同棲にも両親への挨拶は必要?知っておきたい挨拶のマナーは?

らん

大好きな彼氏と同棲するとなると、「両親への挨拶は必要なのだろうか?」なんて悩んでしまいますよね。そこで、そんな同棲の挨拶について、必要かどうか、また守るべきマナーはどのようなものか、といった気になる問題について考えていきましょう。

同棲で挨拶は必要!?


結婚する時には、お互いの両親に挨拶をするのが常識ですが、では「同棲を始める時にも、挨拶は必要なのか?」と考えてしまう方もいらっしゃるでしょう。

確かに、同棲と言えばカップルが2人で生活を始めるわけですから、結婚と大きく変わらないような感じがしますよね。


そんな結婚に近い状態となる同棲には、やっぱり挨拶が必要なのではないかと考える方も多いのです。

そこで、そんな同棲の際の挨拶についての気になるポイントをチェックしてみましょう。

同棲の時は挨拶しない人が多い!


同棲の挨拶について、世間一般にはどうなのかと言うと、実は「同棲を始める時には挨拶はしなかった」という人が多いのです。

例えばお互いに立派な社会人であり、親から離れて、独立した生活を送っているのであれば、同棲を始めたとしても、「親に報告くらいはするけど、堅苦しい挨拶まで必要ないのでは?」と考える方が大半ですね。

どちらの親にも迷惑をかけるわけでもなく、大人の男女が2人で暮らし始めるだけですから、同棲の段階では、まだ「挨拶は不要」という判断になるわけです。


中には、「結婚の挨拶ならともかく、同棲の挨拶のために、わざわざ時間を作ってもらうのが申し訳ない」といった理由から、同棲の際には挨拶はしないという方もいます。

ただし、同棲に挨拶は絶対に不要なのかというと、そういうわけではありません。

中には、同棲をすることになったという報告を兼ねて、それぞれの両親に挨拶に行くカップルもいます。

親から見ると!?


当人たちからすれば、「わざわざ挨拶に行くほどのことではない」と考えてしまうことが少なくない同棲。

ですが、肝心の「親」から見ればどうなのか、という点をよく考えなければなりません。


実は、親の側からの意見としては、同棲の際の挨拶は「必要」と考える方がとても多いのです。

いくら成人していたり、社会人になったりしていても、親からすれば、やっぱり大切な子供。

そんな子供が、同棲という形であれ、他に「家族」を作ろうとしているのであれば、やはり親としてはきちんと、けじめをつけてほしいと考えるのが当たり前なのかもしれません。

「同棲くらいで挨拶なんて・・・」と軽く考えているカップルは、少し考え方を改めて、それぞれの両親に同棲の挨拶に行くことを、真剣に検討したほうが良いかもしれませんね。


また、「同棲」という1つのタイミングで挨拶をしておくと、「結婚」というステップに進んだ時にも、挨拶がしやすくなるというメリットもあります。

同棲をするということは、結婚を考えている相手ということ。

両親の場合は、そう考えることが多いでしょう。

そんな時、結婚の挨拶の1歩手前として、同棲の挨拶があれば、「礼儀がきちんとしている」「結婚相手としても適切」と、高く評価してもらえる可能性が高いですよね。

こんな時は挨拶が必要


同棲するにあたって挨拶が必要かどうか・・・

この点に関する考え方は、人それぞれと言えます。

ですが、以下のような場合については、できる限りお互いの両親への挨拶を行っておいた方が良いでしょう。


・結婚を前提に付き合っている

・何らかの事情で入籍はまだできないが、結婚同様の生活を望んでいる

・すでにお互いの両親に挨拶を済ませた関係である


結婚を前提にした同棲であれば、挨拶があった方が好感が持てますよね。

また、仕事など何らかの事情で入籍はできていなくても、両親や親戚との付き合いなどを大切にし、結婚しているのと同様の生活をしたい場合も挨拶が必要です。


それから、すでに何かのタイミングで付き合っていることを報告し、お互いの両親に挨拶を済ませていた場合には、同棲というのも1つのタイミングとして、挨拶しておいた方が両親との親交が深まります。

同棲にも、様々な背景がありますので、全ての同棲に挨拶が必要とは言い切れません。

ですが、「結婚」という意識が少しでもある同棲であれば、挨拶はしておいた方がよいと考えられますね。

同棲の挨拶はマナーを守って!


同棲の挨拶は必須ではないものの、「しないよりは、した方が好印象」ということが言えます。

もし迷っているのなら、「挨拶に行く」という選択肢を選んだ方が安心ですね。

ですが、せっかく同棲の挨拶に行こうと思い立っても、マナーがきちんと守れていないと、かえって逆効果になってしまう恐れがあるので要注意です。


例えば服装。

「結婚の挨拶じゃあるまいし」と、軽く考えて、カジュアル過ぎる普段着で訪れてしまう方も少なくないでしょう。

ですが、やはり大切な人の両親に会うシーンですので、それなりに好印象を持ってもらえる「きちんとした服装」にしておくことは、重要なポイントになります。


特に、同棲の挨拶が初対面という場合には、服装1つで、第一印象が良くなったり、悪くなったりしてしまうこともあるのです。

女性はできるだけ、清楚でキレイ目な服装を心がけましょう。

膝丈のワンピースなどがおすすめですね。

もちろん、汚れやシワのない清潔なものを選んでください。


肌の露出が多すぎる服装や、派手過ぎる服装は印象が悪くなる恐れがあるので控えましょう。

スーツも良いのですが、あまりにきちんとし過ぎると、相手も構えてしまうかもしれません。

「適度なきちんと感」を心がけるようにしましょう。


それから、同棲の挨拶の際には、手土産を持っていくことも大切です。

手土産の内容は、できるだけ好みを事前にリサーチして選び、受け取った側が困らないよう、日持ちするものにしておくことがおすすめです。


それから、最も重要なのが挨拶の内容ですね。

「○○さんと話し合い、一緒に生活してみようということになりました。」と、同棲についての報告を行います。

そして、同棲する場所についても、住所や部屋番号などを伝えましょう。


さらに、大切なのが「お世話になることもあるかも思いますので、よろしくお願いいたします。」と伝えることですね。

この一言があると、とても好印象になります。


親というのは、子から頼られるのが嬉しいものです。

「あとは私に任せてください」という態度で、同棲の挨拶をしてしまうと、「大事な息子が彼女にとられた!」という印象を持たれてしまいかねません。

そこで、このように「お世話をかけますが」といった言葉を添えることで、「息子だけでなく、彼女からも頼りにされている」というイメージに持っていくのです。

ちょっとした作戦ですね。


そして、実際、このような同棲の挨拶をしておくと、いざ2人で暮らし始めて、何か困ったことが起こった際にも、頼りやすくなります。

そういった意味でも、同棲の挨拶は、今後の彼の両親との関係を円滑にするために、大変効果的なものであると言えますね。

もしかすると、このような同棲の挨拶や、その時のマナー、ちょっとした気遣いといったことが、今後、彼と結婚した時の「嫁姑問題」にも大きく関わってくるかもしれませんよ!

同棲の挨拶をしに行こう!

同棲の挨拶をすべきかどうか、という疑問に対する答えは、簡潔に言えば「した方が良い」ということになります。

特に結婚を考えている相手との、真剣なお付き合いから発展した同棲であれば、挨拶をすることがとても大切です。

挨拶もなしに、いきなり同棲を始めたら、中には気分を害してしまう両親もいるでしょう。


結婚を考えているなら、お互いの両親との関係は、波風立てずに穏やかなものにしておきたいものですよね。

そのためにも、同棲するなら、ただの報告で済ませるのではなく、きちんと2人揃って、マナーを守って、挨拶に訪れるようにしましょう。

「同棲にも両親への挨拶は必要?知っておきたい挨拶のマナーは?」を読んだ人に人気の記事
失敗しがちな同棲生活!上手くいくコツは!?ずっと一緒にいたい!一緒に暮らしたい!と同棲に憧れるカップルも多いのでは?でもちょっと待って、同棲しても別れてしまうカップルが多いのも事実。うまくいく同棲のコツ、こっそりお伝えしちゃいます。
恋人と同棲解消する時にするべき事とは?【家にお金に引っ越しに】同棲していても、その生活がずっと続いていくというわけではなく、様々な理由から同棲解消をしなければいけなくなることもあります。そのとき、同棲解消をする時にしなければいけないことがあるんです。これをしなければトラブルに発展するかもしれませんよ!
大好きな彼氏と同棲スタート!仲良く暮らしていくたった3つの方法彼氏と同棲を始めると喧嘩が増えたり、別れてしまうと思っている人は多いと思います。実際に彼氏と同棲をして理想との違いに、イライラしてしまう女性は沢山います。でもちょっとのことを気をつければ、仲良く暮らしていくことはできます。今回は、彼氏と同棲しても仲良く暮らしていくコツを紹介します。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事