【必見】結婚前に彼と同棲すべき?!その理由とメリット7つとは?

らん

結婚前には、同棲をするべき!というアドバイスを聞いたことがある方は、少なくないでしょう。ではなぜ、まだ結婚もしていないのに、彼氏と一緒に生活をする必要があるのでしょうか?そこで、そんな気持ちを納得させるために、結婚前の同棲が持つ意味やメリットを紹介していきます。

結婚前の同棲は大事!


結婚前は「まだ独身だから同棲なんかせずに、1人の時間を謳歌したい!」と考える方も多いかもしれません。

ですが、実はそんな方にこそ、結婚前の同棲はとても大事なのです。

結婚は人生を左右する大きな出来事の1つですから、よく考えて、慎重になる必要があります。

そして、そんな慎重に彼氏との結婚を検討するために、結婚前の同棲は大きな意味を持っています。


では、具体的には結婚前の同棲には、どんな意味やメリットがあるのか、そのポイントについて7つチェックしてみましょう。

意味やメリットを知れば、せっかくの独身気分を味わえる期間を短縮させてしまう結婚前の同棲も、納得して臨むことができるはずです!

その1:結婚相手としてふさわしいかどうか判断できる


結婚前に同棲をする、という行為が持つ最大の意味と言えるのが、「お互いが結婚相手としてふさわしいかどうかの判断ができる」という点ですね。

一緒にデートをしたり、食事をしたり・・・

そんな風にカップルで過ごすのは、誰もが大抵、「楽しい」「嬉しい」「幸せ」という気分になれるものでしょう。

結婚を考えるくらいですから、当然、お互いに「心から愛している」という気持ちも持っているはずです。


ですがその相手がいざ、結婚してみると、自分の知らない「嫌な部分」をたくさん持っていたとしたらどうでしょうか?

デートや食事など、短時間会うだけの関係だと実は見えているのは、相手の「ほんの一部分だけ」だったりするのです。


女性自身にも、思い当たる節はあるはずです。

しっかりメイクをして、オシャレをして彼氏とのデートに出かけるけれど、家に帰ったらメイクを落とし「とにかく楽な服装」に着替えて寝転んでダラダラしたり・・・

大好きな人には見せられない姿や本性を、誰もが抱えていたりするのです。

ですが、結婚して一緒に生活していくとなると、そういった姿をいつまでも隠し続けることなどできません。

そんな姿を見ても、相手に対する「思いやりの気持ち」や「愛」を失わずにいられるかどうか。

これを判断するのに、結婚前の同棲はとても大きな意味を持つのです。

その2:生活感の違いを知ることができる


結婚前の同棲では、1度、模擬的な結婚生活をしてみることで、お互いの生活感の違いを知ることができます。

毎日の生活の中で、「これが当たり前」だと思ってしていることって少なくないですよね。

お風呂は毎日、夜の寝る前に入るのが当たり前という人もいれば、仕事から帰ったらすぐにお風呂に入って、それから夕食・・・というリズムの方もいます。


これ以外にも「家に帰ったら靴下を脱ぐ」とか、「洗濯物は夜洗い」とか、それぞれの生活の仕方にはそれぞれの「こだわり」があったりするものです。

一緒に生活するまでは、こういったことは分かりにくいのですが実際に結婚前に同棲してみると、自分の生活のペースが乱されたり、相手の生活感との違いに「イラッ」ときてしまったりすることがあるのです。

