別れの危機に陥る前に!セックスレスの原因と解消法を学んでおこう

別れの危機に陥る前に!セックスレスの原因と解消法を学んでおこう

4550
update
posted2017/09/27

デリケートな問題だから、あまり大っぴらに話すことはないけれど、実は意外と悩んでいるカップルが多いセックスレス問題。セックスレス問題は恥ずかしいことではありません!セックスレスに陥ってしまう原因を男女別に解析。解消方法もご提案します。

4550
update
posted2017/09/27

セックスレス問題は意外と蔓延っている!

ベッド

デリケートな問題だから、なかなかみんなが口にしないだけで、意外と蔓延っている「セックスレス問題」。

筆者もこの間、立て続けに3人から「パートナーとセックスレスなんだ」とカミングアウトされた経験をしました。

軽い口調でカミングアウトされたものの、よくよく話を聞いてみると、悩みの根は深く、相当影では悩んでいる様子でした。

大っぴらにはできないけれど、深刻に悩んでいる人が多いはず。

1人で抱え込まないで、原因を理解してセックスレス解消に向かえるように努力してみましょう。

セックスレスの原因とは?【男性編】

男性

仕事が忙しくて体力が追いつかない

まずセックスレスの原因としてあげられるのが、男性の仕事が忙しく、夜疲れて寝てしまうというのがあります。

同棲していたり、結婚していたり、同じ屋根の下で生活しているカップルが特に陥りやすい状況です。

ずっと一緒にいて、安心できるがゆえに「いつでもできる」と思ってしまうからこそ、疲れに打ち勝つことができないそう。

稀に、外でデートをする関係性でも、ごはんを食べてホテルや部屋に行かずに、解散してしまうという事例があります。

この場合は、仕事がハードすぎるのか、極端に性欲が少ないかのどちらかだということが言えるでしょう。

相手に性的魅力を感じない

相手に性的魅力を感じなくなってしまったという、女性としてはショックな原因もあげられます。

男性が他の女性に目移りしていることが原因なのか、女性側が女としての魅力を感じさせないほど、手抜きをしてしまっているのか、さらに「性的魅力を感じない」理由を考えていくべきです。

そしてもうひとつ、家族のようになりすぎたからなのか、そもそも一緒にいたくないほどの相性の悪さになってしまったのか、見極める必要があります。

「一緒にいたくない」相性の悪さであれば、手の施しようがないと言えるでしょう。

カラダの相性が悪いと感じる

相性が悪いというのは、女性がよく感じがちなことですが、男性も感じる人はいるそう。

ただし、相性を悪いと感じる点が女性とはちょっと違っているようで、「自分の好きなプレイをしてくれない」「パートナーが積極的になってくれない」といった不満から、彼女とのセックスレスに繋がることが多いといいます。

生活リズムが合わない

セックスをしたいとは思うが、パートナーとの生活リズムが合わずにセックスレスになってしまうということもあります。

昼職と不定期な時間の勤務同士は、どうしても時間が合わないという問題が生じますよね。

相性はいいのに、生活が合わずにセックスレスに陥っているカップルもいるのが事実です。

生活リズムのズレは、セックスレス問題だけではなく、パートナーとのカップル生活や、夫婦生活にも影響を及ぼす問題なので、真剣に考えた方が良い内容です。

距離感問題

相手のことを信頼して家族のように思っているから、性的な対象として見れなくなってしまうカップルが多々いるそう。

大切にしているがゆえにセックスレスになってしまっているのは悲しいですよね。

そもそも冷めてしまっている

上記でも書きましたが、そもそも冷めてしまっている場合は、セックスレスの解消というよりも、相手の愛情を復活させる方法を考えた方がよさそうです。

愛情が復活すれば、セックスレスもおのずと解消されていくでしょう!

浮気をしているから

考えたくはありませんが、他で事足りているからパートナーとのセックスは必要ないと思っている男性もいます。

女性側が「隠し通せる浮気なら……」と寛容ならば話は別ですが、自分のパートナーが違う女と寝ている事実は許せないはず。

まずは、セックスレスよりも浮気問題の解消が先決ですね。

男性側が性的な病気を抱えているから

EDなど、性的な病気を抱えていてセックスレスになっているという場合もあります。

デリケートな問題だからこそ、逃げてしまった方が、触れない方が気持ちは楽かもしれませんが、いつかは向き合わなくてはいけないこと。

病気の場合は、しっかりと病院にかかることが大切です。

病気が治ればセックスレスに悩む必要もなくなりますよ。

セックスレスの原因とは?【女性編】

女性
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー