愛よ冷めないで!パートナーとずっとラブラブでいる秘訣3つ

愛よ冷めないで!パートナーとずっとラブラブでいる秘訣3つ

1711
update

付き合い始めはどんなカップルだってラブラブですよね。でも時間が経つにつれ、新鮮味もなくなったり喧嘩が増えたりして、別れてしまったりするものです。そんな中、長い間ラブラブで居られるカップルがいるのはなぜでしょう?相性?いえいえ、パートナーとずっとラブラブでいるための秘訣3つがあるのでご紹介します!

1711
update

ラブラブには努力が必要!

男女

長い間付き合っていても、ラブラブなカップルっていますよね。

そんなカップルを見ると、よっぽど相性がいいんだろうなと思うでしょう。

もちろん相性は大切です。

相性は努力しても変えらえるものではありませんし、カップルのベースとなるものです。

でもどんなに相性がいいカップルでも、時間が経てば新鮮味を失い、お互いに馴れすぎてしまうものです。

付き合い始めは見えなかった相手の短所や価値観の違いも、段々とスルーできなくなってきて、ケンカも増えます。

そしてケンカが絶えなくて別れに至ってしまう事もありますよね?

恋愛にマンネリや飽きは自然な事です。

でもそんな中、長い間付き合っても、同棲しても、結婚後もラブラブなカップルもいます。

この差は何なのでしょう?

これには秘訣がちゃんとあるんですよ。

ずっとラブラブなカップルは、意識的にも無意識的にもこの秘訣を実践しています。

パートナーとずっとラブラブでいる秘訣3つをご紹介しますので、ラブラブをずっと続けたい方、是非参考にしてみて下さいね!

パートナーとずっとラブラブでいる秘訣1 スキンシップ

男女

スキンシッププルは、結婚しておじいちゃんおばあちゃんになっても日常にスキンシップがあります。

スキンシップとはベタベタイチャイチャする事ではなくて、軽いボディタッチや軽いキスの事を言います。

例えば朝「行ってらっしゃい!」という時に軽くキスをするとか、嬉しい時にはハグをするとか。

お散歩する時に手を繋ぐのも、素敵なスキンシップです。

できれば今流行りの「恋人つなぎ」でラブラブをキープしたいですね。

シャイなパートナーなら、あなたから積極的にスキンシップを試みて下さいね。

例えば二人で歩いている時、あなたから腕を組んでみるとか。

嬉しい事があったらの彼の腕をポンポンと叩くとか。

テレビを観ている時、彼の肩にもたれかかるのもスキンシップの一つです。

あなたからしたら、パートナーも自然にあなたに触れられるようになりますし、それは二人のコミニケーションにも繋がります。

スキンシップは、言葉で交わさなくても愛を伝え合える表現方法なんですよ。

パートナーとずっとラブラブでいる秘訣2 感謝の気持ち

男女
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー