結婚や出産を見据えているのなら!仕事の転職4つのヒント

結婚や出産を見据えているのなら!仕事の転職4つのヒント

3346
update

もしあなたが仕事を辞めようと思っているなら。職したいという気持ちを咎める気はありませんが、一度立ち止まって考えてみてほしいことがあります。愛する人がいる場合、その彼とのこれからの生活にも関わってくる転職活動。結婚や出産などがそう遠くない未来にイメージできるなら尚のこと考えてほしいことをお伝えします。

3346
update

仕事はやめてもいい、やめるべきときがある

仕事を辞めようと思ったら、考えてほしい4つのこと

いま、仕事を辞めて転職したいと思っている人も多いかもしれませんね。

前代未聞の人手不足が叫ばれ、転職希望者にとってはかなりよい条件で転職する絶好のチャンスです。

あなたも、結婚や出産を見据えたり、今の彼と幸せな生活を送ったりするためにはこの仕事に就きたいとか、こういう働き方がいいとか、そういう思いがあることでしょう。

女性の生き方は、結婚や出産に大きく左右される可能性があります。

そのため、逆を言えば仕事やキャリアがあなたの人生にかかわってくる度合いも大きくなってきます。

もしあなたがいま、転職を検討しているのであれば、ぜひ一度いい機会だと思って、自分のこれからを見つめ直してみてください。

いまの職場で身につけられることはないか

仕事を辞めようと思ったら、考えてほしい4つのこと

仕事を辞めようと思うこと自体はマズイことではありませんし、いまは女性がより活躍できる職場が増えてきています。

今の職場で十分に活躍できていなかったり、自分の能力が生かせていなかったり、はたまた給料の金額に満足いっていなかったりと、今の職場を辞める理由は様々だと思います。

しかし、いまの職場でこれ以上身に着けられることはないか、念のためもう一度振り返ってみてください。

これは、退職を引き留めるためではなく、転職活動で必要になる履歴書を書くためです。

履歴書や職務経歴書には、あなたが前職で何をしてきたか、何を得てきたのか、どんな能力を評価されてきたのかなどをしっかりと記入して、面接に臨む必要があります。

それを見て面接官は、あなたが自社に必要な人材か、あなたが自社に入社したらどんな働きをしてくれそうか、検討していきますよね。

そのとき、あまりにも仕事の範囲が狭かったり、内容が薄かったり、その仕事への理解が浅そうだと思ったら採用してくれませんよね。

ですから、次の仕事が決まるまでその会社にいなければならないのであれば、少しでも今の仕事を次の職場でどういう風に生かせるか考えながら仕事をしてみてもいいと思いませんか。

たとえば、職務経歴書に業務内容を書く欄がありますよね。

そこに、いまの自分の業務内容を書き出すイメージをもってみてください。

その内容を客観的に見て、あなたが次働きたいと思っている会社で評価されそうでしょうか。

もし、評価してもらえそうだと思ったら、今の業務内容をほかの会社でも使えるように、より理解を深めるよう心掛けながら仕事をしてみましょう。

また、もしあまり評価されそうにないと思ったら、何を評価してもらえそうか考えてみてください。

そして、評価してもらえそうな仕事が今の職場でもできないか、考えてみるのです。

もしできそうなら、積極的に上司に提案して、「実務経験」としてその仕事を経験しておきましょう。

それなら転職の際の職務経歴書に堂々と書くことができますよね。

今の職場ではとてもできそうにない仕事であれば、ほかに評価してもらえそうな業務内容が今の職場でできないか、考えてみてください。

それでもないというのなら、PCスキルや語学スキルなどを伸ばすか、取り扱い商品の知識を広げましょう。

とにもかくにも、次の職場で自分がどう活躍しているかをイメージして、それに合ったスキルや知識を身に着けておくことが重要です。

結婚のタイミングや妊娠・出産までの期間

仕事を辞めようと思ったら、考えてほしい4つのこと
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー