重いとフラれる!束縛をしてしまう彼女の特徴と束縛しない方法とは

重いとフラれる!束縛をしてしまう彼女の特徴と束縛しない方法とは

3212
update

猛アタックの末、付き合えた彼氏がいたら、思わず自分の物と勘違いしていしまいそうになりますよね。好きという気持ちが強すぎて、知らず知らずのうちに、相手を束縛していたなんて経験がある人もいることでしょう。そこで今回は束縛をしてしまう彼女の特徴と、束縛をしない彼女になる方法を紹介します。

3212
update

束縛とは?!

男女

束縛とは相手を好きすぎるあまり、相手の行動を制限してしまうことです。

例えば、女の人と2人で出かけたら駄目、出かけるときは誰とどこに行くかを報告することが義務付けられる。

こういった言動を束縛といいます。

全ての束縛が悪いとは言いませんが、束縛にも限度がありますよね。

男性は基本的に自由でありたい生き物です。

そのため、度がすぎた束縛を嫌がる人も多いのです。

例えば、女の人と話すのも駄目なんて言われてしまっては、どうすることもできないのです。

逆に女の人と話しているのを見て、「あの人、可愛いよね。」と拗ねるくらいであれば、可愛いなと思うわけです。

しかし、こればかりは男性次第でどこまでが束縛でどこまでが束縛ではないのかが、変わってきます。

相手の性格を知ることが大事でしょう。

時にはその行き過ぎた束縛が原因で別れることも・・・。

束縛を最初は可愛いなと思っていても、何度をされると「俺を信じてないんじゃないか?」という気持ちになり、冷めていきます。

彼女が彼氏を私物化してしまっているのが原因で、別れるという選択をする人も少なくありませんよ。

彼氏に「重い」と言われるあなたへ!奪わないという愛し方について

彼氏が好きで仕方ないのに、「重い」と言われてしまうあなた。あなたがどんなに「普通に」彼氏を愛していたとしても、その愛、彼氏にとってはとても重いものになっているかもしれません。彼氏の気持ちに負担をかけない「奪わない愛し方」を実践してみませんか?

https://koimemo.com/article/3836

束縛する女性の特徴とは(前半)

女性

では、束縛をしてしまう女性とはどんな人なのかを見ていきましょう。

1.ラインやメールの履歴を見る

これは納得するのではないでしょうか。

彼氏がどんな相手と連絡を取っているのかが、気になって仕方が無いのです。

女の人とのやり取りを見たら、彼氏を問い詰めにかかります。

彼氏からしたら、女友だちや同僚でしかないのに、彼女が勘違いしているというケースも多々あります。

また、最悪の場合は彼氏の携帯電話をこっそり見てしまうという、愚行に走ってしまうこともあります。

携帯電話をこっそり見てしまうということは、いくら恋人関係だからといっても、プライバシーを侵されているような気持ちになり、冷めていきます。

2.SNSで行動をチェック

こちらも彼氏の行動をチェックしている場合です。

ラインやメールではなく、フェイスブックやツイッターなどのSNSを利用して、チェックしています。

彼女が自分のSNSを覗いて、行動をチェックしているということがわかってしまうと、プライベートの時間に気が休まらなくなってしまいます。

彼氏しか見えておらず、心配性の女性に起こりやすい行動です。

3.離れているときに頻繁に連絡が来る

こちらも彼氏の行動を常に把握しておきたいという気持ちが、強すぎる場合です。

彼氏が会社の飲み会だからといっても、「今、どこにいる?」などど連絡をしてしまうのです。

彼氏からしたら、「会社の飲み会って言ったのに、信じていないのか。」という気持ちになり、冷めていきます。

そういう席のときに直接電話をしてくる場合は、他の女性に「この人には私がいる。」ということをアピールしていることもあります。

4.急に家を訪れる

これは迷惑な話ですが、彼氏に何も連絡をせずに急に家を訪れる人もいます。

何故、こういった行動をするのでしょうか。

それは、他の女性と家で遊んでいないかということを、抜き打ちでチェックするためです。

事前に連絡を取ってから家を訪ねると、準備する時間ができます。

急に彼氏の家に訪ねることで、そういった時間を与えないようにしています。

ただ、サプライズで訪れる彼女もいるので、雰囲気などで判断するべきでしょう。

束縛する女性の特徴とは(後半)

女性
この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

ここのあげられた典型的な束縛女って若いときはいたけど最近では聞かないかな。さすがに年とってきたら男も女も落ち着くと思う。未だに束縛されるような男も男だと思うし。結局束縛って信用されていないから縛ることになっちゃうんだし。信用してれば束縛なんて自然になくなる。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー