婚活パーティーでカップルになった後も関係を続ける為の3つの方法

婚活パーティーでカップルになった後も関係を続ける為の3つの方法

結婚
ハナ
ハナ
2015.08.24

婚活パーティー当日にお茶に行って、ちょっとお話をしてそれだけで終わり…。というケースも多いようです。

もちろん、お茶をして『この人違うな』と思ってしまい意図的に会わないようにしているケースもあると思いますが、お互いに『いいな』と思っているのに次の約束を取り付けるタイミングを逃しているケースも結構有るのではないでしょうか。

話をしてみていいと思ったら、臆することなくなるべく早めに次の約束は取り付けないといけません。結婚への意識が高い相手だった場合、早めに約束を取り付けなければ次の婚活パーティーへ行ってしまい、他にいい人を見つけてしまう可能性もあります!

できれば、話をした翌日に『もっと話をしたい』と相手のことを誘うのがベストです♪

貴方の印象なども翌日ならまだ強く残っているので、話もはずむはずですよ!

3*連絡先はパーティー当日に交換する

連絡先の交換は忘れがちですが付き合うためには必須です!

連絡先カードはパーティー会場でもらっているかもしれませんが、家に帰ってカードから携帯電話に手打ちで連絡先を入力するのは正直面倒です。

よっぽど気に入っていて、『この人しかいない』と思うような相手じゃないと『もう連絡しなくていいかなぁ』となってしまうことも…。

しかもカードは書き間違いをしている可能性もあるので、後日連絡をしたくてもできなくて自然とフェイドアウトしていくこともあります。

そんな『面倒だ』や『書き間違い』を防ぐためにもパーティー当日にその場で連絡先は交換・登録しておく方が無難ですよ♪

女性 電話 手

いかがでしたか?

性格や振る舞いではなく、婚活パーティーでカップルになった人と縁が続く方法をご紹介しましたが、最初のちょっとした心がけ次第で、相手との未来が決まってくるようです。

もちろん、話をしてみたらイメージとちょっと違った!ということも婚活パーティーでは起こり得ます。

その際には、その人のことを引きずっては行けません。

婚活パーティーだけで、相手を見つけたいならどんどんと積極的にパーティーに参加するフットワークの軽さが必要です。

前のことは引きずらず、次のパーティーでいい出会いを探してみてくださいね♥

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)