう」と思ってしまいますが、失恋って決してマイナスなことばかりではないんです。

失恋をしたからこそ、自分のことや周りのことに改めて気付いたりすることもあります。

辛い失恋をした直後は、後悔するかもしれません。

でも、失恋をしたことに後悔をする必要なんて一切ないんです。

一体辛い失恋は、何を教えてくれるのでしょうか。

今回は、辛い失恋をしたから気付けることについて紹介します。

好きな人だけが全てではないこと

女性が落ち込んでいる

辛い失恋をしたら気付けること1つ目は、「好きな人だけが全てではないこと」です。

好きな人が出来ると、周りが見えなくなってしまって何でも好きな人に合わせてしまっていませんでしたか?

好きな人が「会いたい」と言えば、例え自分に別の用事があっても会いに行くなんてことが何度もありましたよね。

その度に別の用事であなたの相手をしていた人に迷惑をかけていたこと、片思いをしていた時のあなたは気付くことが出来なかったと思います。

でも辛い失恋をしたことによって、好きな人だけではなく自分の周りに助けてくれる人が沢山いたことに気付けたと思います。

あなたが辛い時、手を差し伸べてくれたのは好きな人ではなかったけれど、友達だったり家族があなたのことを見捨てずに手を差し伸べてくれているのではないでしょうか。

「寂しい」と言えば飛んできてくれる友達、「一緒にいてほしい」と言えば何も言わずに隣にいてくれる家族、あなたの近くにはきっとそんな優しい人達が沢山います。

辛い失恋をした今は、そんな人達に甘えてもいいと思います。

でも、いつまでも甘えてばかりいてはいけないので、今度は周りの人が辛い気持ちになっている時にあなたが手を差し伸べてあげられるようにしましょう。

すると、あなたがまた辛い失恋をして寂しくなった時も手を差し伸べてくれる人が現れます。

人は支え合いながら生きているので、自分ばかりが支えてもらうのではなく、自分も誰かの支えになってあげて下さい。

必ずしも気持ちが同じになるわけではないこと

悲しんでいる女性の後ろ姿

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事