大好きな彼氏と至福の時間。初デートにこんな会話はいかが?

大好きな彼氏と至福の時間。初デートにこんな会話はいかが?

3296
update
posted2017/10/12

大好きな彼氏とドキドキの初デート当日。ウキウキしながらもやはり緊張して、会話があまり弾まないかもしれません。そんな初々しさは初デートらしくて良いのですが、できれば会話が盛り上がる方が良いですよね。そこで今回は、二人が困らないような話のネタをご紹介したいと思います。

3296
update
posted2017/10/12

初デートの会話は知る事がいっぱい。

男女

お付き合いをする前から二人で会う事があったと思いますが、彼氏彼女として正式に付き合ってからの初デートなので、また違った感覚で会話ができると思います。

お互いの事をそれなりに分かっているから付き合う事ができた訳ですが、彼氏彼女として、もっともっと知っておくべき事や知っておきたい事があると思います。

ですので、今まででも聞きたかったけれど、付き合っていないのに聞くのは図々しいと思っていて聞けなかった事も、お互いにあると思います。

でも、今回の初デートからはそんな遠慮はいりません。

つまり、初デートでは本来、会話のネタは尽きることがないはずです。

ただ、お互いに初デートという事で気持ちが舞い上がってしまって、会話がうまく成立しない事は考えられます。

そんな時の為に、いくつか初デートで盛り上がるかもしれない会話をご紹介します。

初デートの会話で旅行を想像しよう。

温泉

旅行って、旅行の最中も当然ですが、旅行をしようと思ってからいろいろと考えている時もすっごく楽しいですよね。

その感覚を二人で共有できれば、初デートの会話が盛り上がりそうですよね。

でも、初デートの時に「今度旅行へ行こうよ。どこに行く?」と提案するのは難しいですよね。

だったら、行きたい場所の会話をしてみましょう。

「どこでも行けるとしたら、どこへ行きたい?」

こんな漠然とした聞き方で十分です。

国内外関係なく、想像を膨らませます。

お互いに行きたい場所について会話して、あれこれ想像しているだけで楽しくなってきます。

海外はお金も時間も必要なので、そう簡単に実現できないかもしれませんが、国内であれば割と早い段階で行く事ができそうですよね。

お互いに「彼氏彼女と行きたい場所」という目的が元々あるのなら、尚のことです。

行きたい場所が一致していたら、初デートの気分も盛り上がると思います。

初デートの頃はまだお互いの共通点はそこまで多くありません。

付き合っていく中で「あ、ここも同じ。あ、ここも一緒だ。」という事が積み重なっていって、想いがどんどん膨らんでいきます。

その一つとして、行きたい場所が一致したら、いつか一緒に行けるかもしれない場所に、思いを馳せる事ができますよね。

初デートではお互いの魅力を引き出す会話。

男女

初デートで、もっと相手の事を知れたら嬉しいですよね。

しかも、もっともっと相手の事を魅力的に感じられる一面を知れたら、嬉しいですよね。

だったら、お互いに自慢できる会話をしてみましょう。

と言っても、自分から自慢話をするっていうのは、ちょっと恥ずかしいですよね。

初デートで自慢話なんてしたら、引かれるって思っちゃいますからね。

だったら、自慢話という言葉を使わなければ良いと思いませんか?

「ねぇねぇ、武勇伝ってある?」

こういう聞き方で十分です。

「自慢話をしてよ」というのは何だか嫌な言い方ですよね。

でも武勇伝という言い方であれば、ちょっとネタっぽくても話しやすいと思います。

「武勇伝なんて言える事は何もないよ。」ときっと彼は謙遜すると思いますが、誰にでも頑張った事ってあるはずですし、忘れられない体験なんかもあると思います。

だからきっと、「強いて言えば・・・」と話してくれると思います。

お互いに武勇伝を伝え合えば、相手の人となりがすごく分かる会話になると思います。

その人の熱い部分とか繊細な部分とか、そういう事をお互いに感じ合えば「この人を好きになって良かった」と初デートでさっそく思う事ができると思います。

初デートで好きを伝える会話。

ハート
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー