デート遅刻魔の彼氏にどう対応する?タイプ別対処方法を紹介

sachihana

デートにいつもいつも遅刻してくる彼氏に困らされていませんか?遅刻さえしなくなればいい彼氏なのに。すぐには治らない遅刻癖。遅刻に対するあなたのストレスが最小限となり、うまく付き合いながらも、徐々に改善していってもらえるようにしていきたいものですね。そんなデート遅刻魔の彼氏に対する対処法を紹介します。

最初に


デートに遅刻してくる彼氏って嫌ですよね。

一度や二度ならまだ仕方ないけど、毎度毎度のデートで遅刻する遅刻魔なら本当に最悪。

それだけで、自分は愛されていないのかな、デートが楽しみでないのかな、って思ってしまいます。


でも、デートに遅刻をしてくること以外は、きちんとあなたに愛を表現していて、いい彼氏ならば、それだけを理由に別れるなんて、もったいないですよね。、

「遅刻しないで。」と遅刻されることが、どんなに寂しいことかを彼氏に伝えることも大切ですが、口論になるのが嫌で、なかなか言いづらい時もありますし、そもそも遅刻する人って、言葉で言ってすぐ治るようなものでもないですね。

ひとまず、ゆっくりと変わっていってくれることを期待して、遅刻魔の彼氏とうまく付き合っていく方法を実行してみましょう。


それでも彼氏が全く変わってくれなかったり、自分の気持ちが収まらないのであれば、別れるのを覚悟してでも、どれだけ遅刻されることがつらいかを伝えて、口論してみるのも好転するきっかけになるかもしれませんね。

あなたばかりが、我慢をする必要はありませんよ。


しかし、まずは最大限穏便に、彼氏のことも考えながら対応してみましょう。

では早速、4つの遅刻魔タイプ別の特徴と対処法を、紹介していきます。

あなたの彼氏にぴったりな対処法を、見つけてくださいね。

遅刻している自覚がないタイプ


遅刻して来ても全く悪気なく、謝るそぶりもなく、さっさとデートに突入する彼氏である場合は「遅刻していることが自覚ないタイプ」かもしれません。

このタイプは、あなたと、時間の感覚が異なるが故に、遅刻魔になっているのであって、全く悪気はない可能性があります。


電車が数分でも遅れたら、謝罪放送が流れるぐらい、日本人は基本的に時間に細かい国民性がありますが、それでも育った環境や、考え方などで時間の感覚は人それぞれ異なるものです。

10時待ち合わせといった時に、必ず待ち合わせの10分前に来る人と、10時10分ぐらいまでは遅刻の内に入らない、と思う人もいます。


このタイプの彼氏とは、まずはお互いの時間の考え方について、気軽に話をしてみましょう。

私はいつも約束があると、絶対10分前とかには着いちゃうんだよね、とかさりげなく自分の感覚から話してみると、彼氏の感覚も聞きやすですね。

是非、時間の感覚について話し合って、まずは彼氏に遅刻していることを、自覚してもらうことから始めましょう。

自分でもどうしようもないタイプ


明らかに急いで走ってきて、遅れてしまったことを最初に謝る彼氏、デート中も仕事の電話が頻繁にきたりする彼氏。

そういった彼氏は、仕事や学業が異常に忙しくて「自分ではどうしようもないタイプ」かもしれません。


毎日、1分1秒追われてしまっている人って、たくさんいますよね。

常に時間に追われていて、疲れ果ててしまっている人。


このタイプの彼氏は、自分が遅刻していることはわかっているけど、どうしようもない可能性があります。

出かける準備をしている時に、仕事の電話がきたり、やらなきゃいけない事が終わらなかったり。

自分では時間に間に合うように出発したいのに、第三者により邪魔をされることが多い環境で、遅刻してしまいす。


よって、このタイプの彼氏は、本人も反省していることが多いので、遅刻を責めることは出来る限りしないであげましょう。

それよりも、そもそもガチガチの予定を決めない、予定はできる限り会う直前の、ギリギリに決めるようにしてあげることが、お互いにとって大切です。

とにかく時間にルーズタイプ


デートの待ち合わせだけでなく、デート中のお店予約時間や映画開始時間など、いろんなシーンにおいて、あまり時間を気にしない彼氏。

そういった彼氏は、あなたとのデートだけでなく、全てにおいて「とにかく時間にルーズなタイプ」といえますね。


こういった人は、「遅刻している自覚がないタイプ」とは異なり、そもそも時間という概念があまりなく、時間に囚われたくない人。

きっとこういう人は、今まで時間で痛い目をみたことがなく、何とかなってしまっていたのでは無いでしょうか。

遅刻しても人は待っていてくれる、なんとかなると思っているのかもしれません。


そんな天性のルーズなタイプの彼氏には、時間を守らないと、大変なことになると一度知らせてみせる、荒治療でもよいでしょう。

あまりに遅れている時は、その日のデートをキャンセルして、あなたは帰ってみる。

それぐらいして初めて、時間を守る大切さに気づいてくれる第一歩かもしれません。

のんびり屋さんなことが多いので、ちょっと強気で対処しましょう。

自分が待つのが嫌なタイプ


遅刻か遅刻でないか、際どい遅刻を頻繁にしたり、待たせていたも余り謝るそぶりがない、むしろ計画的?と感じるなら「自分が待つのが嫌なタイプ」かもしれません。

そういった彼氏は、一人の時間をうまく過ごすのが苦手なタイプ。


極端に言えば、すごく寂しがり屋といえるかもしれません。

一人で待っているなんて耐えられない、何をしていいか分からない、ドギマギしてしまう、それ故に、いつも自分が遅れて登場する。

だからって、彼女を待たせるってどうなの?とも思いますが、それだけあなたに甘えているということでもあります。


そんな甘えん坊彼氏には、待ち合わせの時には、こま目に連絡をしてあげるようにしてみましょう。

今家出たよ、今電車乗ったよ、もうすぐ着くよ、ということを、LINEのスタンプでも活用して気軽に連絡することで、彼氏はそれに合わせて行動するようになってくれるかもしれませんよ。

後は、寂しがり屋彼氏が一人にならないように、うまく待ち合わせ場所を考えてあげると良いですね。

彼氏を待つ時間を有効活用


すぐには治らない彼氏の遅刻癖が完治するのを待つ期間、ただ、イライラして彼氏を待ち続けるのは勿体無いですよね。

せっかくなら、その時間も楽しむぐらいの余裕を持ちましょう。

時間を有意義に過ごすために、下記のようなことをお勧めします。


周辺を散歩してみる

待ち合わせ場所から、少し離れて街を散歩してみましょう。

彼氏が大体何分ぐらい遅れてくるかがわかったら、その時間内で戻って来られるぐらいの距離だけ、待ち合わせ場所から離れて、周囲を散歩してみませんか。


意外なお店があったり、いつもは通り過ぎてしまう何気ない所に面白い看板があったりと、新しい発見がありますよ。

次回、彼氏と行きたいお店が見つかったりもするかも。


読書する

彼氏を待っている間に 空いてる時間に読書をしてみましょう。

手荷物の負担にならない程度で、常に単行本を持ち歩いているといいですね。

特に、短編集やエッセイなどの読みやすい物だと、途中で彼氏が現れて読書を遮られても苦にはなりませんよね。


人を観察してみる

その場で待ちながらでも、ちょっとお店で休みながらでもいいので、人を観察してみませんか。

普段、人をみる機会ってないかもしれませんが、歩いている人、同じように誰かを待っている人、いろんな人を観察してみると、実はとても面白いですよ。

あの人は誰を待っているんだろう、あのファッション素敵だな、とか一人一人を観察すると、いろんなドラマが想像できて、時間ってあっという間に過ぎてしまいますよ。

遅刻改善しつつより良い関係を

遅刻という行為は、身体に染み付いてしまうと、デートだけでなくいろんなシチュエーションで、本人にとって百害あって一利なし、な行動です。

よって、大人なあなたが、彼氏を導いて正していってあげましょう。


すぐには治らないかもしれないので、あなたも待っている時間を楽しみながら、根気よく付き合っていきましょう。

いつかきっと、彼氏はあなたに感謝をしてくれるはず。

彼氏の恩人になれて、よりよい関係を築けるかもしれませんね。

「デート遅刻魔の彼氏にどう対応する?タイプ別対処方法を紹介」を読んだ人に人気の記事
彼氏がいるのに寂しい。満たされない気持ちの発散方法とは?彼氏がいるのに寂しいと感じてしまうことって、やっぱりあるものです。元々寂しがり屋の性格の女性もいれば、忙しくてなかなか会うことができないカップルもいますよね。そんな寂しいと思う気持ちを溜め込んでしまうのは、やはり辛いもの。今回は寂しいと思う気持ちの発散方法を紹介したいと思います!
お互いがいないと死んじゃう?恋愛中の共依存から抜け出す方法3つカップルが「お互い、いなければ私は生きていけない」と感じているその気持ちは「共依存」です。共依存カップルは悩みがないとか、幸せになれると思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。共依存は治していかなければいけないのです。今回は、共依存から抜け出す方法を紹介します。
結婚生活が快適に!一人暮らし経験のある男性が結婚に向いてる理由あなたは、結婚する相手の男性に対して何か条件や理想はありますか?人それぞれ、結婚相手に対してはさまざまな理想や条件があると思いますが、ここでは、一人暮らしの経験がある男性と結婚すると、結婚生活がより快適になる可能性が高いということについてご紹介していきます。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事