結婚相手を紹介したら親に反対された!気持ちを貫くための対処法

結婚相手を紹介したら親に反対された!気持ちを貫くための対処法

3216
update
posted2017/10/12

結婚を決めたらまず初めに報告するのは両親ですよね。結婚したいことを結婚相手と伝えた時、必ずしも「おめでとう」と言ってくれるわけではありません。もしも両親に結婚相手との結婚を許してもらえなかったら、あなたはどうしますか?今回は、そんな時の対処法を紹介します。

3216
update
posted2017/10/12

結婚を反対されてしまったらどうする?

家族

女性の場合は、16歳から結婚することが出来ますが、未成年の間は両親の許可がないと結婚することが出来ません。

成人になれば、両親の許可なく結婚することが可能になりますが、何歳になっても結婚が決まった時は、両親に結婚相手と共に、結婚の許可をもらいに行くのが当たり前になっていますよね。

それは、結婚が自分たちだけのことではないからというのが、大きな理由になると思います。

夫婦になるのは自分と、結婚相手だけですが、夫婦になったからこそ結婚相手の両親が自分の両親にもなりますよね。

これまで他人だった人が家族になるわけですから、きちんと報告しなければいけないんです。

ほとんどの家庭では、両親に結婚相手との結婚を報告すると「おめでとう」と祝福してもらえると思います。

自分の子供が結婚するというのは、両親にとって最高の親孝行になるそうです。

「自分の手から離れていってしまう」という寂しさはありますが、それ以上に「子供には幸せになってもらいたい」という気持ちが、両親にはあるんです。

ですが、結婚相手との結婚を100%認めてもらえるとは限りません。

結婚相手と結婚の報告をしたら「結婚なんて認めない」と門前払いする両親も中にはいるんです。

両親に反対されたらショックですが、だからといって結婚相手との結婚を諦めたくはないですよね。

両親に報告しているくらいですから、「結婚したい」という気持ちは強いはずです。

では、どのように両親を説得して、結婚相手との結婚を祝福してもらえばいいのでしょうか。

今回は、両親に結婚相手との結婚を認めてもらえなかった時の対処法について紹介します。

彼氏との交際を親に反対された時の4つの対処法!

こんなに大好きなのに…自分の親や彼氏の両親から交際を反対されてしまった。そんな時、どうすれば良いのでしょうか?大好きな彼氏なら、親からの反対で別れたくないですよね。4つの対処方法を紹介します。

https://koimemo.com/article/1584

親と結婚相手の時間を増やす

時計

両親に結婚相手との結婚を認めてもらえなかった時の対処法1つ目は、「親と結婚相手の時間を増やす」です。

いくら今は結婚相手とはいえ、付き合っている間に両親と結婚相手を1度も会わせたことがないという場合、結婚を反対されてしまう可能性が高くなります。

何故なら、両親は結婚相手の情報を何一つ知らないため、結婚相手がどんな人だか分からないからです。

いくら付き合っている事を事前に両親に伝えていたとしても、話をしただけでは分からないことって沢山あるんですよね。

実際に会ってみて、イメージが変わることは珍しい話ではありません。

なので、両親と結婚相手には、お互いをよく知ってもらう時間を作りましょう。

いきなり両親と結婚相手だけでどこかに行くというのはハードルが高いので、まずは自分も含めて軽いお食事会を開きましょう。

ファミレスならば、両親も結婚相手もリラックス出来ると思いますので、おすすめです。

見栄を張って高い食事処にする人が多いのですが、すぐに両親と打ち解けられるとは限りません。

何度もこのような形をとらなければいけなくなるかもしれないので、リーズナブルな場所でいいんです。

お互いに話をしていけば、どんな人なのかが分かってくるので、結婚を認めてもらいやすくなります。

事前に両親に結婚相手の情報を伝えておくことはもちろんですが、結婚相手にも両親の好きなものだったり、休日の過ごし方などを伝えておくと、結婚相手も話題を作りやすくなります。

この時から両親と結婚相手が親しくなれば、結婚してからも関係が良好でいられますよね。

反対する理由を聞く

家族 男女
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー