一生を誓って結婚したけど。離婚する夫婦が急増中!その理由とは?

ゆず

「生涯共に生きる」と決めて結婚したはずなのに、それを叶えることが出来ず離婚してしまう夫婦は年々増えています。どんなに好きで結婚しても、離婚に至ることもあるようです。どうして離婚してしまうのか、今回は離婚が増えてきてしまった理由について紹介します。

離婚の原因とは?


今の時代、3組に1組が離婚すると言われています。

芸能人でも、離婚してシングルマザーやシングルファーザーとして子供を育てているとか、バツイチ、バツニになっている人が多くなりましたよね。

あなたの周りでも、離婚を経験したことがあるという人は少なくないのではと思います。

よく「子供がいるから離婚出来ない」なんていう人もいますが、今の時代、子供が何人いようと離婚してしまう人は離婚します。


離婚した夫婦は、結婚する時に「○○で離婚しよう」と決めていたわけではありません。

長年付き合った末の結婚だったとしても、数ヶ月のスピード婚だったとしても「結婚したい」と思った時に、離婚のことまでは考えないですよね。

離婚を意識するのは、結婚生活を送っていくようになってからです。

どうして愛する人と結婚しても離婚してしまうのか、その理由について紹介します。

お互い1人で生きていけるから


離婚が増えてきた理由1つ目は、「お互い1人で生きていけるから」です。

生きていくために必要なものといえば、愛ではなくお金です。

お金がなければ、住む家も確保出来ませんし、食料だって調達することが難しいですよね。

どんなに愛する人と一緒にいても、お互いお金が無ければ生きていくことは出来なくなります。

よく「愛さえあれば何とかなる」なんて言いますが、それは妄想の世界だけで、実際は愛よりもお金が無ければ生活出来ません。


一昔前までは、女性が働ける場所が少なかったので、結婚すると女性は男性の給料で生きることが当たり前でした。

パートとして働いている人もいましたが、パートだけでは自分の生活費を稼ぐことが難しかったんです。

そのため、どんなに旦那に愛想を尽かしてしまっても、離婚したい気持ちが強くなっても、旦那の方に不貞行為がない限り離婚を決意することは出来ないと思っていた人が多く、女性は耐えるしかありませんでした。


しかし今の時代は、女性も正社員として雇ってもらえますし、パートでもフルタイムで働ける場所が増えました。

なので、女性でも1人で生活していけるくらいに稼ぐことは出来るようになりましたよね。

1人で生活していけるのであれば、旦那に愛想を尽かした時に離婚してもとりあえず生きていくことは出来ます。

だから離婚しようと決意しやすくなったんですね。


また、男性の方も家事全般出来る人が増えてきました。

昔は、洗濯機を回すことすら出来なかった男性ばかりでしたが、今は女性以上に家事力が高い男性もいます。

これはつまり、男性も女性がいなくても生活に困ることは無いということです。

イライラした結婚生活を送るよりか、自分流に1人で生活をした方が幸せになれるということから、離婚する夫婦が増えてしまったようです。

娯楽が増えて出会いが見つけやすくなったから


離婚が増えてきた理由2つ目は、「娯楽が増えて出会いが見つけやすくなったから」です。

今の時代、色んな娯楽がありますよね。

ゲーム1つにしても色んな種類がありますし、カラオケ、ハイキング、ボルダリングなどのアクティブなものもあれば、絵画鑑賞、映画鑑賞などインドアなものもあります。

昔からあるものもありますが、昔は出来る場所が少なかったとか、お金がかかったなどで今よりも娯楽が充実していませんでした。

そのため、仕事終わりは真っ直ぐ家に帰ってご飯を食べて寝るとか、休みの日は家にいてゴロゴロしているなんてことが多かったのですが、今は娯楽が充実しているからこそ結婚してもその娯楽が止められなかったりするんですよね。


1人で娯楽を楽しんでいる分には、いいストレス発散になりますが、中には色んな人と触れ合いながら楽しむものもあります。

その中には女性がいたりすることも、可能性としては低くありません。

同じ趣味の人と知り合うと意気投合しやすいので、そこから恋愛感情が芽生えてしまうこともありますよね。

いくら結婚していたとしても、恋をすることは禁止されているわけではありません。

片思いのままでお互いに気持ちをセーブしていればいいのですが、好きな気持ちが抑えられなくなると不倫に走ってしまうんですよね。


出会いが増えてきたからこそ、不倫にハマってしまい離婚する夫婦が増えてしまったんです。

人間、いつ自分の運命の人に出会うか分かりません。

結婚してから別の人と出会い「この人が運命の人だ」と思ってしまうと、その気持ちを抑えることが出来ず、相手に「離婚してほしい」と告げることになってしまいます。

日本では重婚が認められていないので、出会いを自分のモノにするのであれば、自分と夫婦になってくれた人と離婚するしかありません。

生涯独身の人が増えてきたから


離婚が増えてきた理由3つ目は、「生涯独身の人が増えてきたから」です。

今は、離婚する夫婦が多くなってきただけではなく、生きていく中で1度も結婚をしない「生涯独身」の人も増えてきています。

結婚はタイミングと言われているように、「結婚したい」と思う時に結婚しないと、独身が気楽になってしまってそのまま生涯独身になりやすくなってしまうんですよね。

生涯独身は、絶対にダメだというわけではありませんので、結婚を諦めて1人で生きていくという人がいてもいいんです。


結婚してすぐは、生涯独身の人に対して「結婚した方が絶対に幸せになれる」と言ってしまうことが多いのですが、結婚生活が長くなればなるほど、自由に生きている独身の人が羨ましくなってしまうんです。

結婚って、縛り付けられてしまっている気がするんですよね。

独身は何も縛られていないので、自分の好きなことを自由気ままに出来ます。

新婚時代は、自由気ままな独身者を「可哀想」だなんて思ってた人もいるのではないでしょうか。

でも段々、自由気ままな独身者が羨ましくなってしまうんですよね。


「自分も自由になりたい」という気持ちが強くなると、離婚を意識しやすくなります。

独身者が増えているからこそ、「寂しそう」と思うことも少なく、独身にはメリットしかないと思い込みやすいです。

もちろん、独身なら独身のメリットはありますが、デメリットだってあります。

自由な独身者ばかりを見てしまうと、離婚して自由になりたいという気持ちが強くなると思いますが、離婚をする時はよく考えて行動しましょう。

離婚をする前に考えておきたいこととは

離婚が増えてきた理由について紹介しました。

誰でも離婚しているからと言って、安易な気持ちで離婚してはいけません。

確かに紙切れ1枚で離婚することは出来ますが、離婚した後はどういう場所で暮らしていくのか、一定の生活を送ることは出来るのか、などをよく考えてから離婚届を提出するようにして下さい。

また、子供がいる場合は、離婚することによって子供には大きなダメージを与えることになりますので、しっかりと大人がフォローしなければいけません。


周りが離婚しているからといって、合わせて自分達夫婦も離婚するなんてことはしてはいけません。

離婚をしたら、もう過去に戻ることは出来ないので「あの時、離婚しなければよかった」と後悔しても遅いです。

離婚しても、すぐに復縁できるとはいえ、それを何度も繰り返していたら周りの人はあなたから離れていくと思います。

この先、離婚をしない夫婦が増えていくことはないかもしれませんが、結婚も離婚も自分の気持ちをしっかりと持って行うことを忘れないで下さい。


結婚する時に「どんなことがあってもこの人と一緒にいれる」という自信があれば、どんな困難がやってきても乗り越えられると思うので、離婚のリスクも少なくなると思います。

自分にとって最高の人を、運命の人を見つけて結婚しましょう。

「一生を誓って結婚したけど。離婚する夫婦が急増中!その理由とは?」を読んだ人に人気の記事
好きが増えるほど不安も増える。恋愛中の不安な気持ちの対処法とは片思いでも両思いでも、人を好きになると不安な気持ちになることってありませんか?嫌われてしまうかも、別れてしまうかも、という不安な気持ちは抱えていても辛くなるだけです。そこで今回は、不安な気持ちを抱えてしまった時の対処法を紹介したいと思います。
彼氏がいるのに好きな人ができた。この気持ちは恋?どちらを選ぶ?彼氏がいるのに他の男性にときめくことってありますよね。好きな人は1人でなければいけないという決まりはありませんが、彼氏がいるのであれば彼氏か好きな人かどちらか決めなければいけません。今回は、彼氏がいるにも関わらず好きな人が出来てしまった時の対処法を紹介します。
彼氏がいるのに。忘れられない恋を上手に消化していく方法3つとは今まで生きてきた中で一番好きだった人、大切に思っていた人のことって中々忘れることが出来ませんよね。中には、彼氏がいるのに、忘れられない恋のことを思い出してしまう人もいると思います。そんな人に忘れられない恋を上手く消化していく方法を紹介します。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事