結婚してから、こういった生活感の違いが浮き彫りになってきたら、「こんなはずじゃなかったのに」という気持ちになってしまいますよね。

そうならないためにも、結婚前の同棲の段階でお互いの生活感に気づき、うまく歩み寄っておく方が安心です。

事前に結婚前の同棲で練習しておくことで、これまで全く違った生活を営んできた2人でも、結婚後にスムーズな新生活をスタートさせやすくなるのです。

その3:生活リズムを作っておくことができる


結婚してからの生活というのは、けっこうバタバタしたり、変化の連続で体や心が疲れてしまったりするものです。

そこで、結婚前に同棲をしておくことで、2人の生活のリズムを作っておくと、そんなバタバタや疲れを少しでも軽減することができます。

お互いが何時ごろに寝て、何時ごろに起きるのか。

食事の時間は何時ごろか。

結婚後にいきなり、これらのルールを決めるよりも結婚前の同棲である程度、ルールが出来上がっていた方がスムーズですよね。


結婚前に同棲しておけば、お互いの仕事からの帰宅時間なども知っておけるので、より家事も進めやすくなるでしょう。

結婚前の同棲は、いわば2人で始める新生活の「予行練習」なのですね。

その4:お互いの好みを知ることができる


ただのカップルでいる間は、小さなことならごまかしたり、隠したりすることが簡単にできてしまいます。

例えば彼女が手作りの料理を作ってくれた時、彼氏にとって苦手なものがあったとしても、無理をして「おいしい」と伝えてしまったりすることもあるでしょう。

たった1回の手料理なら、なんとか我慢してごまかすことは、決して難しくないのです。

ですが、結婚して一生を共に生活していくとなるとそうはいきません。


ずっと気を遣い続けるのは、お互い息苦しくなるだけですね。

そこで、結婚前に同棲をしておくことで、お互いの好みをある程度把握しておくことが大切になってきます。

結婚前に同棲をすれば、毎日一緒に食事をすることになります。

そうなると、さすがにお互い、苦手なもの、嫌いなものは我慢し続けるのが難しく、ここで「俺、これは苦手なんだよね」と伝えることもできるようになってくるのです。


女性にしても同じです。

例えば彼氏がお香を焚く習慣のある人だとしましょう。

一瞬、香るくらいなら許せても、家の中で1日中自分の好みではない香りが漂ってしまうと、けっこう辛いですよね。

そんな時には、「結婚前に伝えておきたいんだけど、私、この香りは苦手だから」と同棲の段階で伝えることができます。

そうしてお互いの好みを知っておけば、結婚後のストレスを減らせることができるのです。

その5:より心を許せる関係になれる


結婚前に同棲をしておくことで生まれる大きなメリットの1つが、「より心を許せる関係になれる」ということです。

ラブラブなカップルである間は、お互いに「相手の前でおならはできない」など、いろいろと気を遣ってしまいやすいですよね。

確かに、お互いを良く見せようとするのは素敵なことかもしれません。

ですが、そうして必死で良く見せようとしたまま結婚してしまうと、結婚後にはそうはいかなくなり、お互いに幻滅する可能性が出てきます。


結婚前にはおならをすることがなかった彼氏・彼女が、結婚後に平気で目の前でおならをするようになったら、なんだか「釣った魚にエサはやらない」みたいで、嫌な気分になりますよね。

そこで結婚前に同棲し、共に自分の生活感溢れる姿をさらけ出してしまうのです。

いきなりおならを披露すれば良いというわけではありませんが、共に生活をしていく中で、お互いの素の姿に見慣れていけば、より心を許し合える仲になってきたりします。

2人での生活に慣れ、家族という感覚を少しずつ育てていくことで、結婚しても「一緒にいて落ち着ける人」として、お互いを大切な存在と考えることができるようになるのです。

その6:役割分担をしておくことができる


現在の夫婦関係において、特に大きな問題となりやすいのが、「家事の分担」ですよね。

男は外で働き、女は家庭を守るという構図は、すでに過去のものとなっています。

女性もバリバリ働く人が増えている現代社会では、家事は夫婦で分担していくのが当たり前なのです。

この点について考えずに結婚すると、女性は「しっかり働きたいし、家事も分担してほしい」という想いを抱えているのに、男性は「女に働かせるわけにはいかない」なんて、古めかしい考えの持ち主である場合もあります。


結婚したいという気持ちで燃え上がっている2人は、そういった細かいことが見えなくなり、勢いで結婚してしまいがちです。

そうなると、結婚後に「夫が家事を手伝ってくれない」「仕事をしたいのに反対される」なんて不満が出てきて、夫婦関係がぎくしゃくしてしまう事態にもなりかねないのです。

そうなる前に、お互いの「家庭における役割」をより現実的に見つめ、しっかり確認しておくのに役立つのが、結婚前の同棲です。


結婚前の同棲で、実際に2人での生活をしてみることで、結婚生活をより現実的に見ることができ、お互いの役割に関する考え方の違いを冷静に確認することができます。

共に生活すれば、「家事」をする人は当然、必要になります。

彼氏が「俺の役割は仕事だけ」とばかりに、家事を一切手伝わないという本性を見てしまうこともあるでしょう。

もしそんな様子が結婚前の同棲から見られるなら、結婚しても、後々になって不満が募ってくるのは目に見えています。

できるだけ結婚前の同棲の段階で、「私は料理と部屋の掃除をするから、あなたはお風呂掃除とゴミ出しをお願い」と家事の役割分担をして、これを「当たり前のこと」にしておくことが大切です。


そして同時に、女性が結婚後にも仕事を続けていきたいと考えているなら、結婚前の同棲で、「共働きでの生活」を模擬的に体験してみることも大きな意味を持ちます。

「ご飯は仕事が早く終わった方が作る」など、お互いの役割を事前にしっかり確認したり、働くことへの理解を深めておくことで、結婚後にケンカに発展しやすい要因をある程度取り除いておくことができますね。

その7:家事に慣れておくことができる


「私、料理ができるの!」という女性は少なくありません。

ですが、その「料理」というのは一体、どういったタイプの「料理」を言っているのか、気になるところですね。

例えば月に1度、まるでカフェのようなオシャレな料理を作ることができるとか、お菓子作りが趣味で、お菓子ならプロ並みに作ることができるとか・・・

「料理ができる」というのにも、いろいろなタイプがあります。

ですが、忘れてはならないのは、「家事としての料理」は、そういったプロ並みの料理とはまた、違うということです。


毎日3食の食事を、栄養バランスとコストを考えて、作り続けなければならないのです。

また、実家暮らしの場合、誰かが掃除や洗濯をしてくれていたということもあるでしょう。

ですが、結婚して自分たちで生活していくことになれば、そういった家事も全て自分たちでこなしていかなければならないことになります。

家事は「誰でもできるもの」と思われてしまいがちですが、実は意外と奥が深く、頭も使いますし、毎日コツコツ続けるのは大変なものなのです。


結婚して、いきなりそんな家事を始めると、「毎日の料理って大変過ぎてやっていられない」とか、「生活費の範囲内で暮らすのが難しい」とか、いろいろな問題が出てくることがあります。

中には、「洗濯機の使い方がわからない」「洗剤の種類がわからない」「干し方がわからない」「掃除の仕方がわからない」なんて方もいます。

結婚後にそんな状態になってしまうと、せっかくの新婚生活も台無しですよね。

結婚後は、できるだけ気持ちにも余裕を持って、家事をうまくこなし、家計をうまく回しながら、素敵な新婚生活を満喫したいものです。


そこで、そんな家事に慣れておくために役立ってくれるのが、結婚前の同棲なのです。

一人暮らしをしている方なら、家事なんか既に慣れていると思われるかもしれませんが、2人分となると、また違ったところも出てきます。

結婚前に同棲をして、家事をある程度やっていくことで徐々に慣れ、いざ結婚してからも生活がしやすくなるのです。

家事というのは、「慣れ」によって習得できる部分が大きいものです。

花嫁修業にと、料理教室などに行くのも良いですが、それよりも結婚前に同棲をしてしまうことで、より現実的な「家事全般」にしっかり慣れておいた方が安心ですね。

結婚前にまずは同棲の相談を!

結婚前に同棲をしておくことには、驚くほど多くの意味やメリットがあります。

結婚前から同棲して新婚気分を早めに味わってしまうことが「もったいない」なんて感じてしまう方もいるかもしれません。

ですが、結婚生活というのは、絵に描いたような幸せなものばかりではないということを、まずはしっかり理解しなければなりません。

そして、結婚前に同棲をすることで、「現実の結婚生活」を知り、お互いに歩み寄ったり、考えを擦り合わせたり、慣れたりしていくことがとても大切なのです。

彼氏と結婚についての話題が出ているなら、ぜひ、「まずは結婚前に同棲をしてみない?」と持ちかけてみましょう。

「【必見】結婚前に彼と同棲すべき?!その理由とメリット7つとは?」を読んだ人に人気の記事
彼氏と同棲してから後悔しがちなこと3つ~こんなはずじゃなかった大好きな彼氏と、毎日一緒にいたい!そんな気持ちから、同棲に踏み切るカップルも多いと思います。でも、実際に同棲してみたら、「思っていたのと違う!」と後悔してしまうことも出てくるかも。同棲カップルにありがちな後悔とはどんなことなのでしょうか?
二人が同棲する前に考えておきたいこと4つ~お金や家事以外にも二人で暮らしたいと思う反面、不安な気持になるというのも仕方ないですよね。初めての同棲、不安がいっぱいではないでしょうか。今回はそんな不安を解消すべく、事前に話し合って考えておきたい4つのことをご紹介します。
同棲カップルってマンネリしがち?マンネリからの破局を防ぐ秘訣!カップルの同棲というと「マンネリ化してしまう」というようなマイナスイメージが多いと思いますが、マンネリ化は防ぐことが出来ます。同棲したからといって必ずマンネリ化するわけではないんです。そこで今回は、同棲を始めるカップルがマンネリで別れないようにする方法を紹介します。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事